page contents

VividColorDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

時間の無駄だった。2020年2月20日の夢占い。タロット占い。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200220062136j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時20分作家の十六夜ヒロです。

 

今朝は変な夢を見てしまった。

食肉工場で、犬を解体するという夢を見てしまったのですよ。

 

犬なんて、可愛そうで食べられませんが、鶏や牛は平気で食っています。

この差ってなんでしょうかねぇ。

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

個人的な夢診断ですが。

夢占いとは、Wikipedia先生によると。

夢占いとは、夢に出てきたものや状況を元に、現在の心理状態や近い未来に起こる出来事などを判断する作業のことである。夢の内容には、見えない世界や無意識領域からの意味のあるメッセージが隠されているということを前提にしている。 

 とある。

そこでこのサイトで調べてみました。

yume-uranai.jp

まずは犬から。

犬を殺すという夢ではなかったので、犬・死体・解体する。で検索してみました。

 

まずは犬。

あなたの周囲にいる献身的で信頼のおける人物を示します。仲良くしている友達だったり、親友だったり、忠実な部下や後輩などを象徴している場合が多いようです。夢に犬が現れたら、身近にある人間関係について考えてみるといいかもしれません。また周りにいる誰かではなく、あなた自身がもつ献身的な一面が表れる場合もあるでしょう。しかし飼っている犬への愛情だったり、過去に犬に噛まれるなどして恐怖心があるなど何らかの特別な思いがあるなら、それらへの思いが反映される場合もあるでしょう。 

 これだけでは解りません。

僕には忠実な部下はいませんし、後輩とはうまくやっています。

人間関係について調べてみたほうが良いですね。

死体について。

死体が出る夢は、あなたに隠し事や秘密があるようです。また忘れ去りたいと思うことがあるのかもしれません。運気は下降の兆し。日常に悪い変化が起こる前ぶれです。

ゲッターズ飯田さんの占いによると、僕はちょうど裏運気なので、今までとは違った対応が求められます。

運気は下降の兆しなので、気をつけたいと思います。

先程の犬と比べてみて、献身的な一面が死ぬと考えられます。

つまり、会社を裏切ろうとしていると考えても良いかも知れません。

解体する。

これはキーワードがなかったので、別のキーワードで探してみますね。

肉屋さん。

肉屋はこのキーワードが返ってきました。

肉屋の夢を見るのは、男女間のトラブルが起こる前ぶれです。後悔しない行動をとりましょう。 

 つまり、男女間のトラブルが原因で、会社を裏切ろうとしている。と考えられます。

本業で思えるフシがある。

それはあとから入ってきた同僚が製品を乱暴に扱うことから始まります。

彼女としては、今まで工場に勤めていたため、次から次へと品を素早く流さないといけません。

そのため、追われていると感じると乱暴に扱うことが多いのです。

 

これを見て、HSPの僕は大変不快に感じて、疲れを拾ってしまいます。

 

そんな乱暴な人と一緒に働くには嫌だ。

そんな思いが夢となって表れたんでしょう。

無料タロット占いもやってみた。

今回はこのサイトで今日のオフィス運を占ってみました。
本当は今日の総合占いをやってみたかったのですが、Flashムービーがブロックされているので見ることが出来ません。

www.plumoi.jp

その結果がこちら。

世界(The World)

仕事運大吉の日。スペシャルな幸運の訪れに、びっくりするでしょう。栄転や昇進、精鋭メンバーに選ばれるなど、華やかな出来事の主役になるのかもしれません。海外にも縁があり、ひょっとしたら、海外派遣の話が出てくる可能性も……? 大勢の人の中で、あなたの活躍が認められ、同僚たちからも尊敬と祝福のエールがおくられるでしょう。

意外や意外、運気が下降するはずが満願成就のカードが出てしまいましたね。

つまり、心がけが変わったので、潜在意識のメッセージが変わったと受け止めても良いかも知れませんね。

 

結局は、幸せは自分次第。

幸せなのかどうなのかは、結局は自分次第ってことなんでしょう。

現在、大いなる力に頼って生きています。

それがいい方向に出るのかどうかは解りませんが、気分次第で幸運も不運も得られるんじゃないかと。

 

何だか、今日は気分がいいですよ。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!