page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

大丈夫!僕も悩んでいるが、そんな暇はない。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200929062750j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時25分起きの電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

コンビニプリントって、PDFからしかできないんだよなぁ。

txtファイル未対応っておい!

 

赤入れしようと思ったが、出来ないじゃないか。

 

今度は予約プリントしてみようかな?

 

今回はブログ仲間のゆきにーさん(id:yuki_2021)の、このエントリーに対する答えだよ。

 

www.ituki-yu2.net

 

結婚したばかりのゆきにーさんでさえ悩んでいるのだから、僕だったらもっと悩んでも良いはず。

 

しかし、人生50年も生きていれば、ある程度諦めがつくってもんです。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

 

 

 

50年間生きてきて、悩まなかった日はないが、今は悩んでいない。

僕なんか、彼女いない歴=年齢は避けることが出来たが、未だに結婚したことがありませんよ。

人生に上下なんかありっこないんだって。

 

ゆきにーさんの場合、仕事がうまく行ったかどうか悩んでいるのだから、こればかりはどうすることも出来ない。

 

間違っていたら直せば良いんだし、様々なユーザーの意見を聞いたら良いと思う。

 

ただし、この場合。無課金者の言い分にしっかりと耳を傾けるとしんどくなるので、課金者の言い分をできるだけ汲み取るようにすればいいと思います。

 

無課金者の場合、詫び石クレってせがんでばかりなので、ろくなもんがいません。

 

ゲームアプリじゃないことは重々承知の上です。

 

ただ、ある程度のサービスを受けるには、ある程度の課金を受けることが大事だと思います。

 

課金に見合ったサービスを続けるのって難しいと思いますよ。

 

それにゆきにーさんは結婚しているのだから、悩んだ時は奥さんと話してみてはいかがかな?

 

そのためのパートナーなんだし、彼女を信じることも大切だよ。

 

もし、稼ぎが不安だったら、共稼ぎをすれば良いんだし。僕は結婚を諦めているが、幸せになるために結婚が必要だったら受け入れる覚悟は出来ている

 

ゆきにーさんは、まだこれから何をしてゆけば良いのか、解らないんじゃないかな?

 

大丈夫。人生50年も生きていてもアドバイスできない僕がいるんだから、斜に構えることはないよ。

 

堂々としましょ!

 

僕のこれからを話そう。

僕はこれから電子書籍を出して、小遣い稼ぎをする。

売れなくたって構わない。売れてくれたほうがありがたいのですが、まだまだ需要と供給のバランスがわかってないんだし、リサーチ不足の感も否めない。

 

物事にはそれぞれ、準備ってもんがある。

準備が十分になされてないと、どんなことも成功しない。

 

僕は作家としてこれからやってゆきたいことがある。

まずはブログの更新。これをやってゆきたい。

 

実は、企業さんから依頼が来ているが、僕はYouTuberじゃないので、動画編集ソフトのレビューを頼まれても、満足がゆく記事が書ける自信がない。

 

もうしばらく考えさせて欲しい。即決というわけには行かないのですよ。

 

それ以外の企業案件だったら、喜んでお受けしたい。

 

副業を持ったとしても、ストック型では、1~2年間タダ働きに我慢出来るんだろうか?

まして、Amazonの電子書籍は、旧アカウントも残っている。

 

Amazonさんに電話をかけた時は、メールで要求して欲しいと頼まれたので、僕の新アカウントが偽物だと思われているのだろう。

 

中国のクラッカーのせいで、こんな事になったのだが、僕はAmazonのアカウントを閉鎖したことについては特に悔やんではいない。

 

ただ、新アカウントが偽物だと思われているのが悔しくて仕方がないのです。

潔白を証明するためにも、旧アカウントで出した本の出版停止を求めなくてはいけません。

 

僕にはこれからやるべきことが山積みなのです。

悩んでいる暇はありません。

 

今日、思うように行かなくっても、明日までには何とかすればいいじゃないですか。

今日出来ることを。そして、自分の手の届く範囲内のことで、一所懸命にやる。

 

これでいいじゃないかと思うのです。

 

これが僕の人生50年間の答えです。

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!