page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

収入について考えないといけないな。時間がいちばん大切なこと。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200530063100j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時30分起きの雑文作家、十六夜ヒロです。😹

 

副収入が途絶えた今、ブログのやり方を変えなければなりません。

 

例え、You Tubeをやっていたとしても、AdSense依存のため、同じことです。

 

今月は、入ってくるお金も大きかったが、出てゆくお金も大きかったです。

これではいけないのです。

 

『有り金は全部使え』とホリエモンこと堀江貴文さんは言っていますが、貯金がなければ社会貢献も出来ません。

 

今月は、特別給付金と医療費支援が入ってきて、ホクホク顔ですが、軽自動車税を払って、シオシオのパーです。

 

先月期のクレジット代と家賃に吹き飛んでしまい、流石にジム代を節約できたものの、将来は、YouTubeMusicに移籍するなど、サブスクリプション代も上がります。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

このままじゃ、やばいんじゃないのかな?

収入の道が途絶えた今となっては、はてなブログの代金すら払えるのか、怪しいものです。

22,000円の副業収入がありますが、はてなブログ代と独自ドメインの経費を支払えば、半額分です。

 

帳簿をつければよかったですね。

AdSenseは今後、当てにはなりません。

 

実際、ブログアフィリエイトをやっていた人がサラリーマンに戻る人が出るなど、新型コロナウィルスの影響は甚大です。

 

戦後最悪の不況になってしまっているのも事実ですね。

サブプライムローン(リーマンショック)はすでに超えています。

 

これからは、時間を大切にするように働きかけたいですね。

お金対時間の効果を重視せよ。

僕は毎日4時間労働(拘束時間6時間)を取っています。

日勤8時間の正社員だと、不幸せなのです。

HSPゆえに自分だけの時間が必要なのです。

 

これからは時間を資産に生きてゆきたいと思いますね。

ふがまるちゃんさん、というカメラマンがいますが、彼は数々の受賞歴を持っていて、プロのカメラマンとしてい働いています。

 

僕はそんな生き方に憧れますね。

 

自分の時間で働いている。それに比べて、僕は他人の時間を生きているんじゃないかって思うのです。

 

例えば、食事休憩中にスマホでラインスタンプや年末のお笑いで、世間話をされるとイラッとします。20代の彼にしてみれば、時間は永遠なのでしょう。

 

しかし、もうすぐ50歳の僕にとって、くだらないことで時間を割くのは、時間どころか、命のムダです。イラッとする気持ちがわかっていただけるでしょう。

 

まして、他人の時間で4時間も仕事をしていて、2時間も通勤をしているのです。

正確には、送迎のバンが到着するまでに、時間がかかります。

 

その間には、ラジオを聴いて、自分の時間を稼いでいます。


【タイムマネジメント入門】成果を最大化するための時間の使い方とは

 

若者は良く、YouTube動画を倍速で見ていますが、脳内に入ってこないと思いますね。

僕のブログを読むのだって、時間がそんなにかからないようにしています。

 

2,000文字から1,500文字に減らしただけでも、かなりエッセンシャルにしたと思います。


【エッセンシャル思考】99%の無駄を省き、1%の本質に集中する

 

このエッシェンシャル思考の本を読んでから、僕のブログには無駄が多いと気が付きましたね。

 

ブログを書く時間だって、最近では30分にまで減らしています。

我がブログ仲間のゆきにーさん(id:yuki_2021)がMeditopiaを取り入れてから、僕も瞑想の時間を余分に摂るようにしました。

 

Meditopia: 瞑想、マインドフルネス、睡眠

Meditopia: 瞑想、マインドフルネス、睡眠

  • yedi70
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

play.google.com

 

これにより、確実に頭が冴え渡り、ブログをまとめることが出来るようになりましたね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!