page contents

VividColorDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

元メガテニストが、心霊喫茶 エクストラの秘密 ”The Real Exorcist” を見た感想。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200608060622j:plain

bBearさんによる写真ACからの写真

 

あなたにおはようございます!

朝5時05分起きの雑文作家、十六夜ヒロです。😹

 

昨日はなにかに取り憑かれたように、映画館に向かいましたね。

 

一昨日は体調不良により、何も出来なかったので、これはやばいと思いましたね。

それじゃ、茶番はここまでにして、それでは、本文をお読みくださいませ。

 

幸福の科学さんの映画でした。中庸メガテニストが幸福の科学さんをこう見ている。

 

幸福の科学さんと言えば、社会に迷惑をかけない珍しい新興宗教団体ですが、これだけ世俗に溶け込んでいるのには、うまい理由があったからでしょう。

 

メガテニストとは、熱狂的な女神転生シリーズファンのことで、悪魔の知識については、現在の中二病患者に引けを取らないほどに詳しいものです。

 

幸福の科学さんと言えば、今や大手出版社。大川隆法総裁の説法を文字起こしした書籍などが多数販売されており、今や一部なれども政界に進出しています。(幸福実現党)

 

大川隆法さんがいまいち胡散臭く見えるのは、霊言という手法で、死者や守護神を呼び寄せ、それを説法にまとめたり、日本の仏法と天使をミックスさせたりと色々やっちゃっているので、旧来の宗教信者から見て、怪しいと思えるのです。

 

しかし、メガテニストの僕がこれらを見ても、宗教の洋邦をとわず受け入れられるところを見て、極端にローフルでもなければ、カオティックでもない、ニュートラルな宗教なんじゃないかって誤解していたんだよね。

 

ツッコミどころは満載だが、面白かったね。

ここからネタバレを含みますが、これでも楽しめるはずです。

tfnの番組『天使のモーニングコール』を聴いていたので、これは見ておきたいなと思ったのと、千眼美子さん(旧:清水富美加)のファンでもあったので、今までは『幸福の科学なんて』と思っていたのですが、スピリチュアルにハマっていくうちに、こういうのもありなんじゃなかって思ったのです。

 

もちろん、本当のスピリチュアルは現実主義者です。

 

しかし、悪霊は存在します。

自殺しても、戦争で亡くなっても、執着があれば、成仏できません。

 

死んだことに気が付かなければ、その霊魂はさまようのです。(今回の映画では、地縛霊と悪魔でしたが。)

 

ツッコミどころは、晴明桔梗を『エル・カンターレ』と叫びながら唱えるシーン。

まぁ、正五芒星は(土着の)神の印なので、ここは笑って済ませましょう。

 

次は巫女装束を着て、OR(大川隆法=幸福の科学)ペンダントを付けて最終決戦に挑むシーンがありますが、何だか宗教観ごっちゃ混ぜだなぁ。と笑ってみていました。

 

まぁ、日本にも神仏習合っていう日本古来の神様と仏教の仏様と合体させることがあったので、これも良しとしましょう。

 

ただ、ダガーナイフは今はご法度なのでは?(刃がないから良いのかも知れませんが、ここは風水の七星刀にすれば、よりリアルさが増したんじゃないかな?)

 

ラスボスの悪魔はメレフィスだというので、調べてみました。

メレフィスだと若干オリジナルっぽいですよね。

 

また、こちらのページでは実際に映画で登場した書籍が紹介されています。

www.irhpress.co.jp

 

最初のシーンでは、幻聴が聞こえるというのがあったのだが、ここは宗教に相談ではなく、精神科に相談じゃなかったのかな?

 

ただ、人間は誰しも悪霊になる可能性を秘めているので、日々正しい行いをしないといけませんね。

 

モナコでは受けが良かったこの映画、せっかく映画館が再開したので、観に行ってみてはいかがでしょうか?

配給会社も日活ですし。真面目路線に立ち返って復帰した日活の活躍に期待したいところです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!