page contents

VividColorDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

オラクルカードにハマっています。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200611065956j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時10分起きの雑文作家、十六夜ヒロです。😹

 

伊賀市から、羅威堂さんの有香さんの手作りオルゴナイト風ダウンジング用ペンダントが届きます。

www.mercari.com

 

これから、占い師修行を始めようかと思います。

 

ココナラを見ていると、プロが激安で鑑定をやっているが、誰もがゲッターズ飯田さんのようになれるわけではないのでしょうね。

 

ゲッターズ飯田さんは6万人を無料で占ったけど、本の印税があるから喰って行けるので、あとはテレビ出演でやっているし、無敵じゃないかと。

 

今日使ったのは、龍神カードミニです。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

鑑定結果は『これから奇跡が起きるから、情熱に向かって進め。』

占いの鑑定結果は、現在が瑞龍さま、過去が白龍さま、未来が火龍さまでした。

 

過去に起こってしまったものが変化が起きてしまって仕方がないので、現在はこれから奇跡が起きるであろうから、未来は、情熱に向かって進め。

 

となりました。

 

f:id:einhander1341:20200611064616j:plain

 

過去は多分、新型コロナウィルスの影響による、Googleコア・アップデートでブロガーの収益が途絶えたことによる、戒めだと思っています。

 

現在は、これから奇跡が起きるであろうから、それが何なのかは解りませんが、奇縁は感じます。

 

未来は情熱に向かって進め。とありますので、やりたいことがこれから見つかるのでしょうね。

 

これがたまたま占いだったのかも知れません。

 

名古屋の仲間では、占いが広がっている。

旅BARで出会った、ちこりさんは星占いを通じてYouTube発信を行っています。

そしてひなたさんも占い師でもあります。

 

占いに縁がなかったわけではありません。

中二病の高校生時代は、タロットカードにハマっていたし、僕も今でも、占いコーナーをしょっちゅう見ます。

 

占いってきくと、女性が受けるイメージがありますので、男性向け占いが少ないのが現状です。

FM三重さんのPOMie(ポミー)でよく聞く星占いのコーナーなども、女性的な答えが頻繁に出てきます。

『今日のラッキーカラーはベビーピンク』

 

…うち、男なんですけど。ピンクは恥ずかしくってね。(笑)

 

ダウジングもオカルト雑誌ムーで覚えましたし、中二病時代の遺産がここで役に立つとは思いもしませんでしたね。

 

そこで、ココナラで占いのコーナーを見ていたのですが、10年選手が1,000円で占っている。

まぁ、僕は修行価格でもっと安く出しますけど。

 

今、気になっているオラクルカードがあるんだ。

今、気になっているオラクルカードがあるんです。 

八百万の神オラクルカード

八百万の神オラクルカード

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

日本の神様、特に古事記に登場する神様が主役なんですけど、和御魂(にぎみたま、穏やかな神様の良い側面。)、荒御魂(あらみたま、神様の激しい側面。)がタロットカードの正逆位置に相当して、様々な答えが返ってきました。

 

実は、Facebookをやっている時に、毎日これで占っていました。

ワンオラクルですが、課題ごとに1日一枚占えたので、大変お世話になっていました。

 

Facebookを辞めた時に占えなくなったので、それから離れていました。

楽天さんでは売っていないので、Amazonアカウントを復活させようとしたが、すでに閉鎖したアカウントを復帰させることが出来ないので、Amazonに電話をかけて、なんとか携帯のメールアドレスで、新規登録をしましたね。

 

 

それまでは、Amazonのセキュリティはザルだったので、中国のクラッカーにいいようにやられていましたね。

 

そして、Amazonレビューも日本国内のみの表示になってきて、中国サクラを排除してきています。

 

www.alkanet-books.com

 

www.alkanet-books.com

 

 

もっと早くセキュリティをしっかりしていれば、こんな悲劇を踏まなくて済んだんですがね。

 

まぁ、携帯電話にメールアドレスがあってよかったです。

 

即決でポチッとしました!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、Noteなどでも拡散していただければ、僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!