page contents

VividColorDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

脳を鍛えるには、運動しかない!

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200307160221j:plain

あなたにこんばんは。

朝寝坊7時作家の十六夜ヒロです。😹

 

僕はモヤモヤしたときには、軽く走ったり、手料理を作って美味しいものを食べたり、メモを取ったりといろいろやっています。

 

その中でも、走り込みの効果について語りたいと思います。

先程、無性に走りたくて、わずか2.5kmですが、走りましたね。

 

心拍数が最高181ビートまで上がり、息苦しかったが、休んだらケロリとしています。

このケロリとした時に、集中力を上げて難しい本を読めば、スラスラっと頭に入ってきます。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

 

脳科学が実証した運動の効果。

僕は現在、この本を読んでいます。

メンタリストDaiGoさんがおすすめしてくれた脳科学の本です。

内容が濃くって、一日では読みきれませんが、各章ごとに分けられており一章は大体15分で読めます。

 

集中して読む分には困らない内容ですが、希少価値が高くメルカリでも2,000円しました。

 

万川集海がこの本に化けましたね。(笑)

 

内容は、脳科学の立場で運動がいかに成績を上げるのかを細かく説明した本となっています。

 

僕も、現在は第2章までを読んでおり、第1章を読んだ時点で無性に走りたくなり、軽く2.5km走りました。

 

実際には、脳を活性化させるには、激しい有酸素運動のあと、空手の型やフリークライミングなどの複雑な運動をしてから勉強したほうが良いとあります。

ただ、走るだけでも効果はあります。

 

集中と緩和を繰り返したら、アイデアがだんだんと出てきて、メモと併用したらブログがいくらでも書けるんじゃないかって思ったのです。

動画ではDaiGoさんと中田敦彦さん以外はこういった効率的なことは難しいんじゃないでしょうか?

 

ブログだからこそ出来る芸当だと思っています。

走ってみてどうだったか?

走ってみた感想は、もうちょっと走っても良かったんじゃないかって思ったほどです。

ただ、前半の1.25kmでは歩き始めたりはしなかったが、後半の1.25kmで歩き始めたので、いきなり5kmは無理だと思ったのです。(それでも大会の5kmは完走していますが。)

 

練習不足の感が否めなかったので、ここは反省したいと思っています。

 

実は松阪シティマラソンファイナルがコロナウィルス感染拡大防止の為に中止になって、ホッとしましたが、練習はやっておきたいと思っていたので、練習を始めてみました。

 

走ること自体には、無意味さを感じてはいません。

もしかしたら、大会が中止になってしまったから、走らなくていいやと思っていた自分を戒めたかったに違いありません。

 

三重松阪マラソン(2020年から始まる三重県唯一のフルマラソン)のファンラン(サブマラソン)に5kmがないので、2.9kmで手を抜くか、10kmも走るか迷いましたが、僕はこの先行参加申し込みに、10kmに参加しようと思いました。

 

10kmランも2.9kmランも募集人数が少ないのです。フルマラソンに7,000名募集するので、そちらに分散されます。

 

12月に10kmやってみるか。ノーポチ(ノータイムでポチっとする)で決めてみることにしました。

 

あと9ヶ月しかありませんが、10km走れるようになりたいとさえ思えました。

 

筋トレはうつに効くのか?科学的根拠は?

先程の『脳を鍛えるには運動しかない』には、有酸素運動がうつに効くことが科学的に実証されているが、これを結果論的に主張している人物がいる。

ご存知Testosterone社長だ。

筋トレが実際にうつに効いたという経験談も寄せられている。

 

人類は本来、狩猟生活を行って生きてきたが、文明の進歩で段々と運動の機会が奪われていった。

人間の身体自体は、原始時代から一切アップデートされていない。

 

せいぜい、高度な情報量を扱えるぐらいだが、複雑な人間関係のストレスにはすっかり弱くなった。

 

だいたい、水飲み場で水を飲んでいた時に、猛獣がやってきたら普通に逃げるであろうが、文明の進歩で猛獣に襲われる心配がなくなった代わりに、人間関係のストレスに悩まされるようになった。

 

人間関係のストレスは、長く粘着するので、なかなか逃げられない側面を持っている。

 

『運動しかない』では、有酸素運動がプロザック(うつの特効薬として世界的に有名なSSRI)を服用したのと同じ効果があるという実例が報告されている。

 

これが転じて、筋トレはうつに効くと言う極論を生み出したのであろう。

 

有酸素運動だったら、ランニングが一番手軽。

僕は五十肩を理由に筋トレから遠ざかっている。

本来だったら、筋トレをやってしまいましたいのですが、70歳の男性がスポーツジムで感染したために、コロナウィルス対策のために、スポーツジムが締め出されたのです。

 

そこで誰にも迷惑をかけないで、スポーツが楽しめないか考えた結果に、ランニングをあげました。

 

ランニングだったら、シューズとウェアさえあれば、いつでも出来ますし、ある一定のお気に入りのコースさえあれば、定期的に訓練が出来ます。

 

シューズはピンからキリまでありますが、ピッタリあった靴さえ見つかれば、せいぜい5,000円から10,000円の出費です。

これで数年持ちます。

 

ウェアは破れなければ、夏用のパンツと冬用のウェア2点で、15,000円~20,000円台です。

 

安いウェアだってありますし、揃えることは可能です。

室内のジムだったら、もっと安いやつで十分です。(現在は締め出されているけど。)

 

初心者用のウェアだけで十分元が取れます。

走るだけだったら誰でも出来ますので、やってみて損はないです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!