つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

ただ、怠惰あるのみ。恐怖だけが真実の残酷な世の中。

f:id:einhander1341:20181004202152j:plain

今日は療養と称して、ライスワークを終えてから、ただクラシックの流れに従って昼寝をしていました。

日頃の疲れが溜まっているのでしょうか?

それとも、偏った食事の栄養不足でしょうか?

ただ、昼寝しないと精神力が持たないのです。

 

兄貴、だらしがないね?(棒読み)

いや、もう何を言われても動かないぞ。

動かないことで何が得られるん?

今、こうしてブログを書いている。しかも寝る前にだ。

眠剤は飲んだの?

今の飲む処だ。あぁ、タイプミスが頻発している。

もう、集中力が無くなっているに。無理せんでもええのに。

プロテインはきちんと飲んでな。

うどんのおつゆが入ってそれか?飲みきれん。(笑)

 

うつが入ったまま、"Here we go."

文字数1000でいいのか?Googleさんよ?

アドセンス的に1000文字は良くないのだが、精神的にこれが限界だ。

頭の中に消しゴムが入ったような状態で、ブログのネタがすぐに消失してしまうのだ。

まして、明後日は台風がやってくるようなので、日曜日に晴れるとはいえ、ケチケチ生活をやっていると人間性が腐る。

 

やはりお金があるに越したことがないのだ。

 

我慢とは仏教用語で、『我に慢ずることで、己の執着にとらわれること』です。

僕は我慢しているのに、他の人が空気を読まない!

それで怒りを感じても他者の課題であり、自分でどうすることもできない。

 

自分を御するのは、やはり自分自身であり、それかなりは自己責任でどうにかするしかないのだ。

Twitterは残酷である。気に入らない相手はブロックすればいいのだから、一度ブロックをしてしまえば、相手に対して、『相手に対して』勝者になれる。勝者は生きていいのだ!

 

敗北者は未来永劫いじめめられるか、無視されるか、自殺しなければならない。

これが残酷な日本社会のシステムだ。

 

まだ野生動物は、食われたら死ぬという『生への執着から解き放たれる』死ぬことで自由になれるのだ。

 

前向きになれるには、『巨万の富がなければ、得られない。』

貧乏じゃ、貧乏という底辺層が日毎の不満をネットでぶちまけている。

 

僕が仕事で前向きになれるようにするようにっは缶コーヒーを買っているのです。

それが市場原理によって、今欲しい栄養素、暖かさ、などが思うようにいかない。

 

冷房に効いている部屋で冷たいお茶を飲んでしまったら体が萎縮してうまい頃体が動かせない。

 

しかし、度々襲われる猛暑では、冷たい飲料が売れるのが市場原理だ。

 

僕たちがそれに合わせて生きるしかない。

 

それにお金を使っていることで、『僕が生きているという実感が得られる。』

ケチケチして水筒にお茶をいれると『貧乏をやっている=人生の最底辺を生きている=死ねばいい。』になる。

 

僕が体調不良の時は、ヘッドフォンをつけようかとおもている。イヤホンだと自転車通勤でこけて一生傷を作った過去があるから、それは避けたい。

 

 こういう、マークが浸透して、弱者に優しい社会になるといいな。

 

しかし、自民党政権で生活保護世帯の67%の支給額を減らすという報道がされた。

しかも、世の中には『道徳自警団』という弱いものいじめをする『正義の味方』が蔓延している。

 

この息苦しさは、魔女狩りに似ている。

特に精神疾患を持っている人や中二病患者は叩かれる。

まだ中二病患者はいい。実年齢が学生なのだから。若気の至りですむ。

 

もし世の中を良くしようと思ったら、物価を上げずに、給料を上げるしかないのです。

これができないから、暗黒時代は再びやってくる。

 

あまりにも腹が立ってきたので、プロテインと納豆を食べて寝ることにする。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

マシュマロ質問は略します。

 

もしよろしければ、Twitterかはてブ、LINEで拡散していただけると非常に慰めになります。

 

過去記事は載せません。