page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

PlayStation5転売に注意。今こそNintendo Switchをおすすめする理由。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200919064505p:plain

あなたにおはようございます!

夜1時56分起きの電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

PlayStation5がいよいよ売られますね。

HIKAKINさんクラスのYouTuberになると、50万円の転売価格でも元手が取れるのですが、一般人は手を出さないほうがいいでしょう。

 

今こそ、Nintendo Switchを買うチャンスなのです。

 

せどりという耳障りのいい言葉があるけど、転売はあくまで転売。

 

自由な市場があるからいいのだという転売ヤーの言い分があるかもしれませんが、僕は転売が許せません。

 

50万円で売りつけて、間違ってキャンセルしたら迷惑料として、5万円請求。

ふざけるなよと言いたいです。

 

転売屋の自由を許すな!

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

PlayStation新型の初期ロットは、初期不良がデフォ。

新型PlayStationの初期ロットは、不具合が出ることで有名です。

もちろん、新型PlayStation2の頃からそれは言われていました。

 

だから、後期モデルが出るまで待ちましょうというのが、僕の言い分です。

 

しかし、YouTubeがここまで進んだ実情もあってか、ゲーム実況で一番乗りをするために、我も我もと、一番乗りを目指しているのが見えてきます。

 

HIKAKINさんクラスのYouTuberだったら、50万円は端金ですが、一般人は手を出すべきではありません。

 

それにゲーム実況は著作権上の制限があって、そのまま載せるわけには行きません。

 

ネタバレをしたら、動画削除や裁判で訴えられる可能性だってあるのです。

 

初期不良をネタにする勇気があることは結構なことですが、僕はおすすめできません。

 

PlayStation5はPlayStation4の上位モデル。

今回のPlayStation5は何が注目されているのかというと、PlayStation4の資産がそのまま使えるってことです。

 

これにより、需要が爆発して、どこもかしこもPlayStation4の人気は爆発しています。

 

しかし、冷静に考えてくださいませ。

 

PlayStation5専用ソフトって何がありますか?

僕は聴いたことがありません。

 

だったら、PlayStation4でもいいじゃないと思うのです。

 

むしろ、僕は今こそ、Nintendo Switchをおすすめしたいのですが、それは人それぞれの好き好きがあるのかもしれません。

 

 

Nintendo SwitchにもZゲームはある。

Zゲームとは、18歳未満購入禁止の大人向けソフトです。

過去のPlayStationだったら、お姉チャンバラZなどが知られます。

 

Nintendo Switchはそのへんに対して寛容になっており、Nintendo Switchは子供向けに限らないってイメージが有るのです。

 

確かに、あつまれどうぶつの森は全年齢向けですが、Nintendo SwitchにもZゲームはあるのです。

 


【R18】おとなのスイッチ おすすめ Nintendo Switch ゲーム5選【SWITCH】

 

Nintendo Switchが安定供給される頃には、様々なゲームが出ているので、それに飛びついたほうが安心です。

 

Nintendo Switchは43,000円で買った。安定供給間違い無し。

僕はNintendo Switchを43,000円で買いましたが、Amazonさんを毎日覗いてみると、買うチャンスがやってきます。

 

べらぼうに転売する勢力も収まってきますので、転売厨はPlayStation5に移りつつあります。

 

 

Switch Liteを買うという手もありますが、拡張性を取ったら、Liteはおすすめできません。

僕もPCのモニターで、共有しています。

 

 

そこまでしてきれいな画面にこだわりますか?

2480×1900モニターでも十分美しい画面が見られます。

 

 現状持っているテレビは4K画質なので、これで十分なのです。

テレビは無理やり持つ必要はありません。

 

さぁ、今こそNintendo Switchを手に入れて最新ゲームをやろうじゃありませんか。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!