page contents

つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する副業起業家をめざすブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

【ブロガー連動企画】2018年ソングランキング俺的ベスト5 #bmusic

f:id:einhander1341:20190106064047j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時作家の十六夜ヒロと音楽と共に生活を!なアルカネットです。

 

ていないさん(id:jikobukken)が面白い企画を持ってきてくださったので、僕もそれに便乗しようと思います。

 

www.teinai.work

 

音楽といっても、別に今の音楽やなくてもてええんやに。

ただし、『ソング』がついている以上、歌っている曲に縛られるから、あの3曲を除いて、選ぶのに苦労したぞ。

 

去年はB*BYMETALでYU*METALが脱退したし、いろんな意味で大変な年だった。

逆にいいこともあったんやな?

 

僕から見て、去年2018年は男性陣が特に活躍した年だったと考えている。

女性も色々頑張ってるんやに。

 

まぁ、某局の紅白だって白組が勝ったって話だしな。まぁ元々、僕はテレビを持っていないので、音楽のメインストリームは常にラジオだ。

 

僕は普段、いろんな曲を聴くからなぁ。本気で迷った。しかし、迷いは捨てた。他の人と被っても仕方がないと思っている。

被った曲は大抵ヒット曲やに。

それに著作権の都合上、YouTubeで聴けなくなった歌もあるから、それは除外しておいた。

まぁ、Moi dix Moisなんて誰も知らないし、お世辞にも今は旬を逃しているからやん。

あとは、ラヴィ・シャンカールは歌ってはいるが、あくまでシタール奏者という位置付けなので、これも除外した。

あと、オペラ(歌劇)も一般の読者にはわかりにくいだろうってことで除外しておいた。いずれ、#cmusicあたりでブロガー連動企画ができたら幸いだ。

そうそう、そうなるとワグナーは真っ先に除外されるんやに。

個人的に『ワルキューレの騎行』は載せたかったんだけどなぁ。

まぁ、それは別の機会においておきましょに!

 

それじゃ、本文行ってみよう。"Here we go~!"

 

第5位 欅坂46 ガラスを割れ!

 


欅坂46「ガラスを割れ!」2018-12-31

 

オフィシャルはすでに閉じているようなので、別の動画から参照。

歌詞が衝撃的で、秋元康節がここでも炸裂しているように感じられる。

歌っている最中は笑わないアイドルとして有名になった欅坂46(けやき坂46)。

俺的ベスト5唯一の女性陣だ。

 

第4位 星野源 ドラえもん


星野源 - ドラえもん【MV & Trailer】/ Gen Hoshino - Doraemon

 

全てが星野源さんが描いたにも関わらず、故・藤子・F・不二雄の世界観を完全に再現した曲で、映画のために書き下ろされたのに、もう、いつものオープニング蹴飛ばしてもいいぐらいに出来上がっている。

 

歌詞に隠れた登場人物の名前に思わずニヤリとしただろう。

 

どどどどどどどどど、ドラえもんはインパクト大です!

とってもキャッチーです!

 

第3位 DA PUMP U.S.A.


DA PUMP / U.S.A.

 

これは定番中の定番ですね?

DA PUMPについては詳しくは知らないので、何とも言えませんが、詳しいことはていないさんが語っていますので、その辺に譲ることにして。

 

最近のDA PUMPって後期のQUEEN(フレディがヒゲ男になった頃といえば解りやすいかも。)に似ていると思うんですよ。

そのなんと言うか、『ダサカッコよさ』と言うのか。

 

俺かっこいいんだぜ!とイモっぽく振舞う姿は、道化でありながらもパフォーマーに徹するフレディとISSAが似ていると感じられる。

 

もう開き直っちゃったと言うか、その辺のブレイクスルーが今のDA PUMPの原動力になっている。

 

トレッドミルができなくても、踊ることだってできることから、『やってみた系』動画も続出されたことがヒットにもつながった。

 

これはAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』に続く『踊ってみた系』のヒットと言えるだろう。

このムーブメントは今のTik Tokにつながる。

 

第2位 QUEEN BohemianRhapsody


Queen - Bohemian Rhapsody (Official Video)

 

世界初のミュージックビデオ(映画媒体はビートルズが先行。)となったこの曲は、その後にヒットにつながり、様々な記録(当時)を打ち立てた。

 

しかし、この曲を積極的に放送させてくれたラジオに対する返礼として、"Radio Ga Ga

"が作られるなど、ラジオへの飛び込みは必死だったと言われる。

 

フレディが殺してしまったと言われる"Kill a man"とは、フレディの出生名(本名)である『ファルーク・バルサラ』であり、産み育ててくれた母親に対する懺悔の念とこれから『フレディ・マーキュリー』として逃げようとする前のめりな姿勢に現れている。

 

そして、今でこそ珍しくないのだが、6分と言う長さは当時のラジオでは長すぎて掛けられない(3分が普通の長さであった。)ため、他の放送局で独占放送がなされたことでヒットを築き上げた。

 

やはり、これが良いか悪いかを見極めるのは、レコードを買ってくれる大衆である。

 

なお、日本の著作権機構JASRACでは5分を超える曲は、5分以上をみなし2曲としている。

 

第1位 米津玄師(ハチ) Lemon


米津玄師 MV「Lemon」

 

ハチとは、ニコニコ動画で初音ミクのP(プロデューサー/作曲(演出)家)での名前。

ミニマリストの精神にフィットする歌詞が鮮烈で、これってドラマ『アンナチュラル』のテーマだけにするには勿体無いんじゃないかって思うぐらいだ。

 

曲調も美しく、さすがニコニコ動画で腕試しをしてCD化された分の経験値を積んでいると考えられる。

 

MVも低予算でありながらもそれを感じさせない出来で、これからの音楽は踊りも大事な要素として重要視されるんだなぁ。と感じた。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

マシュマロ質問受け付けております。お気軽にどうぞ。

marshmallow-qa.com

 

特化ブログ『三重ログ』の案内。

昨日は四日市市のまつもとの来来憲で大とんてき定食を食べてきました。

よかったら合わせてどうぞ。

www.mielog.net

 

あわせて読みたい。

 

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!