page contents

HSPの僕が題名を失ったブログ〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

今期の参議院選挙は熱い!

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190715063328j:plain

令和が一発変換できないGoogleIMEを使っています。

令和最初の参議院選挙まで。あと一週間をきりましたね。

ネットでの投票システムがまだ無いので、投票に出かけないといけませんが、今回の参議院総選挙は、世の中が変わるかもしれない大事な選挙です。

18歳以上のみなさんは、こぞって投票に出かけてくださいね。

 

それでは本文をお読みくださいませ。

 

令和は変化を始める時代になる。

今までの選挙は『国を守ってくれる自公連合』か『それ以外』か?しか無く、選択肢のない選挙でした。

今期の参議院選挙では野党勢力でも国を守ってくれる党があり、安心して投票できる様になっています。

 

 選挙のために各有志がまとめてくれました。

テレビ、新聞などのマスコミは立憲と国民民主と自公連合を持ち上げていますが、ネットでは、れいわ新選組が熱い注目を浴びています。

個人的には、幸福実現党が気になりますが、いかんせん議席数が少なすぎます。

 

また、諸悪の根源であった【消費税】廃止をあげているのは、れいわ新選組が唯一でした。

まずは、減税からでしょう。

headlines.yahoo.co.jp

尊い一票が日本を、そして、世界を変えるかもしれません。

読売新聞は新政党に触れず。

無理やり取らされた読売新聞では、新政党に触れていません。

自公連合かそれ以外かに誘導しています。

さすが、軽減税率8%維持の新聞です。

読売新聞では、森友・加計学園の問題にかこつけているので、油断は出来ません。

幸福実現党、れいわ新選組に触れているオールドメディアは皆無といった感じです。

今期の選挙はTwitter選挙と行っても過言ではありません。

 この自公連合のバラマキ政治による、消費税増税に賛成か、反対か。

同じ反対にせよ、どこの党が誰を守ってくれるのか?

選択肢は多様になっています。

野党で投票するならば、国を守ってくれる幸福実現党か、子供を守ってくれそうなれいわ新選組かでわかれます。

 

選挙に対するイメージが変わりつつある。

選挙って、自分の思い通りに行かない『他人の課題』に自分が犠牲になるから嫌だという人がいます。

しかし、これからはその流れも大きく変わるかもしれません。

 

若い人の圧倒的な少なさから、選挙なんかに行かなくなっても仕方がないかもしれませんが、今回は違います。

 

マスコミにとって大きな痛手になるれいわ新選組は、SNSを通して発信をしています。

テレビの政見放送が一番笑えるという意見もいただきました。

 

 

インディーズ政党はそれぞれに言うことがあるんでしょうが、僕は信頼の置ける政党にしかいれたくありません。

 

だいたい、誰でどこの政党に入れたら良いのか、絞れてきました。

シルバー民主主義に終止符を!

今まで、選挙といえばお年寄りに寄り添った選挙が多いように思われました。

それは若者の投票率が少ないために、年寄りに寄り添った公約を掲げないと、当選しないという縛りがありました。

 

それを変えるために、18歳選挙権が実行されましたが、現実の若者には選挙におけることの重大さが染み渡っていません。

 

Facebookで投票済みボタンを付けており、投票を後押しすることになるのでしょう。

 

選挙について気軽に語り合える時代が、そろそろやってきますね。

チャン・カワイさんが、三重県の選挙大使に任命されましたが、そのきっかけはWエンジンが売れない芸人だった頃、税金の支払猶予があったことから、税金の使いみちが気になってきたことがきっかけでした。

 

僕も朝のラジオ番組で、義務教育で学びたかったことのアンケートで『税金の使いみち』を学びたかったと、答えました。

 

お金のしくみと、税金の使いみちを教えないで、受験のための勉強しかさせない教育にも問題があります。

 

 今回の選挙には、争点がいっぱいあります。

僕は毎回選挙に行っていますが、今度の選挙は大いに意味があるように思えます。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!