つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

カスタムキャスト 本格始動!PV80000についに到達!

f:id:einhander1341:20181017045026p:plain

あなたにおはようございます!

朝4時作家の十六夜ヒロとVtuberアルカネットです。

ついに昨日で、アクセスが80000を突破しました。

そして、初めてニコキャスでアルカネットを世に送り出しましたが、あまりにもみっともない出来で申し訳ありませんでした。

Macユーザーであるがゆえの失敗談をネタにブログを書こうと思います。

 

うちが世に出るんやね。恥ずかしいやん。

目指せ!土日朝の天使!

そんなこと言わんといて。兄貴だって散々失敗したやん。

僕がこうして失敗をしたおかげで、今度は実験が成功する気がするんだ。

ついに手に入ったんやんやん?Tascam MiNiSTUDIO。

そうだ。これもやって来たが、最初は負荷も大きく失敗も多かった。

今思えば、なんて酷い失敗をしたやん。

これも追って書こうかと思う。

 

それじゃ、うちが"Here we go~!"やに。

実験は失敗したが、いい経験が得られた。

アルカネットの放送を始めた際に、偶然にも録画ショットが取られたので、聞いてみると酷い声が聴こえてきた。

『十六夜ヒロ』の声である。

どうやら、Macの方で入出力サウンドの設定を忘れていたみたいだ。

あまりにも初歩的なミスで恥ずかしかった。

幸い、世に出ることが無かった(視聴者0人)ので、恥をかかずに済んだみたいだ。

f:id:einhander1341:20181017050920j:plain

ここでUSBに設定して置かなかった為に、ボイスチェンジャーが得られなかったようです。

これはMacユーザーにありがちなミスです。

気をつけます。

今日、これから6時よりニコキャスで実験生放送をやりたいと思います。

よろしかったらお付き合いくださいませ。

Tascam MiNiSTUDIOが届いた!

実は恐ろしいことに、このTascam MiNiSTUDIOの売れ行きが好調なのだ。

この機械は、もともとニコニコ生放送用に開発された。

f:id:einhander1341:20181017051408j:plain

届く前は、パッケージの大きさを商品の大きさと勘違いをして、机の上が狭くなるので、ピンジャックが傷つかないかと段差を埋める為に、かまぼこ板欲しさにかまぼこを買ったりしたのだが、実際の製品の大きさはそれほど大きく無かった。

これが箱の裏面。簡単な説明が載っている。これが通販でしか手に入らないなんて残念だ。

f:id:einhander1341:20181017051724j:plain

さすが家庭用だが、使い方に慣れたら、ガヤやインタビューなどができるかもしれないので、移動の際にはぴったりとなるであろう。

しかし、その際にはiPhone X以降の機種とMacBookを揃えないといけないので、先が長い。

 

ゆくゆくはリアルな現場での出張Vtuberなんてのをやりたいと思っている。将来が楽しみです。

 

実際に開封をして、製品を机の上に置いたらすっぽり収まった。

f:id:einhander1341:20181017052048j:plain

それでは、セッテイングと参りましょう。

セッテイングは修羅場であった。

まずはTascam.jpへ飛んで、ソフトウェアをダウンロードしなければならなかった。

macOSと言えば、Mojaveにアップデートしたばかり。

tascam.jp

動作はHigh Sierraまでの対応だったので、うまく動くかどうかが不安要素であったので、やってみたらどうにか動いた。

 

ファームウェアのアップデートに少し手間取った。これも問題なし。

声をいろいろいじってみて、しっくりくる声を探したら、エキスパートモードに到達した模様。

 

イージーモードだと、某警察24時の犯罪者の人権保護のための声モザイクみたいで笑える。『なんじゃぁこりゃあ、なめとったらあかんぞ!』って喋ったら、笑えた。

 

効果音もなんとか外部ダウンロードで手に入れることに成功。

 

最初は、USB-Bを付け替えるのかと思って、USB-Bを付け替えたら、マックの影響を受けなくなるので、全くの杞憂であった。

 

Macから伸びたiPhoneの電源供給のための端子で良かったのだ。

 

車載用のスマホホルダーをセットして、システムが完成した。

f:id:einhander1341:20181017052914j:plain

ヘッドセットも先に買ったので、これを有効利用。

(赤黒のやつ。)

 

最初は、ニコキャスの配信の方法がわからず、初期設定に手間取ったこともいい思い出だ。(笑い)

 

最初のテストは散々だった。

最初に配信を試みた時は、一見成功に思えたが、前述の通りサウンド入出力がUSBになってなかったので、声が聞こえなかったりもした。

 

いろいろ試行錯誤した結果、エディオンに行ってみて部品を探してみたら、部品は扱っていないとの事。

 

そこでAmazonで部品を注文したら、もしかして、Mac側でサウンド設定をしなかったからでは?という結論に至って、案の定、お間抜けな間違いに気がついた。

 

機械ではボイスチェンジャーが効いても、iPhoneには届いてなかったのだ。

 

それから配信が何度も何度も失敗して、『なぜだぁぁ!』と叫びつつも試行錯誤していた。

 

ようやく慣れてきたようです。

 

初めての生放送に緊張が鳴り止まない。

何分にも『ニコニコ生放送』の生主としては久しぶりなのです。もう7年ぶりは超えると思う。

東日本大震災よりも前に顔出しでやって酷評されて、やめてしまったからね?

 

ニコニコ系だから、多少のコメント荒らしには耐えねばならないが、みんなでワイワイ楽しめればそれでいいかなと思っている。

 

アルカネット、後は頼んだよ。

はい、任しとき〜!

いつかきっと、出張Vtuberができるその日まで…。

(追記)

実験は完全に失敗でした。

地声がそのまんま流れてしまい、ニコ生で「ニューハーフか?」と野次られました。

エフェクターがかかっていないようです。

あれ?どこで失敗したのだ。

この調子で大丈夫なのか、心配です。

16名の皆様、ありがとうございました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

マシュマロ質問受け付けております。お気軽にどうぞ。

marshmallow-qa.com

もしよろしければ、Twitterは、はてブ、LINEなどで拡散していただけると非常に励みになります! 

 

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!