page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

弁当男子、Nintendo Switch買ったぞぉぉぉぉ~~!

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200818060454j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時38分起きの占い師で電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

昨日は暇が出来たので、新しい弁当箱を買って、作り置きおかずを作りましたね。

 

まとまった時間ができると、やることが自然と出来上がります。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

弁当男子復活する。

 

f:id:einhander1341:20200818060826j:plain

名状しがたき料理が出来ました。

名前の付き様がありません。

名前のない料理を作ってしまう辺り、雑なのかもしれません。

 

はい、毎日弁当を390円で注文していましたが、その弁当には、必ず揚げ物がついてきます。

 

揚げ物は、弁当屋にとって調理時間が短縮できるので、手っ取り早いのですが、いかんせん、健康に悪いのです。

 

そこで、食事の質を高めるべく、弁当男子に戻りました。

ただ、集中力の維持のために、量は減らしたいので、500mlの2段重ね弁当箱を買いましたね。

 

色は食欲が減退する青色を選びました。

これです。

f:id:einhander1341:20200818061528j:plain

2段重ねのにくいやつ。

箸入れはカチャカチャ音がならないシリコン製のストッパー付きです。

 

毎日弁当箱を洗うというルーティンが出来上がってしまったが、洗う時間はあるので、これを買ってよかったと思っています。

 

汁物がこぼれにくいパッキン付きで、まぁ、汁物はあまり作りませんが、おかず入れのスペースがこんなに空いているんですよね。

 

そして、時間がまだあるので、米茄子と切り干し大根でハーブ塩炒め、醤油の香り付けを作りました。

 

f:id:einhander1341:20200818061913j:plain

米茄子があまりのも大きかったので、加熱に時間がかかりましたね。

 

弁当にはこれとスクランブルエッグか、ゆで卵とミニトマトを入れたいと思います。

 

緑色が不足していますが、これも愛嬌でしょう。

 

さぁ、今日から弁当男子復帰です。

 

一日390円の弁当を一ヶ月22日間注文したら、8,580円の天引きとなります。

先月は、これで痛い目を見ました。

仮におかずに使った金額が一週間1,500円かかったとして、一週間5日間で300円。

お米が1食27円かかると計算して、卵が一個21円かかると計算する。

300+27+21=348円ぐらいになります。

 

細かい計算は今回は省きますが、390円から348円差し引いて、42円のお得になります。

 

弁当箱と箸入れが1,629円(税込み)したので、390円を割ったら、4.17692308≒5日間で元が取れる計算になります。

 

先程の42円で計算したら、38.7857143≒39日で元が取れる計算になるので、1.7ヶ月かかる計算になります。

 

これから弁当を作ってゆけば、元値が取れるので、活用してゆきたいと思います。

 

ついに数年ぶりにゲーム機を購入。PS3以来、Nintendo Switchを買う。

我がブログ仲間のあるふぃーるさんが、『Amazonだったら、火曜日に仕入れるよ。すぐに売り切れるけど。』とツイートしたので、早速Amazonでポチッとしました。

 

43,000円という高価だったが、転売屋じゃなくて、れっきとしたお店でしたね。

 

コントローラーはグレイ。シブいやつを買いました。そこはこだわります。

 

最後の1個だったので、取り急ぎましたね。

 

PS2で真・女神転生IIIをやったけど、プレスターンバトルに馴染めなくて、挫折してしまったんですよね。

 

今だったら、できそうな気がします。

真・女神転生IVの出来はいまいちだそうなので、YouTubeで観ています。

 

3DSを買わなくてよかったと思っています。

 

www.alkanet-books.com

 

Nintendo Switchが高騰化していますが、これを逃したらいつ買えるのか、わからないので先行投資として、買うことにします。

あくまで娯楽だけど、暇な時間を潰すにはいいでしょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!