page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

怪我が治ってきてホッとしています。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20191212063008j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時50分作家の光速ヒロです。

 

最近、寝違えたせいか、首が痛いです。

あちこちにガタが来ていて、身体が思うように動かせない恐怖と戦っております。

 

徐々にではありますが、左掌の怪我が治りつつあります。

 

その怪我は伊賀上野シティマラソン2019で起きました。

 

www.alkanet-books.com

 

前のめりになって倒れてしまい、左手をついて身体を支えました。

その時に左掌が強打してしまい、怪我してしまったのです。

 

掌に圧がかかると、激痛が走ったりもしましたが、それも治まりつつあります。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

健康を取り戻して、病気は統失オンリーになるかな。

健康を取り戻して、病気は統失オンリーになりつつあります。

まだ左掌に違和感は感じますが、少しずつ力がみなぎってきます。

 

腱鞘炎も治り、健康な身体がこんなに身近になって、ありがたいと思っています。

 

昨日、一昨日は残業疲れで、何も出来なかったのが悔しいです。

 

食べ物には気を遣っているのですが、気合が入らないのですね。

 

晩ごはん後には、休息・娯楽以外のことが出来ないと言われています。

 

最近、コーヒーを飲んでいないので、気合が抜けていますね。

 

練習再開。2.5kmしか走れなかった。

日曜日に練習を再開しました。

寒さに負けて朝起きるのが遅かったので、すき家で食事を摂ったのが、午前8時。

それから、9時頃に走り始めたので、体調がおかしかったのです。

 

消化に3時間かかるし、肉は胃腸に負担がかかるので、午前11時に走るべきでした。

 

練習不足を感じていますね。

 

悔しいです!!!

 

寝違えを治すには、枕無しで寝るのがおすすめ!

寝違えで苦労している場合、たいてい枕が高すぎる場合に起きることが多いようです。

 

そこで、枕を使わずに寝ました。

 

するとどうでしょう?寝違えがだいぶと軽減されました。

睡眠は身体を造ると言っても過言ではありませんね。

 

僕は、過去の交通事故を教訓に睡眠不足だけは絶対に避けたいと思っています。

 

睡眠不足だと、集中力も出ませんので、仕事のパフォーマンスも下がります。

 

最近、朝活もやっていないし、睡眠の質をもっと上げなくちゃなぁ。と思っていますね。

 

首の話ですが、もう、横を振り向くことができるようになりました。

枕を変えたほうが良いんじゃないかって思いましたね。

 

低反発のほうが良いのかな?(それはわからん)

 

今日の徒然。

朝にブログを書いているわけですが、ブログは朝書くのが一番あっていると感じましたね。

 

クリエイティブな作業は朝やるのが一番向いています。

ウィルパワー(判断力や決断力、集中力など脳が決め込む総合的な力)が最も高いのは、朝なのです。

 

しかし、僕には、本業が待っています。

本業はヴァレンタインデーのチョコレート詰めの作業に時間が取られます。

 

だから、ゆっくり動画もブログも朝やったほうが良いのです。

 

だから、朝はブログを書いています。

集中力が最も働くのが、朝なのです。

 

本当はもっと早く朝起きるべきなんでしょうけど、6時までダラダラと過ごしていますね。

 

1時間で1,273文字。時速は遅いほうです。

頭がぼうっとしますので、メモを取らないと頭が冴えません。

 

キーボードだって、まだ慣れていません。

一度ノートPCのバタフライキーボードに慣れてしまうと、深押しキーボードには気合を入れないと、キー入力が困難です。

 

そのための練習に『寿司打』をたまにやります。

徐々にではあるが、成績が上がっているでしょう。

 

コーヒーを飲んでないと頭が冴えない。

最近、コーヒーを飲んでいないので、頭が冴えません。

カフェインは出社後に摂っているので、カフェインレスではありません。

 

カフェインレス生活を始めようと思って、ルイボスティーを買ったのですが、カテキンが痩せると知った時に、失敗したな?と感じましたね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう。