page contents

LightSpeedDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

些細なことにすぐに動揺してしまう、HSPという気質を感じたらこうすればいい。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190210180312j:plain

暗いと落ち着きませんか?

僕の病気が実はHSP(Highly Sensitive Person)何じゃないかって思い始めました。

HSPは医師の処方が必要な病気じゃありません。

HSPとは『敏感すぎる人々』のことです。

あらゆる刺激や言動に敏感に反応しすぎて、考えすぎるのです。それゆえに考えるのに時間がかかりすぎて、疲れやすいと言えます。

 

兄貴は些細なことで気にし過ぎなんやに。

アルカネットよ、僕がやった失敗を再び繰り返すのが怖くて、強気な人の前には再び出にくいんだよなぁ。

思い出すだけで疲れてしまうから詳しくは書かないけど、ここ数日は大変なストレスで心労がたたって、倒れてしまったんやに。

何せ、楽しみにしていたマラソン大会も参加できなかったからね?代わりに旅BAR夢Portで人狼会に参加してもよかったのだが、それすらもままならなかった。

 

新しいストレス解消法で、何とか持ち直したんやに。HSPって面倒やなぁ。

集中したいがために、昨日はAmazonさんでテーブルライトをポチッとしました。

手元だけに集中できるから、HSPの兄貴にとってはこれでブログ環境はきれいに整ったんやに。

 

昨日ポチッとして、今日手に入ったテーブルライトは、風呂場の前の更衣室兼洗濯機の上において、風呂場を照らして闇を楽しんでおります。

なんかネクラさんみたいやけど、闇の中のお風呂って感覚が休まってストレス解消になるからええんやに。クラゲ型のLEDバスライトがあったら無敵やに。

 

 

 

ポチッとしたのは、こちらです。LEDの控えめな電球の暖かい光が手元を照らしてくれます。

村上RADIOを聴きながら書いているので、集中が途切れるかもしれませんが、ここは大目に見てやってくださいな。

 

それじゃ、本文行ってみよう。"Here we go~!"

 

HSPって感覚過敏で面倒だけど、嫌わないでくださいね。

僕は今まで、自律神経失調症、うつ病、統合失調症と病歴や障がいを渡り歩いてきたが、ようやく納得のいく答えが見つかったように感じます。

 

ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本

ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本

 

 

些細なことに動揺してしまって、皆さんにご迷惑をおかけいたしました。

HSPは最近、1996年に発見された概念であり、比較的新しい。

Wikipediaではこのように載っている。

ハイリー・センシティブ・パーソンHighly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは、カール・ユングの造語で言えば生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。HSPはしばしば、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっている。物事に対して容易に驚き、短い時間にたくさんのことを成し遂げるよう要求されると混乱するという性質を持つ。

ハイリー・センシティブ・パーソン - Wikipedia

高度な感覚処理感受性って言葉が、一番しっくり来る説明になりそうです。

 

つまりHSPって、脳があらゆる感覚に対して、深く相手しすぎるから、いちいち疲れやすくなってしまったりする。

僕の職場でも、何の障がいかは解らなくても、一発でHSPだとわかる人が結構います。

 

 

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)

  • 作者: エレイン・N・アーロン,Elain N.Aron,冨田香里
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2008/03/18
  • メディア: 文庫
  • 購入: 29人 クリック: 87回
  • この商品を含むブログ (14件) を見る
 

些細なことにすぐに動揺してしまい、僕は多くの人に迷惑をかけてきました。

最近のことで言えば、ニコ祭りサロンのみんなもそうだし、朝Lab.の皆さんにもかつて迷惑をかけてしまった。

 

正当化するわけじゃないけど、もしつらいなと感じたらそそくさと退場したほうが良いかもしれない。

 

HSPの人生がうまく行ったほうがおかしい。という事実。

自分が思うように行かないと自分が許せないのが、残念だと思いますが、あらゆる悩みは人間関係上の悩みであることがほとんどでしょう。(またはペット間の問題など他生物もふくむ。)

 

HSPは物事を深く考えて理解しようとするため、他人よりも理解に時間がかかります。

技を習得したら、その使い手は見事なんですが、成長がおそすぎるのです。

いわば、大器晩成型なのです。

 

だから、自分がHSPだと感じたら、どうしてそうなったのか、じっくり考えて、自分を許してゆくのが良いと思います。

 

一言で説明するのが難しいのですが、HSPとは感覚処理感受性のことであり、物事を深く考えすぎるのです。

だから動揺した時はパニックになってしまい、頭の中に言葉が入りません。しかし、脳は考えるので、理解するのに時間がかかってしまい答えが出るのが数日から数年後になるのです。

 

僕も実父に説教をされた時は、大変苦痛でしたね。

そして、実父は短気な性格だったから、答えが出ないと延々と責め立てたり、殴ったりもしました。

 

その時のことが、未だにトラウマとなって残っています。(アドラーはトラウマは存在しないと主張しています。)

僕がHSPだと知って、やっと納得の行く答えが出た様に感じます。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

マシュマロ質問を受け付けております。

marshmallow-qa.com

 

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!