page contents

LightSpeedDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

寝間着はパジャマが快適な理由。メリットだらけの物を買わない理由がない。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20191115031733j:plain

パジャマは快適。

あなたにおはようございます!

夜1時半に目が冷めた作家の伊藤ヒロです。

 

近いうちに二度寝したいと思いますので、予約投稿で行きます。

 

パジャマが快適な理由。それは何でしょうか?

 

それを読み解いてゆきたいと思います。

それでは本文をお読みくださいませ。

 

パジャマが快適な理由。

パジャマは温度調整がしやすい。

パジャマは露出が低めで、温度調整がしやすい点が挙げられます。

これから冬に向かおうとしているときに、僕は暖を取るべく、TEEシャツのままで眠ってしまいました。

21時に眠剤とグリシンサプリを飲んで眠りについたら、夜中の1時半に寒さのあまりに目が覚めてしまいました。

 

合計6時間は眠ったことになるので、布団に潜ったら眠れません。

さて、パジャマは温度調整がしやすい点についてですが、身体全体を包むので、温度が逃げないのです。

 

身体を温めないと眠りにつけないので、夏場はTEEシャツのままで寝たほうが快適ですが、これからは冬場になります。

 

夏には夏のパジャマがありますので、そちらをおすすめしたいのですが、パジャマは汗を吸収するので、身体にびっしょりつきまとうことがないのです。

 

あとは布団の枚数で調整ができるので、快適な眠りを約束したければ、これからパジャマを買うべきだと思います。

 

パジャマはユニクロで2,980円(税抜)で手に入ります。

できれば、一年中使えるものを購入したほうがおすすめです。

 

寒冷地の場合でしたら、フリースよりも、ふわふわもこもこした奴をおすすめしたいのですが、肌が露出さえしなければ、大丈夫かと。

 

風水上、パジャマは必須。

風水ではパジャマは睡眠中の厄を受け取ってくれる働きがあります。

寝ているときは、身体中から厄を排出して、部屋が厄まみれになります。

 

厄を追い出すときに、窓を開けて換気するのですが、TEEシャツのままでは、寒すぎて風邪を引きます。

そんなときに体温を守ってくれるのがパジャマというわけです。

 

パジャマは2~3日に一度洗濯しましょう。

 

それまでは、天日に干して乾燥させるといいかもしれません。

 

パジャマのままで朝ごはんを食べてはいけません。

寝ているときに排出した厄を身体に取り込んでしまう恐れがあります。

 

睡眠は一日のリセットです。

せっかく厄を払ったというのに、再び身体に取り込んだら、運気が悪くなってしまいます。

 

開運のためにも着替えはしっかりとやっておきましょう。

汗が身体につかないことで風邪を引かない。

TEEシャツのままで眠ってしまいましたら、布団を被りすぎたときに、汗を大量にかいてしまいます。

 

汗が身体中にこびりついたときに、冷気に当たりますと、風邪を引きます。

 

体温調節が布団に依存してしまうので、TEEシャツのままで眠ってしまうことにデメリットがあります。

 

冬場にパジャマを着ることにデメリットがありません。

冬場は汗の調節をしっかりとやっておきたいものです。

 

パジャマは朝の家事やキーパンチの邪魔にならない。

パジャマは柔らかい生地でできているので、朝ブログを書くときに、キーパンチの邪魔になりません。

 

普段着を着ればわかりますが、ジャンパーを着ているときにキーパンチをすれば生地が邪魔になりますよね?

 

素早い動作が必要な時だって、パジャマは大いに役立ってくれます。

 

朝の家事だって、朝ごはんを作るときは食べるとき以外は、大いに役立ってくれます。

 

例えば洗濯物を取り込むときだって、腕をまくれば袖が濡れずに済みます。

袖をまくれば温度調節だって簡単なのです。

 

くれぐれもパジャマのままで食事を摂らないでくださいね。

まとめ。

パジャマを着ることにデメリットがありません。

むしろ買うときが少し面倒なぐらいですが、お気に入りのが見つかったら、ずっと着ていられるし、体温調節がうまくいくので、健康上いいかもしれません。

 

僕は昨日TEEシャツのままで眠ってしまいましたが、パジャマに着替えて体温が上がってきました。

 

そろそろ5時まで二度寝したいと思います。

それではまた会いましょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう。