page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

やり直しが効くうちが華なのだよ。今日は予定が入っているので、上手く利用しよう。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200728061259j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時45分起きの占い師で電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

2年ぶりに自分の電子書籍を読んだら、色んな所で、あらが見える。

 

誤字脱字もまだあったし、内容が足りない。

 

これで700円と強気な設定をしたのが恥ずかしい限りです。

 

Kindle Unlimitedで読んでほしかったから、その設定にしたんだけど、それでも入ってくるのは20円だからね。

 

これから電子書籍を書きたいのですが、今度はライバルが良い本を出しているので、これに負けないように差別化を図らないといけないのです。

 

流石に不動産投資と太陽光発電システムの投資は僕には難しいかな?

 

僕の電子書籍の宣伝です。

 

ラジオdeメールの読まれ方。

売れています。Kindle Unlimited会員だったら無料で読めます。

 

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

電子書籍執筆、未だ進まず。

電子書籍の執筆が未だに進んでいません。

今日は16時から、軽自動車の車検見積もりです。

仕事が終わってからすぐに帰れないのが、残念なところです。

 

チャットで対応できるように、iPhone用のワイヤレスキーボードを持ってゆきたいと思います。

 

もしかしたら、電子書籍の執筆がこれで進むかも知れませんし。

持っていって正解かも知れません。

 

 これはかなり前からお世話になっています。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 

プロが認めたその書き味。

 

タロットカード練習会でもその実力は発揮しています。

 

さて、電子書籍の執筆ですが、進んでいません。

原因は、時間のとり方が下手だってこと。

 

ついついTwitterとYouTubeに夢中になってしまい、時間が取られてしまうのです。

 

これは危機的状況なので、そろそろ時間の使い方を考えないといけませんね。

 

今日は予定が入っているので、その時間に何とか出来ないか模索しています。

 

電子書籍を読むことだって出来ますし、メモをとることだって出来ます。

 

そのスキマ時間を使ってなにか出来ないか、考えることにしました。

 

www.alkanet-books.com

 

実際に朝4時に起きたって、45分間も2度寝しているのだから、45分は無駄遣いってことになります。

 

45分もあれば、2,000文字のブログが書けます。

 

生産性の向上に努めたいと思いますね。

PCのキーボードが時々引っかかる。

PCのキーボードを使っていて、時々引っかかるんです。

Aがロックされて、ああああ…と文字が打たれたりして、ストレスを感じます。

 

使い始めの頃は、そんな事がなかったのですが、潤滑油が必要なのでしょうか?

 

そもそもホコリが溜まっているから油分が引っかかって、キーが止まるなんてことになるんだろうか。

 

高いキーボードだけに、残念さを感じます。

 

アルカネットブックス創立2周年記念になにかしたいと思っていましたが、それもままなりません。

 

ブログを書くときだって、キーボードが引っかかって、時々止まってしまいます。

 

これでイライラしたりもして、大変なのです。

ハードパンチャーでもありませんので、キーボードが壊れるまで使いたいと思っていても、少しもったいないです。

 

USキーボードでなにか快適なものって何かないでしょうかねぇ。

 

はてなブログのAmazon商品紹介のサービスでも、JISキーボードばかりが表示されます。

 

確かに日本人はJISっていうのが常識なんだけど、僕はローマ字入力でやっているので、かなの刻印が邪魔で仕方ないのです。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 

キーボードを見ながらだと、USキーボードはシンプルなので、余計なところに目が行かなくて済みますし、ブラインドタッチだってやりやすいのです。

 

 これ以外は、メリットのほうが大きいので、僕は断然USキーボードを選びます。

 

朝のブログはここまでにしておきましょう。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!