page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

レッツゴー!陰陽師から13年。歴史と時間は残酷です。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200306053056j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時作家の十六夜ヒロです。😹

 

Twitterを覗いていたら、新・豪血寺一族がトレンド入りを果たしていました。

 

なぜかと思ったら、戦闘時の曲『レッツゴー!陰陽師』がニコニコで配信されてから、まる13年が経ったということなのです。

 

確かに冒頭で『あらゆる困難が科学で解決する、この平成の時代で』何ていうもんだから、令和に入ったんだなぁ。と思っています。

 


歌詞を付けた「レッツゴー!陰陽師」 PV

 

この主役を張った人物、矢部彦麿さんは、厳密にはモブキャラ(背景キャラ)で戦闘には参加しません。

ボビー・オロゴンさんは戦闘に参加したのに、なぜ、あんなにモブキャラが主役を張ったんでしょうか?

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

新・豪血寺一族ー煩悩開放ーとは?

新・豪血寺一族ー煩悩開放ーとは、次の通りです。

ニコニコ大百科より一部引用。

新・豪血寺一族 煩悩解放2006年プレイステーション2用に発売されたシリーズの6作。と、言いたいところだが実質的に「闘婚」の移植作。レイジキャラが出ない代わりにボビー・オロゴンが出る、変身技が復活しているなどの違いがあり、闘婚のアッパーバージョンであることは明だが、ボビーがいるから6作でいいんじゃー! 本当は2006年2月23日日に発売予定だったが、ボビーが所属事務所トラブルを起こし、乱闘。その余波で5月25日に発売は延期されてしまった。ニコニコでも見られる「レッツゴー!陰陽師」のPVは、これに収録されていたものである。 

なんと、2006年のプレイステーション2用の格闘ゲームだったんですね。

アーケードの闘婚の移植作だなんて、初めて知りました。

 

KOFなどが人気がありすぎて、なかなか順番が変わってもらえない中、仕方なく豪血寺一族をやったらハマってしまった方が多かったと思われます。

 

癖のあるBGMや変身システム等が異彩を放っていましたね。

 

なお、アトラスさんから発売されたのにも関わらず、開発をしていたノイズファクトリーさんは3年前に廃業しています。

 

なぜ、13年前を掘り起こしたのか。

今は、コロナウィルスで不安に陥っているので、昔を思い出して安心しようという動きが強まっています。

僕は『人々が不安になると昔を懐かしみ、憧れる癖』について調べてみました。

blogs.itmedia.co.jp

時代や未来に不安が差し込む時、過去にすがって安心を得ようとする。

 

そんな流行作が多く見られました。

 

例えば、平成不況下では20世紀少年やクレヨンしんちゃんモーレツオトナ帝国の逆襲などがそうです。

 

過去そのものはコントロールできないが、過去に思いを馳せることによって、未来からの不安から目をそらせることが出来るんじゃないかと思うのです。

 

最近、流行っている鬼滅の刃だって、舞台は大正時代です。

過去そのものは変えることが出来ないが、フィクションとして自由に手を加えることが出来る上にコントロールが可能。

 

未来がコントロールできない不安からか、まるで平成の陰陽師の矢部彦麿さんにすがるかのように、トレンド入りをしているのです。

 

これって、まるでドラえもんのタイムマシンじゃないかなって思えるのです。

なぜ、13年前の2006年を掘り起こしたのか、調べてみました。

www.jiji.com

 

2006年と言えば、ホリエモンこと堀江貴文さんが旧ライブドアの社長から逮捕されて全てを失った年でもあります。

 

そして、第1次安倍内閣発足もこの年でした。

 

冥王星が惑星から降格したのもこの年であり、アメリカのTVアニメ『リトルアインシュタイン』ではその編集が間に合わず、『めいおうせいはわくせいからはずされています。』とテロップが出たほどでした。

 

紀子様が男児を出産したのも、この年でした。これで天皇家の血筋もなんとか維持できる運びとなりました。

 

小泉首相が終戦記念日に靖国神社に参拝したのもこの年であります。

 

中国が急成長し始めたのもこの年からでした。

 

時代が変わり始めた年でもあり、昔を懐かしむと心理的に安心するのでしょう。

この昔をコントロールできるような感覚が何であるのか、解りませんが、少し調べてみたいと思います。

 

www.onesta.okutomi.co.jp

 

多分、このブログであっているかと思われますが、過去をコントロールできる感覚は、自分で自分の選択肢をコントロールできないから、昔によりすがるじゃないかって思うのです。

 

「他人と過去は変えられない。」

 

とはよく言いますが、

 

 

人はなぜ他人や過去に執着するのでしょうか?

それは、自分が変えられることと変えられないことを
きっちり区別できていないからです。

これからを生きるために。

過去にすがったって、変えることが出来ません。

おそらくはコロナウィルスによる自粛ムードで、人々が暗い気持ちになっているので、これを打破するには過去にすがろうというのがわかります。

 

しかし、他人と過去は変えられません。

 

これからの未来を切り開くという開拓精神が大事なんじゃないって思うのです。

高度成長期時代はモーレツに働けば、幸せな人生が約束されました。

 

しかし、これからはお金で買えない価値観が優位に立つ時代です。

時代の変化に飲まれないように、自分をコントロールしましょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!