page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

台風が去ったとは言え、この静けさは何だ?

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20201010160337p:plain

あなたにこんばんは!

朝3時30分起きの電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

こんなに遅くなってしまってすみませんでした。

 

一応タスクなので、やらせていただきます。

 

今日は台風が来るはずでしたが、南東に反れてゆきましたね。

八丈島あたりが本番を迎えるので、これからが大変かも知れません。

 

何もしない一日を送りましたが、動画を観てしまって時間が塗りつぶされました。

 

やはり、ポモドーロ・テクニックを使わないと集中が出来ませんよね。(笑)

 

コロッケも買わずに、そばだけを買って、今日の買い物は終了。

 

やるべきタスクを背負って、ブログを書いています。

 

純粋な休日は、今日しかありませんので、今日をダラダラと過ごしましたよ。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

 

 

 

おまけの一日。

今日はいわゆるおまけの一日。

さりとて、するべきこともなく、ウルトラマンZを見たあと、パウラちゃんの動画を見ていた。

 

パウラちゃんの動画を観ていたら、僕の新刊も出なかったなぁ。

 

ここで僕の電子書籍の宣伝です。

AlkanetBooksは2冊出しました。

 

好き勝手に書かせていただいています。

 

ヴァーチャル結婚式と独身男の結婚観 (AlkanetBooks)

ヴァーチャル結婚式と独身男の結婚観 (AlkanetBooks)

 
ラジオでメールの読まれ方 改訂版 (AlkanetBooks)

ラジオでメールの読まれ方 改訂版 (AlkanetBooks)

 

 

Kindle Unlimited会員でしたら、タダで読めます。

 

良かったら読んでください。お願いします。

パウラちゃんの言う結婚感が僕の言いたいことをすべて言ってしまっているので、どれだけ結婚がリスキーなのか、説いています。

 


婚活における残酷な真実!男性の価値は年収、女性の価値は若さだった!【パウラのゆるぐだVlogコーナー(仮)】


男なのに低年収とか草w 男性が高年収を目指すべき理由3選


男性が恋愛で受けるリスク4選!若い男性の恋愛離れは「当たり前!」と話題に


「女性が低年収男性を嫌う納得な理由」が全然納得できなくて草w【パウラのゆるぐだVlogコーナー(仮)】

 

納得がいってしまって、ずっと観ていました。

男女平等と言うよりも、女尊男卑になってしまって、結婚にメリットがないのも解ります。

 

僕は電子書籍を出す前に、この動画に気づいていれば、ヴァーチャル結婚式と言う電子書籍は出しませんでしたよ。

 

多種多様な生き方が重視されて、あえて結婚しない生活をするものがいてもおかしくはない時代がやってきました。

 

そもそも、男性アバターがこんな事を言っていたら、炎上案件になりますよね。

 

女性アバターだからこそ言えることだってある。

 

僕はパウラさんの中の人の性別なんて、どうでもいいんです。

 

こんな刺激的な動画が観られたことに驚きが隠せません。

 

僕もYou Tubeもっと頑張るべきかなぁ?

 

そもそも他人と同じレールの上で勝負しても勝てる見込みなんて無いのになぁ。

 

シバックスの結婚観はこうです。


【婚活】シバックスの統合失調症の具合てどうなん?お金で困らせない!!

シバックスさんは障害者でも構わないから、結婚を望んでいるようです。

 


固定概念や同調圧力に縛られず貴方は貴方らしく自由に生きればいいんだよ!

 

僕は残念ながら、シバックスさんのように自分の顔を出す勇気がありません。

 

ゆっくり動画自体は、過剰供給になっており、差別化を図らないと収益化が出来ない様子です。

 

僕の場合は、まだまだ弱者なので、嫉妬を浴びる可能性を秘めており、おいそれとは出てこれない様子です。

 

動画を作る暇があるんだったら、先に収益化した電子書籍の方をどうにかするのが先決です

 

ライスワークが忙しすぎて疲れましたので、この何もない一日が今日で終わるのが惜しくて惜しくてたまりません。

 

明日は、名古屋栄旅BARカフェ夢portでHSP交流会を開きます。

 

良かったら来てくださいね。

 

それでは、今日はここまでにしたいと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

 

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!