page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

インディゴッド仙台さんから再びパワーストーンブレスレットが届いた。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200716055806j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時起きの占い師で作家の十六夜ヒロです。😹

 

昨日は残業で、疲れ果てた中にヤマト運輸さんから荷物が届きました。

 

小池浩さんのインディゴッド仙台さんから、新しいパワーストーンブレスレットが届きました。

 

ちょうど僕のエネルギーから、ライフスタイルが変わったと感じられたので、2本目を注文しました。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

2本目のブレスレットは、翡翠(ジェイド)が多い目。

さっそくブレスレットを開封してみて、どんな石配列になっているのか?調べてみました。

  • 皇帝龍は金色を選択。 龍の持つ五つの爪はしっかりと幸せをつかむという意味がありすべての願いを叶える力を授けてくれるでしょう。
  • ジェイド(翡翠) 秘めた能力を開花させ、夢や目標を達成させる力を授け人生の成功と繁栄を守護してくれます。
  • ホークスアイ 相手や物事の真意を見抜く、深い洞察力を与え願望実現に向かって行動に移すための方法と力を授けます。
  • ラブラドライト 持ち主の隠れた才能、潜在能力に光を当てて輝かせて直感力・洞察力・創造性を高めてくれるでしょう。
  • レッドタイガーアイ 金運や仕事運を高め、願望の達成をサポートし、諦めない強い意志を養い進むべき道を示してくれます。

 

石からは、ジンジンとパワーを感じ、僕のために用意してくれたんだということが解ります。

 

一つ気になったのは、石の大きさがひと回り小さくなったことでしょうか?

これははじめての人には大きな石を授けてくれるのでしょうか?

そのへんがちょっと気になりましたね。

 

www.indigodsendai.co.jp

 

秘めた力を開花させて、物事の真意を見抜き行動に移し、洞察力を高めて、諦めない強い意志を養い進むべき道を示してくれる。

 

まさに、今後の占い師稼業にピッタリの石の配列となりました。

 

タイガーアイが多いけど、諦めない強い意志が求められる。

最初、タイガーアイって僕に合わないと感じたのだが、そんなことはなかったですね。

前回のブレスレットでタイガーアイとシトリン、ラピスラズリ、天眼石で転職したら大金が舞い込んできたのもありますし、これにも何らかの意味があるんじゃないかって思ったのです。

 

www.alkanet-books.com

 

今はすぐに諦めてしまうので、それに対する一喝だと思えば、勇気も湧いてきます。

 

タイガーアイは金運を司る石なので、金運が良くなるように祈られているみたいです。

 

レッドタイガーアイとタイガーアイの違いってなんだろうと思った。

レッドタイガーアイには、諦めない強い意志を育てるとあったので、弱気な僕を励ましてくれるように感じられましたね。

 

前回のタイガーアイは行動力を高め、人間力を高めるとあったので、強い意志がレッドタイガーアイに強調されていると感じました。

 

ジェイドの力を受けまくっています。

秘めた能力を開花させ、夢や目標を達成させる力を授けてくれる石。理想的な人格を思い描いて身につけると、持ち主の最良の性質を伸ばし、人生の成功と繁栄を守護してくれます。落ち着いた冷静さと揺るぎない忍耐力を授け、あらゆる災いや障害から持ち主を保護する力があり、夢や目標がある人が身につけると、達成するまで強力にサポートします。

ジェイドは落ち着いた冷静さと揺るぎない忍耐力を授けて、あらゆる災いや障害から持ち主を保護する力があり、夢や目標があると、達成するまで強力にサポートするとあるので、夢の実現に一歩前進したかと思われますね。

 

ジェイドが5つも配置されたので、夢や目標の実現に大きくバックアップが取られます。

 

洞察力を高める石が多いのが気に入った。

ホークスアイとラブラドライトが洞察力を高めてくれるので、洞察力を調べてみました。

machicon.jp

洞察力とは、物事の本質を見抜き、観察力が優れていること。そして、直感が優れていること。

 

直感に従って行動すれば、あながち間違いがないってことでしょう。

 

隠れた才能を開花させるという意味では、ジェイドとラブラドライトが際立っているので、洞察力と直感を磨いて、金運を上げつつも諦めない意志を持ってすれば、道は開けるということでしょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!