page contents

LightSideDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

頭の中の貧乏神を追い出す方法を読んで。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190522061121j:plain

昨日はこれ良いかも、と思って朝の筋トレ後に古本屋で衝動買いをしてしまいました。

実際に中身を読んで、これは実践すべきだな?と思ったのは言うまでもありません。

 

今日のブログは、『頭の中の貧乏神を追い出す方法』をレビューします。

 

脳の恐ろしい習性をかいま見ました。

それでは、お読みくださいませ。

 

節約が苦痛なのは、貧乏神にコントロールされた脳の仕業だった。

僕は前回の会社に入った時に、休憩時間ごとに缶コーヒーを買っていました。

ストレスが溜まっていたせいもあります。カフェインを摂って気分をリフレッシュしなければなりませんでした。

 

例えば、一本110円の缶コーヒーが朝、昼、午後の休憩で110*3=330円/日で、通勤期間月20日で、330*20=6600円。昼食の弁当代だけでも、440~500円とあるので、これが毎日続けば、440*5=2200円。月20日間の繰り返しだけでも、8800円となります。

 

毎日繰り返しただけでも、15400円も食費がなくなるのです。

これでは、いつまで経っても貧乏のままですね?

 

例え、毎日が仕出し弁当じゃなくても、持参した弁当で持っていっても、飽きてしまい、弁当を買わざるを得なくなります。

 

こんな荒れた生活を続けていたら、一生貧乏です。

 

僕は買い物をすることで、快楽物質ドーパミンが分泌されて、それに依存してしまったようです。

買い物依存症です。強いて言えば、自販機依存症です。

頭の中の貧乏神を追い出す方法とは?

簡単に言えば、冷静になって「それが本当に必要か?」思い直すことです。

例えば、某ネット通販では、開始当初「カートに加える」とありましたが、これには、「レジに進む」「決済を決める」という2重の承認活動が必要で、これで思いとどまって買うのを止めたのが、55%。

しかし、「1クリックで買う」ボタンを付け加えたら、5%(数十億円)の売上が上がったとされます。

 

そして、スーパーで買うものの80%が衝動買いなのです。

ここで買うこと(獲得すること、ゲットすること)で得られるドーパミンを抑える工夫がのっていました。

 

メタ認知と言いますが、ドローン感覚で上から自分を客観的に見上げて、買い物しようとしている自分をモニタリングします。

そして、これから買おうとしているものを3つけなすことで、ドーパミンを抑えることで衝動買いをする意欲を失わせるのです。

 

残念ながら、貧乏脳は全人類デフォルトで備わっているので、普通に生きていたら貧乏まっしぐらです。

 

そこで、お金の無駄遣いを減らして、支出(浪費)を減らして、お金を上げる方法を取っています。

 

金運を上げるはずが…。金運を下げてしまった。

金運をあげようとして、風水にこだわってしまいましたが、結果、金遣いが荒くなり、金運が下がってしまいました。

 

金運を上げる努力よりも、浪費を下げる努力をするべきでした。

 

そこは耳の痛い話でしたね。

なにせ、夜勤を始めて身体を壊すまでは、今の工場でずっと働くと思っていましたからね。

 

これも貧乏神に支配された状態だったのです。

夜勤はいらないと会社に入れないよ~!

(ここはいいえニャ!)

 

これでストレスだらけの、会社生活に入ってしまいました。

ストレス解消が仕事の中にないので、缶コーヒーで買うことで一時しのぎ。

これからは、自分の個性と限界を知って、冷静に就職することが出来るから、結果は良い方向に向かっているんじゃないでしょうか?

 

リッチ脳になる方法が再現性が低い。

この項目で言うリッチ脳とは、支出(浪費)を減らして貯まったお金を投資などに生かして、増やすことを紹介していますが、投資信託は素人目に見ても、よほどのお金に余裕が無い限りおすすめできません。

 

投資をすれば、確かにリターンがありますが、投資に必要なお金を貯めることがそもそも困難です。

 

そこで再現性が高い方法としておすすめできるのが、アウトプットと天引き貯金です。

アウトプットとは、仕入れた情報を自分なりに出力することで、例えば、ブログ執筆やハンドメイド・クラフトがこれに当たります。

 

料理だって立派なアウトプットです。人間はインプットばかりでも、行動が伴わければ鈍すると言われます。

 

筋トレも立派なアウトプットです。しかも、インプットを兼ねています。

 

こうしてみると、本を読んで勉強することをやるようになってから、インプットとアウトプットのバランスがうまく取れていると考えられます。

 

僕が感じたことは、『節約なんてダサい』という考えは貧乏神に支配された商業主義のコントロール下にあるといえるでしょう。

 

だって、110円の缶コーヒーを20円のインスタントコーヒーに変えるだけで、90円も獲得できるんですよ。これは儲けになるんじゃないかな?

 

今日のブログの教訓。

貧乏神は、確実にあなたの頭の中に存在する。

これを克服して福の神を呼ぶには、多少の努力が必要です。

 

就職だって、限られた情報の中から取捨選択をして得なければなりません。

自分は若くはないんだから、夜勤はできないとはっきり断ることが出来れば、前の工場にずっと働くことができました。

 

精神科医のすすめで退職と療養期間を得ることになりましたが、これを選んだのも自分自身です。

もったいないお化けは、貧乏神です。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!