page contents

VividColorDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

マインドフルネスでブログを書く時間が減った。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200531061114j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時10分起きの雑分作家、十六夜ヒロです。😹

 

缶コーヒーを飲んで瞑想を最優先にしたら、頭が何だか冴えてきましたね。

 

集中力も向上したし、エッシェンシャル思考にハマっていて、余計なものを削ぎ落とすと言いたいことだけが言えるようになります。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

マインドフルネスで頭脳が冴え渡る。

僕は我がブログ仲間のゆきにーさん(id:yuki_2021)のススメで、Meditopiaを利用し始めました。

play.google.com

Meditopia: 瞑想、マインドフルネス、睡眠

Meditopia: 瞑想、マインドフルネス、睡眠

  • yedi70
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

 

www.ituki-yu2.net

 

生活習慣を変えることは容易ではありませんが、これだったら楽にできそうです。

ガイダンスの指示に従って瞑想をするだけ。15分弱で出来ます。

 

年額6,000円と高価(月額780円)ですが、無料でも出来ますので、安心してくださいませ。

 

そして、窓を開けて空気を入れ替えて、スッキリしたところでブログを書いています。

 

呼吸に意識を向けることで、『今、現在』にフォーカスを当てて過去や未来に執着することなく、生きていることを実感する。

 

この簡単なことが今はできなくなっています。

 

これを取り戻すのが、瞑想の働きなのです。

 

今までポモドーロ・テクニックで5分間の空き時間がありましたが、それはひげ剃りに使っていましたね。

 

www.alkanet-books.com

 

これも集中力を上げる意味では、役に立ったのですが、今は2,000文字を書かなくなったので、役に立たなくなりました。

 

Google検索に載らなくなった今はどう考えるか?

器用な人は、最新のSEOをやっているが、僕は不器用なHSP雑文作家なので、それは出来ません。無理だと諦めたわけじゃありませんが、SEOをやるには情報を処理しきれません。

 

繊細なことを好む僕にとっては、まだ食やにおいについて深く探求するほうが良いのかも知れませんね。

 

エッシェンシャル思考を学んで、99%の無駄を削ぎ落とすことにした僕からすれば、ブログに雑談を載せることもまた無意味なんじゃないかって思うのです。

(茶番力を鍛えるのも良いかも知れませんが。)

 

今回のブログで言いたかったことは、マインドフルネスは良いことだよ~!、この一言に尽きます。

 

さて、Google検索に載らなくなった今はどう考えるか?

これからははてな砲に載ることもまた少なくなったことですし、地道に毎日ブログを書き続けるしかないのでしょうね。

 

これが結構難しいのです。

そして、地道に続けることが出来た人こそが勝利者になれると思うのです。

 

最後に。

最後になりましたが、このブログもまだまだ続けます。

寄稿依頼も最近では少なくなりましたし、新型コロナウィルスの影響はことのほか甚大です。

 

これからは、現金を守りつつ、投資をしっかりやっておきたいと思います。

投資と言っても、株式なんかじゃなくて、身体のメンテナンスにしっかり掛けておきたいと思っています。

 

心のメンテナンスは更に重要です。

心の病気持ちで、HSPの僕にとって、メンテンナンスは最も大事なやり方です。

 

食事にだって気をつけていますし、美味しいものを食べつつも、栄養バランスはきっちりとさせていただいています。

あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ

あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ

  • asken inc. (Tokyo)
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

play.google.com

 

あすけんさんは現在、月額480円でプレミアムをやっております。

プレミアムだと、PFCバランスを計算してくれるので非常に便利です。

 

僕も仕出し弁当の時は、撮影して分析してもらっています。

 

マインドフルネスでブログを書く時間が減りました。

これで集中してまとまったら幸いです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!