page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

自分との約束を破っていませんか?

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200917061422p:plain

あなたにおはようございます!

朝5時15分起きの電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

9月に入ってから、電子書籍の方ですが、全然進んでいません。

レジュメを書いたことは書いたんですが、それからツリーが進まず、亀の歩み状態です。

 

そろそろ本気を入れないといけませんが、ライスワークがある以上、なかなか気力が湧いてきません。

 

ライスワークがあるだけでもありがたいのですが、僕はいかんせん、このままでは満足しないのでついついお金を使ってしまいます。

 

節約モードに入っても、来年の手帳を手にしたり、五星三心占いの本を手にしたりと、色々先行投資をしてしまいます。

 

浪費になるような買い物はやっていませんが、これでも資金難になっていることは確かです。

 

あなたは自分との約束を破っていませんか?

 

自分との約束を破ると気持ちが悪いものです。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

自分との約束を破っていませんか?

僕が今月期の目標としているものは…。

  • 1ヶ月に20本以上のブログ記事を書くこと。(正確にはブログにログインする。)
  • 電子書籍のゲラ(下書き)を完成させること。

前者は順調に進んでいますが、後者が全然かなっていないのです。

 

今日は朝散歩をサボっています。

理由は朝起きるのが遅かったため、ブログを書く時間を捻出したかったからです。

 

自然の音を聞きながら、ブログを書いていますが、夕方にブログを書いている人たちほどはてなスターを集めていません。

 

僕は気持ち悪いながらも、自分との約束を破っているように感じます

 

他人との約束は、破ってしまえば、ごめんと謝れば良いんですが、自分との約束を破ってしまうと後味が悪いのです。

 

アウトプットが出来ないならば、インプットするしか無い。

アウトプットの方向が間違えている可能性だってあります。

 

正しいアウトプットが出来なければ、正しいアウトプットをするまでに、間違ったアウトプットをしてスキマを作る必要があります。

 

 

今日は5時15分起きという朝寝坊です。

インプットする時間があります。総勢1時間の読書時間だったら、ある程度はインプットできます。

 

鈴鹿の現場に向かう車中では、紙の書籍だったら自由に読めますので、これをインプットの時間に当てています。

 

もし、脳内にいろんなことが浮かんできたら、それを片っ端から書き続けなければなりません。

 

忘れるという安心感がなければ、新しいことを覚えることが出来ないからです。

 

Nintendo Switchと言うインプットに溺れていないか?

ゲームは、アウトプットとインプット両方の側面を持っています。

経験を得ようとするのは、インプット。

行動で示すのはアウトプット。

 

ただ、このビデオゲームというのは、インプットとアウトプットの境界が曖昧なのです。

 

だから脳が疲れてしまうと、何もできなくなる。

 

特にあつまれどうぶつの森は、時間泥棒とも言うべき側面を持っていて、毎日やってしまう仕掛けが満載です。

 

あつまれ どうぶつの森 -Switch

あつまれ どうぶつの森 -Switch

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: Video Game
 

 

ただ、新しいことをこれから経験するのは、インプットの側面です。

 

脳内に溜まったゴミを追い出すには、アウトプットをしてスッキリさせるしかありません。

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

 

 

インプット中毒になっていないか?アウトプットの時間を割いていないか?

僕は最近、インプットばかりではいけないと思い、アウトプットをできるだけやっているようにしています。

 

鈴鹿の現場に向かう車中で、ノートブックを開いてレジュメを書き足していますし、ブログだって、できるだけ書ける時には書こうと思っています。

 

しかし、ゼロから書くのは、しんどい。

 

書くのがしんどい

書くのがしんどい

  • 作者:竹村 俊助
  • 発売日: 2020/07/30
  • メディア: Kindle版
 

 

書くのではなく、伝えることを目標とすれば良いのではないかと、この本は語っています。

 

竹村さんは編集者なので、ゼロからイチを足すことについてはさすがプロです。

 

編集者スピリットを持てば良いのか。

改めて、ゼロに戻った気分です。

 

そして、最近読んでいるのがこれ。

 

 

効率よく時間を使いたいので、勉強法から見直すことにしたのです。

特に知識のチャンク化については目からウロコでした。

 

ランダムにすれば、それだけ脳が活性化する。

本を順番に読むだけが能ではありません。

 

本の読み方を改めて変えてくれましたね。

今日もこの本を持って、鈴鹿の現場に向かう車中まで読み続けたいと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!