page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

週末の全体運を占ってみた。(令和2年7月4日~7月5日)

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200704074523j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時まで二度寝した占い師で作家の十六夜ヒロです。😹

 

今週末は、荒御魂ばかりが出ましたね。

 

今回使ったオラクルカードはこちら。

 

八百万の神オラクルカード

八百万の神オラクルカード

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

これのために、Amazonアカウントを復活させたと言ってもいいでしょう。

荒御魂とは、日本の神々の荒れた側面で災いをもたらすものとされています。

 

日本の神様や魂には、一霊四魂というものがあります。


一霊四魂とは何なのか?神道について

 

一つの霊に4つの魂があります。

和御魂 調和することによって幸福をもたらす。

荒御魂 行動することによって災いをもたらす。

幸御魂 愛そのもの。 

奇御魂 分析、判断する。

 

神道オラクルカードでは、天照大御神のみ幸御魂、奇御魂があります。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

週末の全体運を占ってみた。

週末の全体の運勢を占ってみました。基本的に日本人全体の運勢です。

 

現在置かれている状況 猿田彦命 荒御魂 自信過剰

猿田彦命様が出ました。

彼は天狗のモデルとなった導きの神様で、天孫降臨の話で、天照大御神の孫、ニニギノミコトを導いた神様とされます。

 

自身に満ち溢れているのは良いのですが、謙虚さを失ってはなりません。

その行動を裏付ける努力が必要で、今はその時ではありません。

 

現在抱えている課題 ニニギノミコト 荒御魂 恩師の言葉

現在置かれているカードが猿田彦命のカードだったので、天孫降臨カードが2回も続いたのは興味深いです。

 

課題のカードでは和御魂の分まで読み解く必要がありますが、今回は荒御魂で十分かと。

 

今は停滞しているかも知れません。

季節に例えたら冬みたいなものです。

種をまいてじっくり育てましょう。

自分が尊敬する恩師や、感謝してみた人たちの言葉を受け止めて、行動を慎みましょう。

 

頭を垂れる稲穂のように、謙虚さでもって事を当たってください。

猿田彦命の荒御魂カードでも、謙虚さが鍵となっているように、今週末は、謙虚になったほうがいいでしょう。

 

課題を乗り越えた先の未来 須世理姫 荒御魂 依存からの脱却

課題を乗り越えた先の未来は、須世理姫の荒御魂で、須世理姫はスサノオの一人娘(と言われている)で大国主の2番めの妻でもあります。(最初の妻は、八上姫)

 

彼女は嫉妬深い女神様で、多くの女性に手を出す大国主命に困り果てていました。

 

自分に向けられた真心が他に向けられた時、嫉妬心が生まれています。

我が強くて、人のせいにしていませんか?

心が乱れ、せっかく気づいた絆を自ら壊してしまいかねません。

 

今は冷静でいましょう。

 

依存しているものからの脱却を図ってください。

 

未来のカードでは和御魂を読んでもいいのですが、自由を得て、こだわりを捨てて何事にも豊かな発想で進むといいでしょう。と出ています。

 

総合的に見て、思ったこと。

すべてが荒御魂のカードだったので、今週末はおとなしくしていたほうがいいのかも知れませんね。

 

ダウジングでめくるカードを決めているので、正確さは出たかも知れません。

 

今週は裏運勢ってことで、謹んで暮らしたほうがいいでしょう。

 

家族がいる方は、家族で過ごしたほうがいいかも知れません。

謙虚になって冷静になれば運気が拓けます。

 

電子書籍の宣伝を。

僕が2年前に出した電子書籍を宣伝して終わりたいと思います。

 

 2年前の電子書籍ですが、売れています。

買ってくださったみなさま、ありがとうございます。

 

Kindle Unlimited加入者の方は、無料で読めます。

 

ぜひ、ご覧くださいませ。

 

近々、第2弾の電子書籍を出したいと思います。

前回没った『バーチャル結婚式』ではなく、『朝活のメリット』について書きたいと思っていますよ。

現在、レジュメを書いています。

期待しないでお待ちくださいませ。

 

Windowsに移ってからのはじめての電子書籍になるので、初めてづくしになります。

(前回はMac miniで書きました。)

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!