page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

今月は羅威堂さんの湯守座に行けないですね。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20210319063329j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時45分起きの本を売らない本屋さんAlkanetBooks代表の十六夜ヒロです。😹

 

残念なことに、2021年03月28日は、羅威堂さんとHSP交流会が重なってしまい、自分を裏切らないためにも、HSP交流会の方を優先せざるを得ませんでした。

 

来月はいけそうなので、またその時にでもよろしくお願いします。

 

本文はここで終了。

 

これより茶番に入ります。

茶番にお付き合いいただけたら幸いです。

 

 

 

 

茶番:今日は精神科通院日。

今日は精神科通院日なのです。

28日に一度なので、ちょうどこのサイクルになります。

薬は若干増えましたが、現在は安定しており、寛解状態になっています。

 

気が違ってくると、色々災難がありえます。

 

僕は幸い、精神障害者2級でとどまっていますね。

社会生活ができる最大限の級となります。

 

筋トレを連続的にするようになってから、精神に異常はありませんね。

 

運動は脳細胞を活性化させる働きがあると言います。

 

 

確かに、運動を取り入れることによって、何か、こう鋭い感覚が研ぎ澄まされたように感じます。

 

今日は背中と上腕三頭筋が筋肉痛なので、優しいトレーニングにしておきます。

 

茶番:ダンベルが万能だなんて知らなかった。

これをご覧いただきたい。


ダンベルで脚トレ!※めちゃ効きます【前もも・お尻・裏もも・ふくらはぎ


ベンチ無し!ダンベルのみで上半身全部鍛える15種目【家トレ】

 

ダンベルって、僕は初心者なので、3kg2つしか持ってないけど、これから筋肥大することを考えたら、可変式を買ったほうがお得ですね。

 

可変式でこんな良いものがありました。

  

 

これだったら、ツマミを回すだけで、自動的にダンベルの重さが決まります。

こんな便利なもんがあったら、ポチッとしたいのですが、今は資金難なので、来月に回しますけど、諦めていませんからね。

 

茶番:ホームジム初心者にありがちな罠。

この動画をご覧いただきたい。


安くて省スペースなおすすめ家トレ器具

 

自重でトレーニングしているのですが、栄養が足りていませんね。

チンニングスタンドがおすすめされたが、うちにはチンニングバーがあります。

 

それよりも、ダンベルで上半身も下半身も鍛えられることが解ったので、可変式ダンベルが欲しいですね。

 

昨日はシットアップベンチを買いましたね。

 

5,478円でベンチを買ったが、可変式のベンチを買ったほうが良かったんじゃないかと思っています。

 

ただ、腹筋に掛ける負荷が高いので、これを愛用していますね。

 

ただ、腹筋運動が8回しか出来なかった。腹筋が弱っているのが見て取れるね。

 

シットアップの負荷がかかっているので、強度が高いと思います。

 

しかし、コアラ小嵐さんの動画を見て、こりゃベンチいらないな。と思ったのも事実だったりします。

 

僕の場合は、お腹周りの肉をなんとかしないといけませんね。

体脂肪を減らす運動を取り入れることによって、基礎代謝を上げることが先決なのです。

 

基礎代謝を上げる運動はこちらに載っていますね。


やるべし!ウエイトトレーニングについて

 

10kgのダンベルが持てても、ゴリゴリのマッチョじゃないのかぁ。

それじゃ、5kgのダンベルを買ったほうが良いのかもしれないですね。

 

筋肉痛で、些細な痛みを気にしないで済むのが良い点かもしれないですね。

短くなってしまいましたが、時間も無くなってきたので、この辺で切り上げたいと思います。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

 

 

あわせて読みたい。

 

ヴァーチャル結婚式と独身男の結婚観 (AlkanetBooks)

ヴァーチャル結婚式と独身男の結婚観 (AlkanetBooks)

 
ラジオでメールの読まれ方 改訂版 (AlkanetBooks)

ラジオでメールの読まれ方 改訂版 (AlkanetBooks)

 

 

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それでは、次回も。ゆっくりしていってね。