page contents

HSPの僕が題名を失ったブログ〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

ブログ参加企画『好きな映画 ベスト3』+2はこれだ!

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190214155958j:plain

好きな映画 ベスト3

僕が特に気に入っている映画を、周囲の意見とかぶらないようにして選んだのが、次の3つとなりました。

ていないさん(id:jikobukken)とカラーひよこさん(id:color-hiyoko)の企画に乗ってみました。

実際には、ベスト3+2となりましたが、プラス2にした理由は、クラシック映画は一般受けしないという遠慮からです。(笑)

 

そんなこんなで、ベスト3+2は次の映画に決まったんやに。

実際にベスト1になるのは、フリッツ・ラングのメトロポリスになるのだが、再現性が低いので、あとの+2に加えさせてもらった。

 

1位のボラポはすでに出来レースやん。(笑)

流石に思い出し泣きをするほどなので、これを1位にせざるを得なかった。実際に、鈴鹿現場の送迎バンの中で思い出し泣きをしてしまった。(笑)

フレディ・マーキュリー様は兄貴の精神的支柱になっているんやに。(笑)

アルカネットの誕生日は、9月5日。フレディ・マーキュリー様と同じだ。

 

兄貴好みの映画の話は、これから始めるに。

それじゃ、本文行ってみようかな?"Here we go~!"

 

3位)千と千尋の神隠し/Spirited Away/2001

 最近は、アニメ映画を見ていないので、これがアニメのトップになった。

EVANGELIONとかみたい作品がまだまだあるのだが、食わず嫌いなので、選ぶわけには行かなかった。

実際に映画館で見た作品をあげるとすれば、これを選ばざるを得なかった。


2001 千と千尋の神隠し予告編 Spirited Away Trailer

 

千尋が神隠しにあったのは、神様が癒やされに来るという温泉旅館で働きながら成長するという物語で、湯婆婆との対決が面白かった。

あと、多神教の雰囲気なので、神様というより妖怪に近かったのも興味深いところだ。

 

カオナシの異形ぶりは、はっと息を呑むので、よくよく観て欲しい。

バブル経済の暴落っぷりと比較しやすいですね。

 

ハクが変身した姿は美しいので、ぜひとも見て欲しい。

自然を愛する宮崎駿さんならではの描写は息を呑むだろう。

(これと風の谷のナウシカはぜひとも見て欲しい。)

 

坊や役の神木隆之介くんは今じゃすっかり大人になって、微笑ましい限りだ。

実写版るろうに剣心の瀬田宗次郎役はハマり役だったぞ。

 

2位)テルマエ・ロマエ/THERMAE ROMAE/2012~2014


テルマエ・ロマエ(プレビュー)

第2作目のキャッチフレーズは、『すごい風呂(SugoiFuro)超大作』。

多くの漫画アニメ原作の実写版映画を抱える中、原作超えをした珍しい作品。

古代ローマの浴場技師ルシウスは、斬新なテルマエのアイデアに行き詰まっていた。

そこで、ひとっ風呂浴びようとしたら、浴槽の中で溺れてしまい、現代日本にタイムスリップするというすっとんきょうな作品。

 

コミックビーム(エンターブレイン、現:KADOKAWA)だからこそ出来た漫画作品。

 

実写版映画も実写版なりに原作のテイストを活かしながらも、それ以上のことをやってのけた良い例。

(だからこそ、同じ映画監督で魔夜峰央原作の実写映画『翔んで埼玉』には期待している!)

 

電気文明が存在しない古代ローマにどうやって斬新なアイデアを再現したのか、各所の工夫が笑える。

 

原作者のヤマザキマリさんのイタリア人夫が古代ローマオタクだったために、このアイデアを思いついたのだとか。

 

ひとっ風呂いかがですか?

 

1位)ボヘミアン・ラプソディ/BOHEMIAN RHAPSODY/2018

今なら間に合う!(2019年2月14日現在)映画館で見てほしいです!


映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!

できれば、出来の良いスピーカーの映画館で見ることをおすすめしたい。

特にラスト21分のライブ・エイドのシーンは普通では見ることの出来ない、Queenのライブを追体験できるからだ。

そして、フレディ・マーキュリーの半生を描いたのは見事であり、彼がマイノリティーであることを誇りに思いながらも悩んでいたのがくっきりと映し出されている。

 

そう、コンプレックスは負い目じゃない、個性なんだ。

 

フレディは誰よりも先に生きて、誰よりも早く伝説になった。

 

実は、Queenの現ヴォーカル、アダム・ランバートがカメオ出演しているのだ。

(わかるかな?ヒントはフレディが見ているトイレの扉だ。)

 

少年漫画で多く語られている『対立と和解』が描かれていて、バルサラ家とQueenの2つの家族との和解が感動的に書かれている。(ついでに言えば、今の現実では故人だが、ポール・プレンダーのやな奴っぷりも見事。)

 

日本ではロングランが行われているから、まだまだDVDは出ない。

だからこそ、映画館で見て欲しい!


Bohemian Rhapsody: Unleash Your Inner Freddie

アメリカ版のDVDのCMを載せておく。これは良いね!

 

外典1)メトロポリス/Metropoliz/1927


Metropolis (1927) - [HD] Legendado completo (Multi sub)

個人的に推したいのは、こちら。

ただし、現代人の感覚では退屈に映るかもしれない。

 

現代ドイツが出来上がる前のワイマール王朝当時のドイツ作品。

2026年のメトロポリス(大都市)が舞台。

これを観たあとで、あらゆるSF映画がこの作品の影響を受けなかったとは言えないぐらいに、元ネタ性が高い。

 

特にスチームパンク世界の作風と2026年のテクノロジーが2019年の現実のほうが超えちゃってる感が笑える。

(これは2015年を舞台にした、バック・トゥー・ザ・フューチャーパート2にも言える。)

 

ぜひとも参考資料として観ていただきたい作品です。

 

外典2)独裁者/The Great Dictator/1940

こちらは、チャールズ・チャップリンが原作・監督・主演を務めたコメディ映画です。


【日本語字幕】チャップリン演説 "独裁者" - Chaplin Speech "The Great Dictator"

このクライマックスの演説は、今見ても鳥肌が立つ。

アーリア人の独裁者とユダヤ人の理髪師が入れ替わるというのが大筋だが、チャールズ・チャップリンが民衆に伝えたかったメッセージが初の音声作品として、映画界に激震をもたらした。

 

今の日本人にも観てほしいですね。

 

こんな感じで、5つの作品をお送りましたが、皆さんはどう受け止めたでしょうか?

 

これではブログとして提出しますね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

マシュマロ質問受け付けております。

marshmallow-qa.com

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!