page contents

LightSideDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

名古屋でヒプノセラピーを受けてきました。前世は忍者!

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20181124064623j:plain

あなたにこんばんは!

朝活をサボってしまった十六夜龍泉が通ります。

昨日は名古屋某所で旅BARでお世話になっている方の紹介で、ヒプノセラピーを受けてきました。

 

ヒプノセラピーってなにクマ?(´(ェ)`)

ヒプノセラピーというのは、古代エジプトから伝わる潜在意識の書き換えを行って心を治療する民間療法だニャン。(ΦωΦ)

何だか怪しいクマ。いざよい、だいじょうぶかクマ?

ヒプノセラピーを受けてみて、自分の内面と会話してきたニャン。

 

それでは、本文に行ってみましょう。

 

前世の自分に会ってきた。もしかしたら願望そのものだったりして。

H.S.P.交流会で知り合ったたーしゃさんの紹介を受けまして、スピカメみかんさんのお世話になりました。

うおしーらんさんの場合。

旅BAR仲間のうおしーらんさんさんが施術を受けており、ブログにまとめております。

 うおしーらんさんは後日ブログにされたんだそうですよ。

uuuooo.work

ヒプノセラピーとは?

ヒプノセラピーとは、被験者が催眠状態になって潜在意識を引き出して、過去の記憶や前世の記憶を書き換えるというものです。

ヒプノセラピーとは、催眠と暗示、そして、イメージを用いて人の潜在意識にダイレクトにコミュニケーションをとることで、心に肯定的な変化を促すことができるセラピーテクニックのことを言います。

このセラピー手法は、特に、1986年になってインド系アメリカ人医師。ディーパック・チョップラ博士によって、神経伝達物質と心と身体の関係性が明らかにされ科学的にも証明されるものとなり、その可能性に今、大きな注目が集まっています。

 

このように大きな注目をあつめているヒプノセラピーですが、実は近年になって新しく発見された真新しいテクノロジーではなく、実は人類の歴史と共に歩んできた最古のセラピーです。

 

古代エジプトの眠りの寺院に始まり、中勢フランスのメスメル、20世紀のミルトン・エリクソン、そして、前世療法のブライアン・ワイスやタイムラインセラピーのタッド・ジェームスに至るまで。長い歴史を歩んできたセラピー手法であり、いつの時代においても人の心に深い肯定的な変化を与えてきたパワフルなツールです。

 

引用:

ヒプノセラピーとは?~無意識にアクセスできる究極のセラピー

早速、ヒプノセラピーを受けてみた。

 8時頃、自分の部屋が散らかっていたので、いてもたってもいられず、逃げるようにして部屋を出た。

10時45分頃には既に名古屋入りを果たしていた。

どこか時間を潰せる場所はないかと探していたら、スタバに入り浸ってカフェラテのデカフェ(カフェイン抜き)を飲んで、時間をやり過ごしていた。

 

みかんさんから、12時30分からOKですよ!と言われ、みかんさん宅についた。

立派なタワーマンションの最上階にお住まいです。

まずはセッションをして自分の近況を知らせました。身の上話もしまして、大変だったね?とも言われました。

 

催眠療法のやり方の説明を受けて、イメージの練習から。

瞑想と同じ要領で、深呼吸をして身体を楽にしてゆきます。

 

過去世においてどんな感じだったか?

あれは中学1年生の頃だった。

はじめての学ランを来て、これから大変な学生時代を迎えるぞと父に発破をかけられましたね。

 

それからさかのぼって、幼稚園の年長時代にタイムスリップすると、ブランコで漕ぎ高を競争していた場面に到着、ブランコから飛び落ちて泣いていた。

僕は競争せずに、普通に楽しみたかった。

ここの過去世を修正して、いよいよ前世へ。

 

前世は忍者!

前世にたどり着きました。

立派な伊賀の忍者屋敷に、頭領と妻と、2人の子どもたちがいました。

僕の前世は『若君』と呼ばれていたみたいです。

 

その他の人物(頭領、妻、2人の子どもたち)がどんな人だったかは、内緒にしてください。(みんな知っている人なので。)

 

どうやら前世には、現世の家族とのつながりがないみたいです。

 

更にさかのぼって、赤目四十八滝で忍者の修行を行っていました。

その時は、汗をかいて走り抜けるのが楽しみで仕方がなかったようです。

 

そして、前世の重要な場面と前世の死を体験します。

敵側の忍者の総攻撃を受けて、残りの家族を守れませんでした。

自分だけが助かった。

それには申し訳ないと思っています。

 

そして、敵国の密書を奪い取った時の帰り道に、森の奥深くで、胸に矢が刺さって死にました。

 

これが前世での死だったようです。

 

更にスピリチュアルガイドにあって来ました。

これも黒装束の忍者のようです。

そして、そのガイドからは、色々話がきけました。

 

今は心に闇を抱えているが、それもやがて晴れる。

だから辛くとも死ぬな!と。

 

そして、自分の少年時代に戻って記憶を修正して、催眠状態から戻りました。

 

去年、忍者ショーを見たのは、宇宙さんからの采配だったのか?

去年の伊賀上野シティマラソンは、もともとお伊勢さんマラソンをエントリーしようと思っていたのが間に合わず、やむなく参加した大会でした。

そこで羅威堂さんの忍者ショーを見て、すっかり虜になりました。

僕の年齢からして、去年の後半に人生を変えるものが現れるとあったのが、羅威堂さんかも知れませんね。

 

あれから、観られる時は、なるべくして観に行っています。

まさか、偶然伊賀に行くことが宇宙さんの采配で決められたのでしたら、感謝しかありません。

 

木曜日に時間があったら、殺陣教室に参加したいのですが、仕事が決まるまで動きようがありません。

 

今はじっと耐えて、時が来るのを待ったほうが良いのかも知れません。

 

 

初めてブログで本性を表しました。まぁ、良いけどね?

 

みかん🍊さんの本業は、麻雀用具の卸売やメンテナンスなどをやっております。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

もしよろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

それではでは!ごきげんよう。