page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

自粛して、自粛して、自粛して、つらいよ~!

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200423061154j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時35分おきの雑文作家、十六夜ヒロです。😹

 

最近、ボケーッとする時間が増えてしまい、もったいないなぁ。と感じています。

自宅で筋トレをやっていましたが、昨日は、ナゼか筋トレをやりませんでした。

 

昨日のブログを書く(動画を見る)のに夢中になってしまい、時間がダラダラと過ぎてしまいましたね。

 

よかったら、観てやってくださいね。大作です。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 ファミコンからWindows10までをざっくり綴っています。

本当だったら、ドリームキャストとPlayStation3まで書きたかったのですが、都合上ボツにしました。

 

パソコンの価格破壊を書くには、ドン・キホーテさんの20,000円PCを書けばそれで充分だと感じましたね。

 

それでは、今回も新型コロナウィルスのことについて書こうかな?

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

自粛ムードといえば32年前を思い出す。昭和天皇崩御。

日本国中が自粛ムードになったのは、32年ぶりになったのを思い出します。

あれは、昭和天皇が崩御なされた時の事、僕は当時受験生でした。

奈良や大阪の大学に受験するために、大阪教育大学の夜間部に通っていた実兄のところへ泊まりに行った時の事、その夜は大阪布施の商店街が闇に沈んでいました。

 

闇の中に一筋の光、これが光を際立たせていましたね。

まるでゴーストタウン。

あの大阪がですよ。

 

赤白のストライプで有名なくいだおれ太郎さんも、白黒のストライプになり、喪に服していたムードが張り詰めていたのを覚えています。

 

当時は、お笑い番組と歌番組が揃って自粛。

ニュースと昭和天皇の歩みばかりがテレビに流れました。

 

当時のお子様は、ファミコンとアニメに逃げていたと思われます。

ファミコンぐらいしか、楽しめるものがなかったのです。

 

それに比べたら、今年の新型コロナウィルスの自粛ムードは可愛いもんです。

PlayStation4やNintendo Switch、テレビは歌番組が流れたり、ラジオでも歌番組があるし、自粛ムードをぶち壊そうと努力しています。

 

自粛して、つらいか?

どこにも遊びに行けないという不自由はあるけど、そもそも遊びにゆくお金すら稼げないというの実情です。

 


【鬼龍院】「自粛して」カバー


【代弁します】"自粛して" / ゴールデンボンバー「女々しくて」替え歌

今の世は、インターネットがあるので、自粛してもそんなに暗くないですし、外に出歩くのは、ジョギング程度。

 

それに自宅で筋トレができる環境が整ったので、体力を使うことだってできるのです。

f:id:einhander1341:20200420190918j:plain

f:id:einhander1341:20200420191417j:plain

 

www.alkanet-books.com

 

自宅で筋トレができるのって、今まではパーソナルジムセットが無くては出来ませんでしたが、それがなくてもできることが解りましたね。

 

それに僕はテレビを持っていませんので、ラジオを聴いています。

ラジオも歌番組やお笑い番組がありますので、平成初期の自粛ムードに対する反省か、人々を明るくしようと頑張っています。

 

Video Game機だってありますし、32年前の自粛ムードとは違っているように感じますね。

 

本当に人がいないのか?

 

 名古屋駅周辺は人がいないようですが、東山動植物園周辺はランニングやウォーキングをしている人が多くて、ゾッとする人が多いようです。

 

3密でなければ、感染しないと思っているようですが、僕もランニングは極力控えています。

 

 

 現在の大阪では、コロナ空き巣が大流行りしているみたいです。

火事場泥棒みたいで、許せませんよね。😾

 

治安の良い日本はどこに逝ったのでしょうか?

人がいないってことはそういった弊害を生んでいるようです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!