page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

ヴァン・ヘイレンさん死去。65歳。/本が売れなくて困る。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20201007062640j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時20分起きの電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

いきなりで申し訳ないのですが、JUMP!でおなじみの(と言うか、それしか知らない。)エディ・ヴァン・ヘイレンさんがお亡くなりになりました。

 

ヴァン・ヘイレンさんのギターテクは素晴らしいの一言で、あぁ、こうしてレジェンドは去ってゆくのだなぁ。と思いましたね。

 

癌による闘病生活でした。長い間お疲れさまでした。

謹んで哀悼の意を表します。R.I.P.

 

www3.nhk.or.jp

 

朝から湿っぽいニュースで飾っちまったことをお詫び申し上げます。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

 

 

 

65歳って、案外近いじゃないか。

癌による闘病生活とは言え、65歳とは若いと言うべきか、歳をとったと言うべきか。

 

僕の年齢が50なので、近い年齢に感じられますね。

 

そろそろ今年のがん検診申し込みに行こうかと感じています。

 

持病を持っていると病気が身近に感じられるので、余計に健康に気を使うことになるのだけれど、持病以外は健康でいたいと思っている。

 

そろそろジムに通わなくちゃいけないなと思いつつも、なかなか時間が取れないのですよ。

 


Van Halen - Jump (Official Music Video)

 

若かりし頃のヴァン・ヘイレンのジャンプはこちらです。

 

80年代後半だったから、もう35年くらい経つのかな?

それでも色褪せない名曲だったりするから、レジェンドってすごいです。

 

クイーンのブライアン・メイさんは老齢でも、現役で頑張ってらっしゃるし、長年の夢だった天文学者の資格までも得ることが出来て、人生まんざらじゃないようですね。

 

歳をとっても、夢を叶えるなんて素敵じゃないですか。

 

僕の夢はベストセラー作家。

僕の夢はベストセラー作家ですね。

紙の書籍が10万部でベストセラーの仲間入りだから、一見、簡単そうに見えるが、出版業界は下降線の一途をたどっており、代わりに電子書籍の出版数が増えているみたいです。

 


【書店業界の危機②】書店員のジレンマと未来への提言(Bookstores in crisis)


【書店業界の危機①】スマホが書店の主力商品を駆逐(Bookstores in crisis)

今や、スマホ(正確にはGAFAが。)が書店を完全に駆逐してしまい、つい先日、津駅前の青山書店が閉店してしまいました。

 

漫画に至っては、更に拍車がかかっており、広告収入で得る無料マンガサイトというスタイルにシフトしつつあります。

 

漫画は無料で読むもの。そんな常識が成り立ちつつあるのです。

 

最近、ヘイト本なるものが売れております。

主に本を読む高齢者がこれもよく読む新聞の切り抜きを持って、この本はないか?と本屋にたずねるのだそうです。

 

ヘイト本とは、特定の民族を誹謗中傷した本であり、日本の敗残化が許せない中高年にとって、この本は格好のガス抜きとなっており、売れに売れているのです。

 

そもそも、こんな事になったのは、自分の身さえ守ればよかった中高年によってなってしまったのに、その尻拭いを若者に求めるなんてあんまりです。

 

昭和の長老イズムが未だに残っているために、令和も残念な時代になると思われます。

 

ホリエモンが一度潰された原因も、既得権益のナベツネを敵に回したせいでもあるわけですし。

 

シン・ニホンでは、プラットフォームを作ることが出来なかった日本が再興するには、GAFAなどがつくったプラットフォームをガンガン利用するしか無い。と書かれています。

 

 

僕はAmazonKindleを利用して、立ち上がろうとしていますし、YouTuberはGoogleを利用しています。

 

そこでどさくさに紛れて、僕の電子書籍の宣伝をば。

 

僕、十六夜ヒロは、電子書籍を出版いたしました。

良かったら読んでください。お安くなっております。

 

ヴァーチャル結婚式と独身男の結婚観 (AlkanetBooks)

ヴァーチャル結婚式と独身男の結婚観 (AlkanetBooks)

 
ラジオでメールの読まれ方 改訂版 (AlkanetBooks)

ラジオでメールの読まれ方 改訂版 (AlkanetBooks)

 

 最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

 

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!