つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

考えがまとまらない時に。

f:id:einhander1341:20180910053040j:plain

色々な考えがぐるぐる交差する。

おはようございます。朝4時作家の十六夜ヒロです。

喧嘩別れした友達のことや、昨日食べた秋刀魚のことや、借金のことや、色々なことが頭をよぎってくるのだよ。

統合失調症患者は誰よりも早く死ぬべきか?なんてことを考える。

生きているだけでごめんなさいなワケだ。

何度でも言ってる通り『128%以上の成功で、健常者の0%の成功だ。』と言っている。

それだけ、ハンディキャップを得ているのだ。

今日は台詞のやり取りを休止します。

 

それじゃ、"Here we go~!"

抑うつ状態につき、現在不調です。

ここでブログを書くのを中止して、砂糖入り缶コーヒーを飲む。

(中断)

 

緑茶がダメなワケじゃないが、抑うつ状態のときには、砂糖入り缶コーヒーを飲むと落ち着く。

 

現在の主治医があまり時間に融通が利かないので、急に具合が悪くなっても問診ができない。

ただ、調子が悪い時は耐えるしかないのだ。

 

障がい者を指す”gifted”が日本で浸透しないワケ。

欧米では障がい者のことを”gifted”と呼ぶみたいだ。

”gifted”とは、『神様から特別な試練を与えられた者』という意味だ。

しかし、日本では僕を含めて彼らのことを『障がい者』と呼ぶ。それだけでマイナスでネガティブなイメージだ。

その背景には、宗教観の違いがあるでしょうね?

 

欧米(ユダヤ教、キリスト教)の神”GOD”=Y.H.V.H.は、ご利益を与える者じゃなく、試練をふっかけてくる者だ。

つまり、身の回りの困難な出来事は、試練として受け止める。これがキリスト教の世界観だ。

 

一方、日本の神道や仏教の神様は『ご利益』を授ける者です。(天照大神や邪神をのぞく)

つまり、日本で”gifted”と呼べば、健常者より優遇されるなんて、ずるいじゃないか!という差別感情が現れる。

だから『障がい者』というネガティブなイメージで、自分(健常者)よりも下の身分として、見下げる。

 

某24時間テレビでは『障害者が健常者に成し得ないチャレンジをして感動を得る』という偽善をやっている。まさに昭和〜平成の見世物小屋のごときである。

ここには、『身体が不自由なのにご苦労なこった!』という、同情と憐れみの感情で見ている他ならない。

 

それだけじゃない。某24時間テレビでは『精神障がい者』はなかったことにされている。

 

それゆえ、車椅子の者には親切に押してあげても、うつ病の人には『甘えるな!この世は、努力・友情・勝利だ!』と言って、言葉のムチを叩く!

 

統合失調症には、『これだから糖質(統失)はこうだ!』という精神攻撃が日常に溢れる。

攻撃した人は『これで正義は守られた!(Monster is Defeated!)』といい気分になるだろうが、日本には人権を守る法律がないので、やりたい放題だ。

 

これもこの本に書かれている通り、本来討つべき『巨悪』(例えば、企業優先で庶民を苦しめる与党やツッコミばかりで代替え案を提案しない野党など政治家、裁判が長引いて困難なオウム真理教などの巨悪犯)は裁くのが難しいから、手軽に手っ取り早く制裁を下せる弱者を叩くのである。

「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす (イースト新書)

「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす (イースト新書)

 

今の日本は、中世ヨーロッパの魔女狩りが流行っている。と言っても過言ではない。

 

結局のところ、障がい者自身が健常者より強くなって生きる他に道がないのです。

これも、与党が企業優先の政治を行なっているため、経済の成長が見られないために、それぞれが困窮しているからだろう。

 

僕のTwitter相互フォローでインドネシアから日本を攻撃しているアカウントもあるぐらいだ。

 

僕が両親をすでに亡くし、英語が堪能であったならば、経済発展が著しいオーストラリアに移住してもよかったんじゃないかって思うほどだ。

 

まぁ、両親のせいにしてもしょうがないのですがね?(笑)

愚痴はこの辺にして、今と明日のことについて語ろう。

僕は最近、ラジオを聴くのが苦痛になってきた。

特に朝の情報番組クロノス(TOKYOFM)やEVENING COASTER(FM三重)のニュースを聞くと発狂しかねない。

 

そう言った点では、yahoo!ニュースや日経ウェブで見たいニュースだけを選べば自由なのかもしれない。

 

静寂こそ落ち着けるのかもしれないですね?

もちろん、『三菱自動車 ピートのふしぎなガレージ』(TOKYOFM)などのような、完全娯楽は聴くに耐えられる。

あの番組も、もう直ぐ最終回だという噂が…。

 

今年9月の改編期は、僕がFM三重のヘヴィリスナーを辞める宣言をするぐらいだから、相当の変化があったに違いない。 

www.alkanet-books.com

 

それに、事後報告となりましたが、僕自身とブログのマスコットキャラクター、アルカネットちゃんの後任絵師が決まりそうです。

 

変化に富んだ秋ですが、これからもこのブログをお見捨てなき様、心より願うばかりです。

 

(追記)

ブログをより解りやすくする為に、タイトルを変えました。

『つらい時こそ笑顔で。』

今まで通りよろしくお願いいたします。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

マシュマロ質問受け付けています。お気軽にどうぞ。

marshmallow-qa.com

もしよろしければ、Twitterかはてブ、LINEで拡散していただけると非常に励みになります!

 

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!