page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

アベノマスクの真の意味をだれも知らない。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200406060022j:plain

あなたにおはようございます!

朝寝坊5時40分起きの雑文作家の十六夜ヒロです。😹

 

相変わらず新型コロナウィルスは猛威を見せています。

うんざりするようで申し訳ありませんが、今回も新型コロナウィルスをやります。

 

さて、安倍総理は一世帯あたり2枚の布マスクを配布すると発表しました。

 

WHOの発表によると、布マスクは意味がない。サージカルマスクにするべきだと言いましたが、これはそもそも、医療機関向けの通達であり、これを採用した大臣の不勉強さが招いた失態であります。

 

一世帯2枚というのが、アレなんですけど、布マスクは洗濯ができるので、毎日洗濯すれば長持ちします。

 

サージカルマスクは、医療機関に廻しましょう!

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

冷静になれば、布マスクで効果が十分な理由。

まずはこれをご覧くださいませ。


布マスクを国民に配るアベノマスクは何故叩かれているんですか?WHOは勧めていないんですか?

医師の高須幹弥さんがアベノマスクについて、詳しく解説してくれました。

 

先程申しましたとおり、WHOのデータはサージカルマスクのほうが呼吸器疾患にかかるリスクが小さいという発表ですが、あくまでこれは医療従事者の話であって、一般人は布マスクのほうが良いのです。

 

 僕もこれを見て、アベノマスクについて、本当の理由を知ることが出来ました。

残念ながら、安倍総理は自分のやっていることをあまり説明しません。

説明が一般人に行き渡っていないのです。

確かに、一世帯あたり2枚というのは、あんまりです。

一人暮らしには優しいのですが、大家族には厳しいでしょう。

ただ、大家族はあらかじめマスクを買い占めている傾向があったので、それで良いのかもしれません。

 

僕はガーゼマスクを作ろうと思って、ガーゼを買いにゆきましたが、そもそも政府が買い占めていたのですね。道理でなかったはずだ。

医療従事者、介護従事者、頑張れ!

Softbankの孫正義さんが100万枚もの大量のサージカルマスクを輸入してくださいました。

僕はSoftbankは苦手ですが、孫さんの事を尊敬します。

人それぞれが自分のできることを率先してやる。

 

じゃ、一般人は何をすれば良いのか?

#StayHome #うちで過ごそう ですよ。

 

不要不急の外出を控えて、新型コロナウィルスから身を護る。

これに尽きます。

今は本当にサージカルマスクが必要とされる方々に行き渡っていないことが懸念されます。

 

医療従事者のともママさんがこんな事をおっしゃいました。悲痛な叫びです。

聞いて(読んで)くださいませ。

 

 

 

 志村さんのことを思うと悲痛な気持ちわかります。

神戸市の透明納体袋の件もありまして、少しは前向きになれたかと思いますが、新型コロナウィルスに感染したら、隔離されて、一切の面会なし、そして寂しく死んでしまうのです。

 

それに、若者の死去も目立ってきています。

一般人は自分で自分の身を守ろうよ。

我々一般人は何をすべきなのか、まずは手洗い、うがい。咳エチケット。

再録になりますが、エガちゃんねるを掲載します。


江頭2:50が物申す!

新型コロナの恐ろしい所は、潜伏期間が長いこと。

これにより、遊びに行った人たちが、知らない間に感染を拡大させている。

もしかしたら、東京がロックダウンしないのも、東京から大量の人がパニックになって逃げ出さないために、慎重になっているからに違いないんです。

 

www.alkanet-books.com

 

今は、感染拡大を防ぐためにも、一人ひとりが立ち上がってくれれば良いんです。

 

ピコ太郎さんが、PPAP2020を発表しました。

ご覧くださいませ。

 

(追記)不要不急の外出を控えて。 

NHKの新型コロナウィルスサイトによると、不要不急の外出とは次の通り。

  • 今日という日でなければならないわけではない外出。(例:ライブハウス、花見、飲み会など)

 

それは以外は次のとおりになります。

  • 持病のために医療機関に通うこと。
  • 収入を得るために仕事に行くこと。
  • スーパーマーケットなど食料品を買いに行くなど。
  • 今日という日を逃すと経済的損失を被る外出

これらは、不要不急の外出とはなっていません。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!