page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

休日を無駄に過ごしてしまう、そんな日々。小ネタ:日本の神々は”Divines of Japan”

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200712065216j:plain

michioさんによる写真ACからの写真

 

あなたにおはようございます!

朝4時15分起きの占い師で作家の十六夜ヒロです。😹

 

最近、自分の時間があるけど、どう過ごしたらいいのかわからず無駄に過ごしています。

 

今日は名古屋栄の旅BARでHSP交流会を開きます。

 

興味のある方は来てくださいね。

 

昨日の休みの日は、フードショップヒライさんに行った以外は、あまり有意義な休みとは言えませんでした。

 

時間の管理が下手なのかも知れませんね。

 


【アニメ】休みを無駄にしてしまう人の特徴

 

折角の休日は、ライフワークに勤しみたいのですが、なかなか思うように行かないのですね。

 

YouTube配信もやりたかったけど、手間をかける時間がありません。

久しぶりにゆっくり動画が作りたくなってきたので、そのためのネタ探しでもしたいのです。

 

その前に、過去にあげた(最初で最後の)忍者ニュースを再アップしてからになります。

 

伊賀鉄道伊賀線茅野駅で、僕の枕木オーナー制度が無事に敢行されているか、確認に行きたいのもありますし。

 

写真は会員証で確認済みですが、やはり生で見たいものです。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

小ネタ:日本人にありがちな間違った英語表現。

日本は八百万の神々に守られています。

そんな折に、1549年にキリスト教が伝来した時に、唯一神を『神』と訳したために、ややこしい問題が起きています。

 

日本の神様でGOD(唯一創造神)と訳して良いのは、『天之御中主神』ただ一柱です。

それ以外の神々は、”Divines of Japan”(日本の神威)と訳すべきなのです。

 

ただ、日本発のYouTubeの英語訳を見かけると、所々に”何とかGOD”とか見かけます。

 

これが欧米圏の人から見て、奇異に映るんだそうです。

 

例えば、伊賀忍者特殊軍団 阿修羅さんの紹介で、阿修羅が戦いの神と表される時に、”God of War”と訳されたり、369Musicさんで龍神様を表現する時に"Dragon God"と訳されたりもします。

 

西洋のドラゴンは、火を吹く悪魔の化身で、人々から見れば障害そのものであり、克服するべき対象でしかありません。だから、ドラゴンとゴッドが並ぶのは、おかしいのです。

 

一方、東洋の龍神様は水の神獣であり、神社さんでは手水舎(ちょうずや)で龍の口から水が流れています。

 

文化圏の違いを理解しないと、ここが変だよ!日本人と言われかねないので、気をつけたいところです。

 

僕は神道のおおらかな精神が非常に大好きなんですよね。外国の神様を喜んで迎えるなんて早々ないわけですし。

古代ケルトの催事であるハロウィーンですらキリスト教は独自に取り込んだし、土着の宗教を取り込むのは、古代からよくあることなのですよ。

 

キリスト教は支配の証として、土着の宗教を取り込み、日本は海外の神々を習合によって取り込んだ。

 

日本がいかに平和を好んだか、解るかと思います。

休日を無駄にしないためにも。

休日を無駄にしないためにも、前もって予定を入れておかなくちゃいけません。

予定とは言っても、前もって決められたスケジュールだけじゃなく、5分~30分で出来るタスクなどもあります。

スケジュールが空いたら、タスクを消化するだけでも、時間が有り余ってきます。

 

僕はタスクの消化のために、電子書籍を3度めに手にしました。

 

www.alkanet-books.com

 

古本屋に通っていたため、蔵書量が半端じゃなくなりましたね。

読み終わった本は、出来る限り古本屋に売っていますが、またまた貯まってきました。

 

本屋さんに行く時間も休日の楽しみに置いておきたいですね。

 

ライスワークで鈴鹿の現場に行くライトバンの車中では、電子書籍が読めない場合もあるので、紙の本もついでに持ってゆきます。

 

手帳を書きながら、本を読み、タスクを消化する。

スマホや手帳はなくてはなりません。

 

ライスワークの作業中は、スケジュール管理です。

空いた時間は、自己研鑽の時間に用意したいですね。

 

時間は幸い空いているのだから、いつでもフリーランスになれるように、準備を整えたいですね。

 

就職と言えば、こんなツイートがありました。

 元T&Eソフト改め、元スパイク・チュンソフト在籍の内藤時浩さんが就職活動で、諦めないことが大切だとおっしゃっていましたが、精神障害者にハローワークを通じた障害者雇用の再就職はおすすめできません。

 

健常者だったら、そこそこやれると思いますが、精神障害者はいつ潰れるのか解りませんので、健常者がほとんどの一般企業では採用されないが落ちですし、身体障害者は24時間テレビで日の目を見ているので、そこはまだ優遇されます。

 

それにハローワークで扱っている企業の殆どがブラック企業でありますし、どこまで妥協できるのかが問題です。

 

僕は1年以上前に務めた工場もブラック企業でした。

 

僕がフリーランスを志す中で、新型コロナウィルスの仕打ち。

幸い、ライスワークがあるのだから、まだ救われていますが、フリーランスになっていたら、今日明日を食べるご飯もありません。

 

ホワイト企業に再就職したくても年齢制限の壁が分厚いですね。

だったら、起業したほうが速いのです。

 

最後に僕が2年前に出した電子書籍を宣伝して終わりたいと思います。

 

 

ラジオ局でメールが読まれるようになるにはどうしたらいいのか?

それの解説書となっています。

 

新型コロナウィルスの影響でラジオが見直されて、現在、メール投稿数が激化しています。

 

読まれるメール作りとは、何か?

 

どうぞお読みくださいませ。

Kindle Unlimited会員の方は、無料で読めます。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!