page contents

HSPの僕が題名を失ったブログ〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

生存報告:HSP交流会と人狼会。それからハローワークへ。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190627075912j:plain

ブログが書けない病にかかって数週間が経ちました。

やはり、僕にはSEO対策は無理だったようですね。

ブログの元師匠のKさんと音信不通になってから、1ヶ月が経とうとしています。

 

もしかしたら、またブログをテコ入れするかも知れません。

打ち切りに近い状態で休んでいるから、テコ入れもやむなしなのです。

 

元師匠のKさんのアドバイスには従いつつも、彼の色を消し去ろうと思います。

ブログを書くと、4時間以内の就労とみなされるハローワークのやり方には疑問ばかりが残ります。

(FC2、みんカラ、Mixi日記など収入が得られないものは除く。)

 

それでは、本文に行ってみましょう。

 

やはり、日記ブログが性に合っているようです。

やはり、僕のは日記ブログのほうが性に合っているようです。

ゆきにーさん(id:yuki_2021)や碧乃あか男さん(id:mraka2015)のように、普段、どんな事が起きたのか、正直に書いたほうが僕もやりやすいのです。

 

あるキーワードを元に根掘り葉掘りリサーチするのは、HSPの僕にとって苦行以外の何物でもありませんね?

言語にならない余計な情報まで拾ってしまうため、疲れてしまうのです。

非HSPの人にとって全く理解されない概念ですが、虫かごに例えたら、非HSPの人がカブトムシを捕まえたら、HSPの人は、蛾や蚊、蜂やコガネムシなどを同時に捕まえてしまうので、虫かごが一杯になってしまうのです。

 

この虫かごが脳だと考えてくださいませ。

非HSPの人にとって、日常の一コマであるのに、HSPの人にとって、常にSAN(正気度)チェックを強いられているような状態です。

 

SANチェックとはTRPG『クトゥルフの呼び声』で非日常に遭遇して、発狂しないで済むかどうかを試されるチェックのことです。

 

もちろん、HSPの人がSAN値が低いとは言っていません。ただ、情報が入りすぎて、処理能力が追いつかず正気を保てなくなる。と言っているのです。

 

日記のように日常あったことを素直に書く。これが一番なのだと思っています。

マネタイズを目的とするのであれば、特化ブログにはかなわないでしょう。

 

儲かるブログの動線から脱落してしまった以上、AdSense代に期待は出来ません。

 

継続就労支援A型事業所に戻ります。

今は、無い仕事を探しても仕方がありません。

障害者として特定支援事業所のお世話になるしかありません。

CT社のお世話になろうと思いましたが、CT社は閉所してしまったようです。

 

そこで、松阪の「はじめのいっぽ」さんのお世話になることになりました。

そこで、ある継続就労支援A型事業所の見学と面接を兼ねようと思いまして、ハローワークの紹介状を発行してもらいました。

 

本当は直接行きたかったのですが、ハローワーク関連のしがらみがあってそのようになています。

 

左肩に激痛が。五十肩になってしまったらしい。

f:id:einhander1341:20190620141633j:plain

あの時を境に五十肩になってしまいました。

原因ははっきりと解っています。

 

先日辞めた工場内で勤めた時に、ターンテーブルに巻き込まれた時に、腕を持っていかれたせいで肩に炎症が出たせいでもあります。

 

現在は、ボツリヌス毒素注射で何とか痛みを抑えております。

理学療法を受けながら、リハビリに努めています。

 

労災も多分、出ないでしょう?

やり方が悪かったんでは?と一蹴されて終わりです。

そんなブラックな職場だったのでしょう。

 

こんな逆境に、ありがとう。 

どうやら僕にはとてつもなく恐ろしい貧乏神に取り憑かれているらしい。

度重なる出費に恐れおののいている。

 

家計簿をつけても外食や缶コーヒー代がかさんでいるようで、長財布になってからも、お金が飛んでゆくことに恐れている。

 

これは金運が逃げているわけじゃなく、実際に無駄遣いが多かったりもする。

うちでごはんと食べればいいのに、外食とかに行っている。

その原因は、眠剤がきつすぎるために、朝食を作る気がしないためだ。

 

眠剤が足りなかった頃は、途中で目覚めることが多く、それから眠れなかったりもしたのです。

 

睡眠が一番のサプリだと感じている。

眠れば無料だし、これで身体の疲れが取れなければ、寝具を整えたら良い。

 

こんな逆境に、ありがとうと言いたい。

 

H.S.P.交流会と人狼会。

先月は僕の体調不良(夜勤が原因)により休んでしまったので、6月で第2回です。

その時点で、最大の参加者数を集めまして、4名の参加になりました。

 

H.S.P.あるあるから始まって、タトゥーの話になって、発達障害との併用の話に進みましたね。

 

仲間がいることでお互い癒しになりました。

ありがとうございます!

 

人狼会がその後に行われて、最大8名の参加で盛り上がりました。

そもそも人狼ゲームとは何か?

人狼ゲームとは、狼種族が人間になりすまして、夜中に襲撃をするので、村人たちが話し合って処刑して、人狼を追い詰めるという内容のアナログゲームで、たいへん盛り上がっています。

 

人狼を全滅させたら、村人側の勝利。人狼が半数以上残ったら、人狼側の勝利です。

 

今回は預言者になった僕がズバリ人狼を当ててしまい勝利に導いたり、人狼の時はひたすら黙秘して、あっさり処刑されてしまったりといろいろなことが起きました。

 

今回プレイしたのは、人狼DXというカードゲームです。

5人しか集まらない時は、ワンナイト人狼がおすすめです。

占い師が如何に生き残るか、これが焦点になります。

真っ先に人狼の正体を暴くと、襲撃されるリスクを負いますし、ひたすら黙っていると、誤って処刑される恐れだってあります。

 

人狼DXではボディガードや裏切り者などがいて、ゲームに幅があって大変面白かったですね。

 

来月のHSP交流会と人狼会は7月28日になります。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 

それではでは!ごきげんよう!