page contents

VividColorDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

顔出し動画初体験。HSPがUSキーボードにこだわる理由。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200215162609j:plain

みなさま、こんばんは。

顔出し動画をはじめてやってみましたが、いかがだったでしょうか?

 

顔出しは始めてなので、セリフが噛み噛みです。

反省します。

あのHIKAKINさんは動画がヒットするまで、4年はかかったので、地道にやってみたいと思います。

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

HSPがUSキーボードにこだわる理由。

日本では、Windowsと言えばJISキーボードをまず指しますが、僕は苦労して、USキーボードWindowsノートPCを買いましたね。 

www.alkanet-books.com

 

あれから1年経つんですかぁ。

思えば、あっという間でしたね。

 

Macユーザーだった頃から、USキーボードには慣れていましたので、今からJISキーボードだと、違和感を感じます。

 

日本人は黙ってJISだろ?と言う声が聞こえますが、これは1960年代に、日本IBMが無理やり定めた規格なのです。

 

いわば、ガラパゴス化したと言えるでしょうね。

 

僕がPCに最初に触り始めたPC-6001の頃は、かな入力が50音しかありませんでしたので、自動的にかな入力でしたが、Windowsになってから、ローマ字入力に慣れてしまいましたので、かなの刻印が邪魔になってきたのです。

 

20代~30代の頃は、そんなに気にならなかったのですが、40代になってからかなの刻印がなくっても良いんじゃないかってもうようになり始めたのです。

 

こちらは、USキーボードって打った時に検索してみて、上位に載ってきたサイトをリンクしています。

 

www.nagasaki-gaigo.ac.jp

www.elppar.com

 

USキーボードって本当におすすめなんです。

何よりも、シンプルなので変な情報が入ってこないのが良いですね。

 

今でこそ、日本語入力はローマ字入力ですが、50音配列で高速タイピングをするのは少数派となってしまいました。

 

僕は、苦労してWindowsでもUSキーボードの境地にたどり着きました。

 

それでは動画をご覧いただこう。

それでは、動画をご覧くださいませ。

 


HSPがUSキーボードにこだわる理由。

 

動画では、あまり説明がなかったのですが、USキーボードにする理由は、シンプルなので、情報が整理しやすいのです。

 

僕にとっては、高速タイピングの秘密兵器なのです。

 

www.alkanet-books.com

 

現在は、言語化されたラジオを聴きながらなので、ゆっくりになっていますが、シングルタスクになると、素早くなります。

 

HSPはシングルタスクしか出来ないので、あれもこれもと手を出すのは、困難のもとです。

 

本当に大事なものを一つだけやるのが良いみたいです。

集中力も平常心もこれで保たれるので、もってこいなんです。

 

初めての顔出し動画は、無難な出出し。

まずは、おすすめに出ることもないので、100動画目指して真っ直ぐ進むのみです。

 

動画のネタは雑記になるので、次はガジェットになるかも知れませんし、HSPの話になるか知れません。ひょっとしたら、スピリチュアルな話になるかも知れません。

 

僕が日頃、感じたことを話そうかと思います。

 

編集はAviUtlを初めて使いましたが、編集に慣れたら幅広く使いこなせるかと思います。

ゆっくりMovieMakerの使い方を参考にしたので、まだまだゆっくりの癖が抜けきっていませんが、発音と字幕の違いを味わえたら冥利に尽きます。

 

余白をカットするのが難しかったですね。

同じことを2回も言ったりして、そこをカットするのが忍びなかったです。

 

原稿をもっとしっかり書けばよかったと感じています。

テイクは3回行いましたね。

 

サムネイルは一発撮りでした。

 

まず最初は、低評価がつきそうですが、これは回数をこなせば高評価に変わるので、これはゆっくりの頃に慣れました。

 

如何にして心を動かす記事が言えるのか?

これにかかっています。

 

HIKAKINさんが4年かかった道を僕たちは何年かけて通るのか?

 

地道な努力が続きます。

3分程度の動画だったら、週3でも出来るような気がするなぁ。

 

無編集クソ動画じゃないので、よりまともな視聴者が来ることを願って、この場を去りたいと思います。

 

まずは趣味から。

いきなり副業なんて考えないで、趣味の範囲でやってみようかと思います。

 

第一、ゆっくりをやったきっかけはお金稼ぎでしたから、苦しいのは当たり前です。

 

僕のブログだって、副業は諦めています。

去年の売上は、はてなブログのサーバー代を差し引いたら、わずか2,000円の儲けでしかなかったわけですし。

 

年収2,000円なんて恥ずかしいじゃないかな?

 

本業をメインに考えて、副業をあまり意識しないで、貯金をしたいと思います。

 

お金をかけないで、もりもりご飯を食べるのって、結構難しいのです。

自炊をすれば当然時間もなくなるし、外食にゆけば、お金がかかります。

 

ネタ集めもほどほどにして、自分の身の丈にあった生活を送りたいと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!