page contents

VividColorDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

トイレの蛇口が壊れた。つっぱり棒は買うな。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200602060650j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時10分起きの雑文作家、十六夜ヒロです。😹

 

今朝はびっくりしました。

トイレで手を洗おうと思ったら、蛇口がいきなり取れてしまったからね。

 

手を洗おうにも、水が噴出するし、困ったもんだ。

そんな失敗談を話したいと思います。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

トイレの蛇口が壊れた。

原因はある程度絞れている。

それはトイレに棚がないので、つっぱり棒をつけたら、それがトイレットペーパーの重みに耐えられなくて、落っこちてしまってせいで、蛇口に無理なダメージが加わって、根元にひびがいったからだと思われる。

 

f:id:einhander1341:20200602061445j:plain

 

中のネジが入ったまま、根元が折れている。

自力での修復は不可能。

 

先程、大家さんに連絡をした。

14時頃に仕事が終わるから、すぐに帰らなくてはいけない。

 

今日は雑念が多くて、不安に押し潰れそうだ。

 

HSPは雑念にとらわれやすいので、仕事に集中できないかも知れない。

 

ブログもおちおち書いてられないですね。

心の切り替えが大事だというのだけど、今、こうして満ち足りてないのだと、色々と不安なのでしょうがない。

 

キータイプも乱れて、遅くなってしまうし、ブログどころじゃない。

 

大きい方をしたあとは、便器掃除用のアルコールを手につけている。

これで手洗いの代わりになったのならば、幸いです。

 

クラシックを聴きながら、ようやく落ち着きを取り戻した。

気が紛れると焦りも薄れるので、助かります。

 

家選びは慎重に。

風水も大事だけど、トイレに棚がないとトイレットペーパーの保存場所も確保しないといけないですね。

 

窓が南向きだから、暖かくて良いのだが、すべての家が吉相とは限らないのですよね。

 

トイレはすべて凶相なので、特に大切にしないといけません。

我が家は鬼門がトイレなので、特にやばいです。

 

トイレ掃除はこまめにやっていますが、汚れがあちこち目立ちます。

 

便器ばかりじゃダメってことですね。

 

最近、部屋が散らかっているので、落ち着かないですね。

まとまった時間が出来る頃には、疲れがどっと出て、何も出来ないのです。

 

他人に決められる時間に縛られると、それだけで疲れてしまいます。

わがままというよりは、HSPが他人に合わせすぎて自分を疎かにしてしまうので、事件が大きくなってから気がつくってパターンが多いのです。

 

収納も増やしましたけど、落ち着けて片づけるスペースが取れません。

環境づくりが大切ですね。

 

せっかくテレビを処分しても、これでは落ち着けないのが玉にキズです。

 

心が落ち着いてきたので、改めてまとめる。

トイレが壊れるのは仕方がないです。

そもそもつっぱり棒に期待した僕がバカでした。

 

100円ショップなどのような安物じゃなくて、ホームセンターで買ったものなんですが、トイレットペーパーの重さって半端じゃありません。

 

実際に買い物に行かれた方は、トイレットペーパーの重さを実感しているはずです。

そんなもんをつっぱり棒で持ち上げること自体、難があります。

 

今日は仕事にゆくけど、不安が増してしょうがないですね。

仕事場にBGMを持ち込むわけには行きませんし。

 

トイレ修理の業者を呼ばずに済めば良いのですが、そればかりは大家さんの判断です。

 

他人に生殺与奪を委ねるのは悔しいけど、時間ばかりはどうすることも出来ません。

 

まぁ、つっぱり棒は今度はトイレットペーパーには使わない。これだけでも成長が見込めましたね。

 

見ていてイライラするので、つっぱり棒は捨てます。

こんなもんのおかげで、不安になるんだったら買わなきゃよかったな。

 

そもそもつっぱり棒がまともに使えた試しがありません。

重さがどれだけ耐えられるのか?トイレットペーパーの重さがどれくらいなのか、そもそも解りません。

12ロールで3kgぐらいはあるんじゃないかと。

 

今からつっぱり棒を捨ててきます。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!