page contents

VividColorDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

しばらくYouTubeから撤退したいと思います。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20171029163847j:plain

あなたにこんにちは。

昼までの仕事を終えて、16時に歯医者に向かう途中の十六夜ヒロです。

 

皆さんに良い(残念な)お知らせがあります。

 

それは僕がYouTubeから撤退する話です。

ファンが付いていないのに、アンチがつくなんて、これは向いてないに違いないと判断したまでです。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

HSPはいじめられやすい。

HSPは空気を読みすぎる反面、言い返すべき所で言い返せないので、一方的にいじめられやすいと言えるでしょう。

 

これには、Twitterでも色々意見されており、反応が聞ける。

 

僕もYouTubeで完全になめられていたので、言い返したくっても言い返せない自分にイライラしました。

 

このイライラした感情をどこにぶつけたら良いのか、解らずに本業を終えました。

 

その答えが、YouTubeから逃げることだったのです。

 

動画配信はしません。

よって僕のTwitterからも、素顔アイコンを消して、カスタムキャストに戻しました。

そうしたら、今まで減り続けたフォロワー様数が少しずつ増え始めたじゃないですか。

 

やはり、顔出しはリスクを負うってことがよくわかりましたね。

保険にすらならない。

 

HSPはYouTube配信をするな。これにつきます。

 

 

撤退して違う景色が見えてきた。

別に後悔はしていません。ゆっくりの頃から向いていないなと思っていたので。

やってて良かったとは思っています。

 

ただ、ネットの匿名性が僕には合わなかったというのが正直な気持ちです。

匿名性だから強い口調で言えば屈服できるであろうと思われます。

 

弱々しい口調で話す僕自身をメタ認知で見ても、こいつを叩いてしまえ!と思えてきます。

 

やはりメディアが違うのでしょうね。

僕には苦手だなぁ。というのが正直な気持ちです。

 

撤退して、違う景色が見えてきました。

あ、逃げる場所があるのって良いなと思えてきました。

ブログはオワコン、これからはYouTubeの時代だって言っている人にひとこと言いたい。

外向的な人が動画配信をするのは構いません。パリピな人ほど伸びるでしょう。

 

しかし、ブログがオワコン(OldFashion(時代遅れ))なんて絶対に言わないでほしいのです。

 

世の中には地味な人だっているのです。HSPは15~20%いると言われます

ブログで地味に頑張っているのに、それを叩くなんていい加減にしてもらいたいです。

 

確かに、Googleアップデートで楽には稼げなくはなってきています。

SEOが出来ないのを人生を終わった的に言い放つのは止めてほしいです。

 

僕は去年のブログが極端に少なかったのは、SEOを意識しすぎたためです。

動画はSEOを気にしなくて良いのですからね。気軽なもんです。

 

特に某インフルエンサーは動画で稼げますよとおっしゃいますが、果たして再現性が高いのでしょうか?

誰にでも出来るわけじゃないってことを隠しているのでしょうね。

 

要するに自分さえ良ければ良いんじゃないでしょうか?

YouTubeでビジネスって人もそうです。

たしかにYouTubeは宣伝効果が高いです。

 

しかし、弱気な動画を見て、共感してくれる人がいるのでしょうか?

イジメてやろうって気が起きるに決まっています。

 

イジメられる側にも問題があります。

強い方向から弱い方向にストレスが向けられるのは、万物の法則です。

 

イジメられる人は強くなるしかないのです。それが出来なければ逃げるが勝ちです。

よく言うじゃないですか。

逃げるは恥だが役に立つって。

 

自分がいじめられる側にいると感じられたらどうすればいい?

筋トレをするのも一つの手です。

人間は所詮、外見でしか物事を見ません。

 

身なりが悪ければ、それなりの評価しか得られません。

 

オーラを身にまとい、自分に嫌がらせをする輩に近づかないようにするのがいい方法です。

 

もし、YouTubeでビジネスって考えるのでしたら、向いているかどうかご自身と相談してください。

もし、向いてなくっても嘆くことはございません。

 

そもそも、バックエンド商品のないYouTuberはこれから淘汰されてゆきます。

今に見てください。

あのHIKAKINさんにだってバックエンド商品はございます。

 

バックエンドがないのに、流行っているから何がYouTubeなんでしょうか?

腹抱えて笑えるほど悲しいです。

 

真面目に生きるのが馬鹿らしいって、そう嘆きなさるなよ。

お天道様はいつも見てらっしゃる。

真面目に生きるのがつらかったら、僕のブログを読んでご覧よ。

 

アホくさくて笑えてくるからさ。

笑ってくれたらそれで良いんだよ。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!