page contents

LightSideDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

三菱自動車 ピートのふしぎなガレージのエヌ博士の新声優について。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190415044239j:plain

三菱自動車 ピートのふしぎなガレージとは、TOKYOFMをキー局に全国FM局で放送されている教養系ラジオドラマです。

 

町外れのガレージに迷い込んだ飼い猫を追いかけて、宇宙人と名乗る博士に出会った新一。そこにあった便利カーで時空を超えた旅に出かけて、都合の良い装置で現代日本語に通訳された歴史ドラマを体験して、アウトドア(に限らず)に関するいろいろなことを尋ねるという番組です。

 

この番組の前番組は、SUNTORY Saturday Waiting Bar AVANTIでしたが、サントリーがスポンサーを降板して、急遽番組が終了。

これに変わる形で、2013年に始まりました。

しかし、三菱自動車の不祥事(正確には電池メーカーの不具合による不祥事であったが、三菱自動車は責任とって白スポンサー化、ACジャパン(公共広告機構)が代行を務めた。)でCMがなくなったり、宇宙人のエヌ博士の前任の声優が非公開ながらピエール瀧容疑者であったため、逮捕当時のタイムフリー(ピザの回)は打ち切られてしまい、前博士が出演したポッドキャスティングは根こそぎ削除されました。

 

それでは、本文に行ってみましょう。"Here we go~!"

 

結局、博士はどうなったの?

僕は毎週この番組を聴いています。

そして、聴き逃したとしても、ポッドキャスティングで一部を聴くことが出来ます。

www.tfm.co.jp

中期から、冒険に出かけるメンバーを山猫冒険団と呼称。

途中で役所さんが加わり賑やかになりました。

 

このエヌ博士の声優がかつて、非公開ながらもピエール瀧さんだったのです。

ピエール瀧さんが逮捕された時に、博士は故郷の星で同窓会(嘘)→博士の種族は実は、環境に合わせて完全変態するために、繭の中で眠っている。(真実)→繭からかえって新しい博士の姿に変わった(声優交代)となりました。

 

博士の最初の一声が、京言葉(みやこことば。『京都弁』は京都府民に対して失礼な表現。)に変わったことから、山西惇さんであることが推測されます。

(テレビドラマ『相棒』を見ていた人は気がついたようです。)

 

山西惇さんの新博士の声に戸惑いを感じたのか、なかなか人気が出ませんが、そのうち慣れることでしょう。

 

ドラえもん(野沢雅子→富田耕生→大山のぶ代→水田わさび)の声だってそうですし、ゲゲゲの鬼太郎(野沢雅子→戸田恵子→沢城みゆき)だってそうだったに違いありません。

ぶりぶりざえもんに至っては、初代の塩沢兼人さんリスペクトのあまり、神谷浩史さんが演じるまで17年間も空席でした。

 

声が必ず必要なラジオドラマでは声優の交代は必須でした。

 

新博士が定着することを祈っています。

 

新博士の印象は?

新博士の声が、山西惇さんに変わったばかりの頃は、ピエール瀧さんが演じた旧博士の姿を知っている人が違和感を持つために、『超都合の良いAR装置』を使って、違和感をなくした演出が強引で面白かったです。

 

最近では、新博士が定着したためか、その描写も無くなっています。

違和感を感じた人も多かったのですが、僕はすぐになれました。

 

最初は新博士の身長が次々と伸びて、リスナーをハラハラさせましたが、すぐに成長が止まって、安心しました。

さすが、博士の種族はその星の環境に合わせて進化する宇宙人だったのです。

 

そして、フランクな性格の新博士が大好きになりましたね。

今回の記事の教訓。

TOKYOFMさんは、声優の名前を非公開にしたことで難を逃れたいい例なのかも知れませんね。

夢があっていいじゃないですか。 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!