page contents

LightSpeedDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

肺水腫の疑いは晴れた。練習再開!

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20191206181037j:plain

サムネイルは特に意味がありません。

なんとなく付けてみたかったのです。

 

先日 伊賀上野シティマラソンで完走したものの、脱水症で倒れてしまい、精密検査を受けた後日に、健康診断に行ってきたら、肺水腫の疑いがあったので、津市南エリアの大病院に行って、CTスキャンを受けてきました。

 

結果はタイトルに書いてある通り、肺水腫の疑いは晴れました。

たまたま、X線撮影の時に、息をめいいっぱい吸っていなかっただけだったのです。

 

息を吸わないだけで、大げさにお金を取るものだから、健康には代えられないものの痛い出費となってしまいました。

 

それでは本文をお読みくださいませ。

 

健康診断で手を抜くとややこしいことになるぞ。

医師の診断は、なんでこんなに大げさなんだろうか?

それは、たまたま手を抜くと、病魔の進行に食い止めることができなくて、クレームになるからだ。

 

だから、健康診断で手を抜くとややこしいことになる。

例えば、胸部X線撮影で、息を吸わないだけで肺水腫の疑いをかけられるのです。

 

CTスキャンを撮るだけで、4,410円もかかってしまいました。(国保調べ)

迷惑がかかるのは、あくまで自分だから、気合を入れるにこしたことがないぞ。

 

40代後半以降は、医療費がかかるのだから、普段から貯蓄しておかないとこんな目にあってひどいことになる。

 

ブログだって書いて良いのかどうかを迷ったりもします。

 

しかし、これだけは言える。

健康診断で手を抜くとややこしいことになるぞ。

肺水腫の疑いがかかった時は、走ることが全くできなかったので、練習不足が否めなかった。

 

練習再開して、良いデータが得られた。

先日買った、アンダーアーマー社のトレーニングウェアは防水機能がついて、熱効率が良いので、早速ジムでランニングしてきました。

 

走る段になって、ウィンドブレーカーを着用したままでトレッドミルランニングをしましたね。

 

すると暖房の効いた室内では、熱がこもって汗だくになりました。

頭に血が上ってきましたので、3km(Apple Watch調べ)走ったところで、トレーニングは中断しました。

 

暑いし、喉は渇くし、トイレ行きたいし。

やはりウィンドブレイカーは、外で着るべきだと反省。

 

お陰様で良いデータが取れましたね。

実際に使ってみないとわからないことって多いですね。

 

疲れていて先に進まない。

プチ糖質制限をやっているせいか、夜になると疲れていてブログやゆっくり動画を書くことが出来ないでいます。

 

ブログが書けないと叫んだ途端に筆が進みます。

これは重症だなぁ。と思っていますね。

多分、ブログを書く習慣が途切れているからだと思います。

 

サムネイルだって意味のない画像ですし、疲れている感が出ていると思われますね。

 

今回は1,100文字でご勘弁願いますね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう。