page contents

LightSideDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

ブログ脳が劣化している。危機感を持っている。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20191007053955j:plain

佐々木典士(ささきふみお)さん著の「ぼくたちは習慣で、できている」を読んで、ブログ脳が退化していることに危機感を抱いております。

 

ブログのネタのために、映画『惡の華』を観てきたが、これと言って印象に残らず、ブログが書けないと言ったトラブルに巻き込まれております。

 

前回のエントリー、習慣の話にダブりますが、習慣の大切さを語りたいと思います。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

習慣がついていないことに危機感を覚えた。

努力をしないで、習慣づけることができれば、小さなことからコツコツと大きな事が出来てしまう。

 

あのイチローさんも、努力の人だった。まぁ、本人はこれを努力だとは思わず、日々凡々と愚直に繰り返しただけに過ぎなかったのですが。

 

習慣をつけなければ、朝ブログも出来ない。

朝ブログにしろ、朝ランニングにしろ、それをやったらご褒美になるものが得られないと、習慣にならない。

 

朝ランニングは、汗をかいたらシャワーを浴びることで気分が良くなるだろう。

朝ブログはどうか?

最近では、企業案件がやってこない。

やはり、イラストが描けないと華がないのに違いない。

 

人はそれぞれに長所と短所があって、我が親友の碧乃あか男(id:mraka2015)さんは、無職状態で、企業案件を受けてブログを寄稿している。

これが僕にとっての理想の生き方ではあったが、現実は宮仕えの現実が待っている。

 

まぁ、定職についていることはありがたいことです。たった4時間とは言え、安定した収入があることはありがたいのですから。

 

集中力もなかなか続かない。

頭が痒くなったり、ひげが気になったりと色々気が散る。

これを一つ一つ取り去ったら、6時になってしまうことしばしばです。

 

それに、朝4時頃に起きないと、ブログを書く暇もない。いや暇ではない。時間が取れない。

AdSenseの広告費だって、GoogleのUpdateにより、なかなか儲からなくなっている。

 

某インフルエンサーが「ブログはオワコン」(Blog is OldFashion)と言っているのも、解らないでもない。

しかし、リスクと敷居の高いYou Tubeと違って、誰でも始めることが出来るという点では、ブログはかなり優しいのではないだろうか?

目くるめく変わる世の中。

最近では、〇〇一筋では生きて行けない。

あの牛丼屋の吉野家でも、16年前のBSE問題で牛丼が提供できなくなり、豚丼で対処してから、牛丼一筋では生きて行けなくなったと確信した。

 

あれから世の中は変わり、複雑なメニューがひしめくようになった。

そして、吉野家だけではなく、牛丼チェーンでは外国人労働者を雇って国際化が図られた。

 

日本人がコンビニや〇〇のバイトはブラックだと言いふらせば、それに伴って人が集まらなくなる。

 

工場もしかりです。

ハローワークで常に募集がかけられるのは、ブラックまがいか、たまたま人材募集のためにかけられる求人のみ。

 

それも、会社が主体であることには変わらない。

そんな中で、某インフルエンサーが無職は良いぞと声をかける。大学を辞めてまで手に入れたものは、些細な社会的地位。

 

僕も専門学校を辞めて手にした自由ではあったが、今では高校時代に猛勉強しておけばよかったと後悔している。(国公立大学に入れば学費が安いからだ。)

 

大学卒という高い下駄はまだまだ幅を利かせるだろう。

サラリーマンがやりたければ、大学卒ではないといい仕事がもらえないのが実情です。

つつましく生きる事が大事。

最近では、Twitterもフォロワー様が集まらないのもツイート数が少ないせいかもしれない。

企画もやっていないし、特別フォロワー様を集めているわけじゃない。

 

自分の身の丈にあった生活をしているだけです。

 

ブログで稼げないのも、今は安定した仕事があるからそれに邁進せよという神様からのお告げかもしれません。

20~30万円弱の貯金があるので、お金に困ることもありません。

 

今困っているのは、時間が不足していることでしょうか?

まとまった休日がやってきても、これと言ったことが出来ず、無駄に過ごしてしまいます。

 

ノートにまとめれば良かったのかもしれませんね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!