つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

ランニングシューズを買った!走る作家になった!

(2018年9月6日 更新)

f:id:einhander1341:20180827053231j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時作家の十六夜ヒロです。昨日は大変お見苦しいところをお見せいたしました。

 

スポーツはいろいろあるけど、なんでランニングなん?

ランニングの対戦相手は過去の自分以上。それにシューズとウェアさえあれば、いつでも始められるのが強みだね。

筋トレの目的もシフトしたみたいやし、これからが楽しみやん。

村上春樹さんの影響が特に強いかな?村上RADIOを聴いた後、『走ることについて語るときに僕の語ること』を読んでランニングをやってみようかと思ったんだ。

まして、大会に出るなんて正気の沙汰じゃないやん。

ランナーズハイを体験してしまった時に、ランナーの気持ちがようやく理解できた気がする。

怪我せんといてや。

任せておけ!

 

それじゃ、"Here we go~!"

きっかけはお伊勢さんマラソン大会に出られなかったことだった。

お伊勢さんマラソンは、ランナーをおたくに例えたら、コミケみたいな聖地だ。

募集開始1時間でサーバーはダウン。5kmの募集人員はすぐに満杯になった。

悔しいのでウォーキング6kmに参加することになったが、これの一週間前に『忍者の里 伊賀シティマラソン』の5kmがまだ募集していたので、これに参加することになった。

 

常に挑戦し続けないと枯れてしまうから。

僕は前に進みたいだけだった。

 

気がついたら、アスリートになっていた。

 

アスリート達のオンラインサロンにいたせいでもあるかもしれない。

筋トレだけじゃ物足りないのです。

 

しかし、元はと言えば、物書きに必要なのは体力(集中力)であることを実感したので、筋トレを始めた次第です。

 

2kmのランニングで息が上がるけど、実際に走ってみればわかるかと思う。

 

トレッドミル(ランニングマシン)で4km以上30分走るのと、アスファルトの上で2km走るのとでは、勝手が違う。

 

これに気がついて、走ることが面白くって仕方がないのですよ。

 

 村上春樹さんの走ることについてはこれを読めばわかるかと思います。

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 

アテネ〜マラトンの40kmマラソンやウルトラマラソン(100kmマラソン)、そして、トライアスロンなどストイックに身体を鍛える村上春樹さんの生き様が語られるので、これは必読の書です。

 

アシックス ゲルカヤノシューズを買った!

アスファルト対策にランニングシューズがあることを知って、アシックス ゲルカヤノシューズを買った。

 

しかし、ネットで靴を買うのは実にハイリスキーである。

過去にアンド1のバッシュ(バスケットボールシューズ)を買った時に、1cm長めのサイズを買うように勧められた。

 

これが効いたのか、実にぴったりであった。(サイズは 26.5cmでした。)

 

靴はできればリアル店舗で買って欲しい。

しかし、ネットで買えば安く手に入れることができる。

 

買ったのは、これです。 

色違いですが、気に入ったのでポチッとな!

1年前のカラーリングでこんなに安くなります。

 

定価11000円が6980円でしたね?

 

参考になったブログはこれです。Twitter相互フォローのMogOhさんです。

mogoh.net

初心者はソールの厚い靴を履いて足首を守る必要があります。

これがアスファルト対策にもなります。

 

f:id:einhander1341:20180827061132j:plain

 

実際に走ってみると解る事ですが、ステップして前進した足を受け止めて作用、そして、アスファルトの地面から受ける反作用により、足はかなりの負荷を受けます。

 

だから走るのがしんどい前に、足が痛くなります。

 

バッシュは瞬発力を増進して、グリップ力を強めて、防御力を上げるためにシューズが重くなっています。

 

ランニングシューズは走ることに特化した為、シューズが軽くてソールが厚く、バネがいいです。

 

実際に走ってみたら解りますが、足の痛みは特に感じませんでしたね?

あれは猛暑がまだ残る午後4時半に、足に馴染ませるためにウォーキングに出かけたのです。

 

汗はダラダラ流れるし、息は切れ切れになり、死ぬかと思いましたね。

 

ランニング練習は早朝にやっておくべきでした。(笑)

あとがきに代えて。

気がつけば、アスリートになっていました。

 

たった5kmでしょうか?いや、初心者が最初にぶち当たる壁が5kmなのです。

これを40分以内に完走しないといけません。

 

調子のいい時で時速8km以上キープです。僕はまだ時速6kmが限界です。

 

ジムをJoYFiTに変えてから、運動する時間に不自由することがなくなりました。

自宅か職場近くのジムは本当にオススメです。

 

時間はお金を払ってでも買うことができません。

 

僕は幸い、時間に余裕がありますので、あとはない体力を絞り出すことから始めないといけません。

 

酸素供給量を増やすことが第一です。

こればかりは心肺機能を上げるしかないのです。

 

面白いことが起きました。

僕は今、ワクワクしています!

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

マシュマロ質問受け付けています。お気軽にどうぞ。

marshmallow-qa.com

電子書籍出しました!よかったら読んでください。Kindle Unlimitedだったらタダで読めます。

 

もしよろしければ、Twitterかはてブ、facebookかLINEで拡散して頂けると嬉しいです!

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!ごきげんよう!