page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

アンガーな朝2時50分起きの十六夜ヒロ。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200903061601p:plain

あなたにおはようございます!

朝2時50分起きの電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

眠れなくて怒っています。

 

誰も悪くありませんが、白黒はっきり着けたい性格なので、僕が悪いと認めたくないのに、僕が悪いんだろ?と言いたげな感じです。

 

せっかくキーボードを買い替えたのに、楽しい気分が眠って起きたら一気に吹き飛びました。

 

今は、インドのラベンダー香を焚きながらリラックスしようと努めています。

 

ちょうど低気圧で、身体の調子も悪くなっており、イライラします。

 

モンスターエナジードリンクを飲んで、色々対策を練っております。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

怒りは徐々に静まり返っております。

YouTubeでリラックスミュージックをかけながら、ラベンダー香を嗅ぎながらブログを書いております。

 

気が紛れると、怒りも静まり返っております。

 

怒りの原因は寝不足ですが、昨日は、19時に眠りました。

Apple Watchもつけていませんので、睡眠モニターも作動せず、睡眠負債も溜まっております。

 

一昨日は突然の腹痛で目が覚めました。

 

トイレに駆け込んで、用を足したからこれで済んだものの、怒りで眠れませんでした。

 

昨日は仕事をしましたが、体調不良で仕事になりませんでした。

 

そして、荷物の受け取りで、寝るわけにも行かず、受け取りまで起きていました。

 

アベマTVのしくじり先生を見て、SEGAさんを笑っていましたが、これがなければ、イライラしっぱなしでしたね。

 

今日も体調が悪いので、しばらく様子を見ます。

 

新しいキーボードが手に入った。

 

 

昨日はこれが届きましたね。

シリコン製のキーボードカバーまで付いていましたので、ホコリが入らず、清潔さが保てます。

しかも、キーボードは充電式なので、電池が必要ありません。

 

前に使っていたキーボードは部屋の温度が暖まりすぎて、母音キーが変形してしまったので、引っかかって不快でしたね。

 

今度は、キーの高さが低いので、変形の心配はないかもしれません。

 

バッテリー寿命さえ心配しなければ、長く持つはずです。

 

省エネ設計なので、キーボードを使わない時は節電しますし、快適なことこの上ないです。

 

キーボードに慣れさえすれば、こんなに快適なタイピングが約束されます。

 

Amazonアカウントを作って正解でしたね。

ただ、今年から、中国のサクラレビューが排除されたので、セキュリティは格段と向上したと思います。

 

中国からの不正アクセスさえなければ、万全なんですがね。

 

こればっかりはごねても仕方がないでしょうね。

 

怒りが完全にしずんだところで、どうしようかな?

怒りって、思うように行かないストレスから生じる一時的な感情なので、アンガーマネジメントさえやっておけば、すぐに静まります。

 

深呼吸をやって5秒。

他のことで気を紛らわせて、注意を反らせれば、大したことがありません。

 

あとは、紙に書いてなぐり書きすれば、治まります。

 

自分の好きなことをしていれば、だいたい治まります。

 

ライスワークの会社に行くことが出来るようになりましたね。

 

モノで溢れかえっている日常に埋没している現実。

最近、モノが増えたように思えます。

 

改めて、使えなくなったものは捨てないといけませんね。

 

壊れたキーボードは金属ゴミだから、木曜日か。

 

そう考えると今が丁度いいタイミングなのかもしれませんね。

 

そして、ワイヤレスイヤホンの袋の留め紐の先が壊れてしまいました。

踏んづけてしまったのが原因です。

 

少し部屋が散らかりすぎているので、掃除が必要ですね。

 

先日のまとまった時間に真・女神転生をやりまくって現実逃避をしてしまったので、そこから反省しないといけません。

 

動線がマットレスのズレで狭まり返っているので、これをなんとかしないといけません。

 

マットレスのズレは一瞬で直ります。

 

いかに怠惰であったか、物語っております。

 

ライスワークが邪魔で邪魔で仕方ありませんが、それを辞めてしまえば、収入源が絶たれるのも無理はないです。

 

今日は体調が悪いので、このへんで失礼します。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!