page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

YouTubePremiumを数ヶ月感使ってみて感想。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200911063151p:plain

あなたにおはようございます!

朝5時起きの電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

1時間も無駄に過ごしてしまいました。

よほど疲れているんでしょうね。

 

YouTubeを見たら最後、ずっと観ています。

読書をしたり、運動をすればいいのに、誘惑に負けるのが悔しくて仕方ありません。

 

最近では、あつまれどうぶつの森をやっていません。

飽きたわけじゃなく、アストラルチェインとカートリッジを替えるのがめんどくさくて、やっていません。

 

YouTubePremiumの良さについてはうえのさん(id:uenoyou111)が語っているので、僕は違う側面からYouTubePremiumの良さについて語ってみましょう。

 

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

YouTubePremiumはいい事だらけ。たった1,180円の支払いで、こんなに快適に。

うえのさんのエントリーはこちらになります。

www.uenoyou.net

最近は、動画投稿をやっていませんが、ライスワークをしている以上、まとまった時間が取れず、動画投稿が後回しになってしまいます。

 

僕の場合は、YouTubeで売られていた安値のドローンに騙されて、これ以上お金を失いたくないと思い、保険のつもりで、AppleMusicからYouTubePremiumに移籍しました。

 

AppleMusicが月額980円だったので、YouTubePremiumが1,180円(iPhoneで払うと、1,550円にまで値上げされるので、ここはブラウザで支払いたい。Androidは無問題。)

 

100円の値上げです。

 

これで、暖炉の炎がひたすら燃えているという動画や、河の流れを延々と流した動画が広告を挟まずに、快適に観られます。

 

正確には、睡眠時のBGMとして使用しています。

 

睡眠時にCMが流れたら安眠できません。

眠りに投資をするために、YouTubePremiumには入っています。

 

静寂も良いかもしれませんが、静寂こそが一番の贅沢って話です。

 

うえのさんの考えと僕の考えをまとめる。

うえのさんの考えは、YouTubeの広告を見ると、時間の無駄を感じることではあるが、これは僕も思っていました。

 

YouTubePremiumにした時の利点をまとめました。

  • 広告で無駄な時間を強いられない。
  • 広告につられて、無駄な商品を買わない。
  • サクサク次の動画が観られる。
  • ストレスが溜まらない。
  • 環境動画を見て、広告で起こされない。(安眠できる)
  • YouTuberに貢献できる。

たった1,180円の支払いで、こんなに違うのです。

 

支払いは楽天カードでできるので、働いてさえいれば、簡単に支払えます。

シークレットウィンドウで、Cookieをオフにして、動画を見たら広告が見られますので、不快な思いをしたい人は、こちらをご覧くださいませ。

 


使ってみたら超快適だった!?YoutubePremium解説【ゆっくり解説】

 

3ヶ月無料期間は終わってしまったけど、今すぐにでも入ったほうが良い。

動画を見る機会が多ければなおさらです。

 

仮に1回の動画で5分間の広告を見たと仮定して、これが一日10回だと。一日50分。

一ヶ月だと30日計算で、1,500分。一ヶ月25時間も無駄にしている計算になりますよね。

 

時間だけは、お金で直接買うことが出来ませんので、時間を買う買い物だけはしっかりとやっておきたいですね。

 

僕にとって、YouTubePremiumはAppleMusicの100円値上げなので、そんなに割高感はなかったけど、さっきの動画では、割と不満の声が上がっていたみたいです。

 

しかし、サービスを受けるからには、それ相応の報いは受けねばなりません。

 

YouTubemusicもそれなりに揃っているので、ぜひとも入っていただきたいと思っています。

 

もちろん、これは企業案件ではありません。

 

アドセンス収入以外は、誰からもお金をもらっていません。

 

僕だってこんなに時間を取らないことに価値があるんだと力説しています。

 

ぜひともブラウザで入っていただきたいと思っています。

楽天カードすら持ってない人は、楽天カードの申込みを忘れずに。

 

フリーターさんでも入れますよ。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!