page contents

VividColorDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

新月に入りまして、龍飯を食べました。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200224060819j:plain

 

あなたにおはようございます!

朝5時20分作家の十六夜ヒロです。

 

言語化されたラジオを聴きながらなので、スピードは遅いです。

いえ、ラジオを切りました。

 

朝の寝ぼけた頭で書くブログなので、どんなことを書くのか想像できません。

 

だったら書かなきゃ良いのに、なんて意見も聞きます。

 

今日から一週間。仕事が始まります。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

YouTube動画休んでしまってすみませんでした。

副業の手がかりとして、YouTubeをやろうと思っていましたが、長いこと休んでしまってすみませんでした。

 

言い訳をするつもりはありませんでしたが、ネタのストックがないことと周囲の反応が怖かったことに挙げられます。

 

ゆっくり動画から撤退して、あんなに叩かれるとは思いもしませんでしたし、チャンネル登録者数が全て身内ばかりでしたね。

 

それに元チャンネルを消してしまい、チャンネル登録者様が増えなくなりました。

 

これから動画をあげようと思いましたが、何だか怖くて動画を上げることが出来ません。

 

そんな時に、我が友人のぎぶくんが動画のエンドカードを作ってくれました。

 

応援してくれる人がいるってことです。

これはありがたいなぁ。と思いましたね。

 

発注したのは僕だけど、まさか、やる気を無くしてから届いたので、やる気を取り戻すには十分でしたね。

 

ぎぶくん、ありがとうございます。

働くってことは、人を喜ばせること。

僕は働きの本質を見失っておりました。

働くってことは、傍を楽にする。って事です。

 

つまり、人を楽しませたり、喜ばせたりするようにするのが一番なのです。

 

製造業だと、人に喜ばれる製品づくりが大切だったのです。

下請けだったら、上の会社にクレームを言われないようにきちんとした製品を作ることが大切なのです。

 

すっかり軌道に乗ったはずのブログだって、僕のブログは全く稼げていません。

稼げないという事実が叶ってしまっているのです。

 

ブログの場合は、SEOでGoogleに載せてもらうって作業が大切になります。

Googleに載らなければ、どれだけ読んでほしくても読まれないのです。

 

ここでYouTube集客チャンネルの酒井さんの言葉を思い出しました。

『動画を見るってことは、悩みを解決させるようなことを目指しているのです。』


どうする?『アンチコメント・スパム・誹謗中傷・荒らし』 気持ちが楽になる対策・解決法をばっちり紹介!


登録者1000人以下のYouTuberに絶対的に足りないものは「世界観」

 

酒井さんのチャンネルを見ていると、どことなくホッとします。

さすがプロの映像作家ではあります。

 

動画を作る勇気が湧いてきましたね。

早ければ、今週水曜日に上げたいと思います。

頭が冴えてきたので、一気に仕上げるぞ。

龍飯を食べて、頭が冴えてきたので、ブログを一気に仕上げることにいたします。

 

龍飯は、黒豆と古代米を使ったごはんです。

作り方は簡単。

 

材料)

白米 2合

乾燥黒豆 2分の1カップ

黒米(古代米) 大さじ2杯

 

ごま塩 適量。

 

まずは、白米を研いで、乾燥黒豆を丁寧に洗う。そして入れる。

黒米を入れて、3合分の水を入れる。

 

これを炊き込みごはんモードで炊くだけです。

 

 

 

味は素朴な豆ごはんでしたね。最初は、お米が真っ黒になってびっくりしたが、美味しかったですよ。

 

納豆とかにぴったりです。

昨日の晩は、鯖缶でした。

 

読書のあとに行動がなければ、意味がない。

読書して読んだつもりになっていると危ないです。

アウトプットが大事なのです。

 

僕は読書をしたら行動してみて、それがあっているかあってないかを調べます。

あってなければ、すぐに売り払ってスペース確保。

 

整理整頓すれば、スッキリしますね。

 

龍神と潜在意識をうまいこと活用して、運気の逆転を狙います。

裏運気、どんと来い!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!