page contents

VividColorDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

辞めるのは、毎日更新であって、はてなブログじゃないですよ。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200604053454j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時起きの雑分作家、十六夜ヒロです。😹

 

昨日は誕生日の祝福、ありがとうございました!

僕は幸せものです。

 

まだまだ人生、成功したとは言えませんが、より高みを目指して行けるようにがんばります。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

僕ははてなを辞めるとは言っていない。

昨日は、アンチからのコメントを頂き、ありがとうございます。

『言い訳癖を治すがいいよ。』との事でしたが、思い当たるフシがありますので、反省材料に持ってゆきたいと思いましたが、その後の対応を見た感じ、感情に身を任せたマウンティングだということが解りまして、残念に思っています。

 

議論してもしょうがないので、そっとミュートしておきました。

 

僕ははてなの毎日更新を辞めると言っただけであって、はてなを辞めるとは言った覚えはありません。

 

他の準備にも時間を割きたいので、はてなブログの毎朝更新を止めておくと考えただけです。

 

誤解を招いたことは謝ります。

しかし、僕の時間だって限られています。

ただでさえ、ライスワークで時間を食らっているのに、HSPゆえに昼以降は疲れていて何も出来ないので…あ、それが言い訳だったんですね。

 

疲れた心を休める時間だって欲しいのです。

 

正直、1ヶ月13万円あれば、そこそこ生きて行けます。

多分、将来に備えて投資をしすぎるんだと思いますね。

 

その将来は再びやってくるのかというと、それもわからない。

わからないから不安になってくるのだと思います。

 

重要なのは、今、ここ、私を楽しむこと。

僕は一体何が出来るんだろうか?

ふとこう考えることがあります。

確かにライスワークでの働きぶりは100点満点です。

しかし、ライスワークは上限が決められているので、できるだけ低コストで高パフォーマンスが求められます。

 

こうなるとストック型の仕事をやりたいのが世の常です。

フロー型の仕事でも構いません。

しかし、現在ではストック型の仕事は広告収入が低くなっており、毎日のAdSense代も1円という有様です。

 

つまり、今月に入ってから、たった2円しか稼いでいません。

はてなブログProのサーバー代が年8,800円、ドメインが年間2,000円弱なので、10,800円は稼がないと赤字になってしまいます。

 

WordPressをやっている方々がプロブロガーを撤退して、サラリーマンに戻る状況ですが、ただでさえ雇用情勢が厳しいのに、フリーランスの経験が生かされることを願いたいですね。

 

僕は一体何が出来るんだろうか?

いろいろ考えたが、答えは出ません。

答えは自分の中にあります。

 

まずはライスワークを一所懸命にやって、その中から思いついたことを当たってみたいと思います。

色々とアイデアは浮かんでいますよ。

まだ、実行に移していないだけですが。

50歳になってから、感じたこと。

50歳になってから、僕はこんなふうになれたら良いかな?というのをあまり感じなくなったのですよ。

 

ただ、今、目の前にあることに集中したいという思いが強いですね。

 

過ぎ去った過去に思いを馳せてもしょうがないですし、これから起こりうる未来に期待するあまり、今の自分を否定してもしょうがないじゃないですか。

 

今日はももいろクローバーZの玉井詩織さんの誕生日。

彼女は25歳になりました。僕の半分を生きたことになります。

 

僕はあと10年で還暦になりますね。

じゃあ、そこまで生きたんだから、今後は残り寿命をゆっくり味わって生きていたいと思うんですよね。

 

ちょっと前に、庵野秀明監督が還暦を迎えました。

人それぞれに人生模様があります。

 

庵野さんも、玉井さんも、まだまだこれから。

僕もまだまだこれからです。

 

今日の30分ブログはここまでです。

瞑想してから頭がスッキリしますので、ブログだって書きやすいですし。

これからはこのスタイルで行きます。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら幸いです。

 

マシュマロの回答は、また後日取りまとめたいと思います。

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!