page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

新型コロナウィルス第二波で、日本が死ぬかもしれない。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200812060137j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時44分起きの占い師で電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

昨日はブログを休んでしまって、すみませんでした。

 

体調不良により仕方がなかったのです。

 

ブログ毎日更新が無理だとわかった今、これからどうしようか迷っています。

 

インプットしても、アウトプットできない自分自身が歯がゆいです。

 

昨日は占いの依頼があったのですが、返事が返ってこないので、そのまま強引に占いました。

すると、依頼者は体調不良だということがわかって、これからが心配です。

 

過ぎ去ったことは仕方ありません。

 

無料で読めるブログでサービスをするのもそろそろ限界が来ています。

 

しかし、かと言って、有料Noteに手を出しても売れる見込みがありません。

 

Googleコア・アップデートによる被害はそれだけに収まりません。

この世界的な不況において、立ち直るすべが見つからないことです。

 

医者は儲かるでしょう。しかし、リスクも大きいです。

PCR検査が4万円もします。しかも、東京五輪をやるために隠蔽する必要が無くなったので、検査し放題です。(検査キットが手軽になったのも大きい。)

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

日本は何故、消費税を廃止しないのか?

弱者からむしり取る消費税増税のおかげで、景気が悪化して、その上、レジ袋有料化で畳み掛けるように経済が悪化している。

 

そもそも、海洋のプラスチックごみは、ハングルや中国漢字が書かれたものばかりで、日本人が勝手に捨てたものとは限らない。

 

そういった隣国への抗議をしないで、国民にすべてのツケを回す。

これが政治というものならば、こっちにも考えがある。 

 

買わないことこそが、最大の節約なのだから、必要なもの以外は買わない。

 

消費税が廃止されない風景には、財務省が『消費税は平等な税金』だという建前があるけど、違う。

企業から税金を高く引き取れないのです。

 

企業から税金を高く撮ると、企業が海外に拠点を移してしまう。

それを防ぐためにも、国民にツケを回すしかないのです。

 

今まで選挙に行かなかった人はこのまま日本が悪化してもいいのか?と思ったが、無知ゆえにどうすることも出来なかったのが本音だ。

 

政治に興味を持つことは飯がまずくなるから不快だ。

実は、これって既得権益が政権を維持するために仕組んだトラップでもある。

 

既得権益と言えば、お年寄りとかがそうであろう。

お年寄りは何故、選挙に行くのか?

 

甘い汁が吸えるからである。

 

若者に選挙に行っても無駄だと吹聴されて、若者の選挙に対する関心を奪う。

 

実際、東京都知事選挙でも、小池百合子が再選したし、何も変わっちゃいないのです。

 

こんなに民衆が苦しんでいるのに、消費税を廃止しないで、維持しているのには、財務省が甘い汁をすすっているのに違いないからです。

 

宝くじだって、官僚の天下り先として機能しているし、こういった闇が暴かれることで、世の中を良くして行けるのだったら、僕は喜んで協力したい。

 

〇〇警察もマスコミが黙れば、消滅するのに。

 リスクを恐れるあまり、何でもかんでも取り締まろうってする決まりがある。

そもそも、ゼロリスクで得られるものはない。

 そもそも、マスコミがそういった名前を付けたがる。

マスコミには責任能力がない。

そういった能力があったら、視聴率が取れないからだ。

僕はそういった扇動に操られないためにも、テレビは持っていない。

 

僕は文章や情報を発信する側で居たい。

受け身の人生なんて、もう嫌だ。

 

思考停止して、マスクを付ける奴らにも一言言ってやりたい。

 

みんながみんな同じ色に染まって何が嬉しいのか?

ひとりひとり違って良くないか?

 

何だか、ネガティブになってきたので、ここで筆を止める。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!