つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

今更ながら『カスタムキャスト』はじめました。

f:id:einhander1341:20181012060225p:plain

あなたにおはようございます!

朝4時作家の十六夜ヒロです。

今更ながら『カスタムキャスト』にハマりまして、ブログの執筆開始が6時04分にまで延びてしまいました。

 

毎度ながら、朝食の時短は成功しているので、問題はありません。

ここに来て、『萌え』と言うものがようやく復活してきた事を祝して、『A』アセクシャルだったのが、『Q』クィア、または『B』バイセクシャル寄りのヘテロセクシャルになった事を祝うものです。

 

もともと兄貴は『自分を売り込みたい』が為にVtuberになりたかったんやね?

そうだよ。あくまで『僕』と言うブランドイメージを売り込みたかったんだ。

しかし、世間一般でのVtuberの需要は萌え系の顧客のみだと言うことになってしまったんやに。

そそ、届木ウカ君でさえ姿は美少年だが、声質は女性的ですし。

漢クサい硬派なVtuberっていないのかな?

いるにはいるみたいだけど、あまり有名じゃないかな?

そうなんや。残念ですやん。

声を変えることができれば、すぐにでもニコニコで十六夜アルカネットとして、配信したいのですがねぇ。

うちを勝手に利用せんといて!と言えども、蝶ネクタイ型変声機があれば、できるやん?

どこで調達するんだ?しかも両手がふさがるし。

どうして、声を変えるアプリがないの?

昔、中国で『魔音手机』(ヴォイスチェンジャー)アプリがあったんだよ。そのアプリを悪用して、詐欺師がお金を結婚詐欺で巻き上げる事件があって、逮捕後にそのアプリは無くなったと言う事実があったんだ。

カスタムキャストで復帰すればええやん。

まぁ、それは技術者の手腕の振る舞いどころだな。多分、男性アバターよりも早く実装されそうだと思う。

あとで希望的観測で兄貴が書くけど、YouTubeに配信できる可能性も書いておくで。

 

と言うわけで、こだわりもなく"Here we go~"

やってみた感想は『簡単!面白い!萌えた!』

PSO2や黒い砂漠の『キャラクタークリエイト』を経験したものだったら、すぐにでも溶け込めるだろう。

 

サンプルが3種類用意されているし、基本操作はサンプルをいじることで、すぐにでも慣れる。

 

サンプルはあくまでサンプルなので、自分でキャラを作りたくなるが、それも簡単なので、気に病む必要が無い。

 

開始1時間で『アルカネット』を作ることができた。

これでようやく『健全な萌え』と言うものが理解できたので、LGBTQの『A』(アセクシャル)は脱却できたかも知れない。

 

好きな相手は性別に関係なくコロコロ変わるので、『壇蜜』さんと同じ、『B』バイセクシャル寄りのヘテロセクシャルになったかも知れない。まぁ、訳がわからないので、『Q』クィア(Queer)ってことにしておきましょう。

 

クィアについてはこちらを参考にされたい。

blogos.com

 

『単なる(健全な)萌え』はエロでは無い。逆にエロ=萌えで売っているVtuberもいるけど、複雑なストーリーが理解できなければ、萌えと言うものの奥深さは理解できない。

理想の『アニマ(女性像)』を表現する。

僕からみて、アルカネットは理想の女性像だ。

巫女さん(前回)やメイド(今回)などの制服を記号として、僕のサブを務めてくれる。

そういった意味では、僕はマッチョ(男尊女卑マウンティング野郎)なのかも知れない。

わかりやすく言えば、僕は『ザ・昭和の漢(おとこ)』である。

 

今回の『カスタムキャスト』で解った事は、理想の女性像を誰もが簡単に情報発信できる便利な時代がやってきたのです。

 

かつて、91年前にフリッツ・ラングが映画『メトロポリス』でブリギッテ・ヘルムと言う女優によってマリアというマキーネ(機械女性。アンドロイドと言う名前はこの後の時代により新造された。)に投影したように、誰もが狂科学者ロトワングになれるのである。

 

『メトロポリス』の時代設定が2026年だから、8年早く理想の女性の模造ができるようになったのです。

 

今の様なSNS世代にとっては『変化に乏しい退屈な映画』ではあるのだが、あらゆるSFはこのドイツのメトロポリスとフランスのジュール・ベルヌ作品の影響は必ず受けている。

 

現実の娘さんが思い通りにいかない事は、喘息で悩んでいる我が親友の碧乃あか男(id:mraka2015)さんのブログを見ればわかるが、本来、娘さんと言うものは、自分の理想とは違った形で育ってしまう。

それは娘さんに『自我』があるがゆえに仕方がなかった。

 

Vtuberには、演者の『自我』が混入される。よってそれが理想の女性像(一部男性像)となり、様々な性が介入することになる。

 

YouTubeに配信できる希望的観測。

カスタムキャストは残念ながらドワンゴ作品のため、YouTubeによる配信利用ができない。

そもそも、プレミアム利用者激減で悩むニコニコ動画のKADOKAWAとドワンゴが起死回生策でひねり出したものです。

 

そこで、僕が考えたYouTubeの利用方法ができるまで待ってほしい。

  • カスタムキャストのアバターがニコニ立体で配信できる様になるまで待ってほしい。(ここ重要)
  • CCやパブリックドメインで利用できる様にして、VRMをダウンロードする。
  • 3tene(みてね)にアップロードする。
  • 3teneをOBSでクロマキー合成して、Vtuber配信する。

それまでには、ドワンゴさんがどこまで許容できるかが問題となるであろう。

それまでに、両手が塞がらない変成器を手に入れるか、カスタムキャストが変声機能を実装してくれるかが問題だ。

 

もし、変声機能がついたら、今すぐにでもニコニコで配信したい。

正直、『おっさん声の美少女アバター』は嫌なのである。

こういった手合いは『のじゃロリ狐娘のねこますさん』『ミソシタさん』『男鹿梨衣子ちゃん』『養鶏所のソフィアさん』だけで充分である。

 

これからに期待しよう。

 

(2018年10月13日 追記)【朗報】だ!男の声でも、可愛く演じられるぞ!

まずはこれをみて欲しい。

男の声でも可愛く演じられる方法が見つかったのです。 

www.alkanet-books.com

よかったらご覧ください。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

マシュマロ質問やっております。お気軽にどうぞ。

marshmallow-qa.com

もし、よろしければTwitterかはてブ、LINEなどで拡散していただけると非常に励みになります。

 

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!