page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

梅雨の騒音で眠れないのかも。活字の時代に戻ればいい。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200710061750j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時15分起きの占い師で作家の十六夜ヒロです。😹

 

先日は見苦しいところを見せてしまいまして、申し訳ございませんでした。

 

ブログが自由自在に書けなかったので、苦しんでいました。

 

その解決策は、耳栓をつけて寝ること。だったのです。

f:id:einhander1341:20200710062335p:image

 こんな感じで、68dbの騒音が部屋の中にもたらされました。

22時から23時、0時から2時まで。

一回、途中で目が覚めましたし。その状態がどんなものであったか解りません。

 

とにかく隣の住人がうるさいのか、雨がうるさいのかどちらかだと思います。

 

今は梅雨のシーズンなので、雨のせいだと思いたいですね。

コロナウィルスを洗い清めてくれれば、それでいいのです。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

熟睡ができないのが僕がHSPだから。

HSPって、あらゆる感覚が敏感なので、邪魔が入るとなかなか眠れないのです。

過去に光の加減とかを工夫もしましたし、睡眠導入剤はこれで足りていると思います。

 

以前は川のせせらぎ音とかをYouTubeで流しっぱなしで眠っていたら、音楽が突然流れてきて、びっくりしたこともありましたし。

 

隣の住人がどんな女性なのか、解りませんが、かなり高飛車な性格をしているような感じがします。(メイクだって濃いんだし。)

 

朝4時に起きる僕も問題かも知れませんが、少なくとも深夜1時に騒音はありえないと思います。

 

珍走団が走るのも一瞬かと思われるし、不快な感情が湧き上がるのも仕方ありませんよね。

 

まさか、昨日と比べて、今日の朝はこんなに騒音がうるさかったのもびっくりしました。

 

耳栓をつけてよかったと心底感じています。

 

あ、僕のYouTubeはPremiumなので、広告が途中で入ることがありません。

 

あの広告ってストレスが溜まりますよね。嫌すぎます。

YouTuberにとってこれが生命線なのかも知れませんが、僕はこの広告が不快極まりないと思っています。

 

Google AdSenseが儲からなくなったので、みんなYouTubeに移っている。

ブログよりも、動画の時代になりました。

これは僕も認めています。

しかし、こんなツイートもあります。

  活字に戻るっていうのはありがたい話ですよね。

僕もせっかちなので、活字のほうがありがたいのですよね。

ただ、動画には動画の良さがあって、動画には追体験をやりやすい傾向があるんです。

 

だから、物事を抽象化出来ない場合には、動画で追体験。

抽象化出来た場合には、活字で濃く情報を受け取る。

これに尽きます。

 

電子書籍もじわじわと進んでいますし、AmazonKindleに至っては、2018年で第10世代にもなりました。

2020年がコロナで影響が大きくなかったら、第11世代が出るんじゃないかと思います。

(その前にセールで大安売りをするんじゃないかと思います。)

 

電子書籍の宣伝をば。

僕が2年前に出した電子書籍を宣伝して終わりたいと思います。

 

 

ラジオリスナー歴33年(当時)の僕が、ラジオでメールが読まれるようになるにはどうしたらいいのか?

これをMac miniで書きました。

 

データが2年前とかなり古いですが、役に立ってくれるとは思います。

売れています!絶好調です!

 

Kindle Unlimited会員の方は、タダで読めます。

 

ぜひご覧くださいませ。

 

はてな読者様440名達成!

それに今日は嬉しいことがありました。

はてなブログ読者様が440名達成いたしました!

 

一時期は、AdSenseの都合上noteに移りましたが、noteがさっぱり売れないので、AdSenseの力をもう一度信じてみたいと思います。

 

ありがとうございました!

これからもよろしくおねがいします。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!