page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

AdSense広告費が減っていても。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200804063709j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時15分起きの占い師で電子書籍作家の十六夜ヒロです。😹

 

最近、忙しくて色々大変です。

暇な時間は出来ますけど、昨日は歯科定期検診で時間を取られました。

 

今日は知人のモニタリングと占いの練習会です。

 

最近では、AdSenseよりも占いの実績のほうがいいです。

霊感がおありでしたら、占いの道に入るのもいいかもしれませんね。

 

僕もタダで占っていることが多いです。

YouTube(ゆっくり占い)がフロントエンドだったら、ココナラやWORDSの占いは、バックエンド商品となります。

まぁ、どれも安価ですけどね。(笑)

 

バックエンド商品をパワーアップしたいと思っています。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

赤字決済。それでもブログを辞めない理由。

ブログはこのGoogleコア・アップデートで赤字になりました。

それでも、僕はブログを辞めません。

 

理由は、動画と電子書籍が儲かっていないから。

電子書籍は仕入れ値がないから、文さえ書けば確実に儲かります。

 

ただ、Kindle Unlimitedの相場というものを知らなかったので、強気の値段設定が仇となってしまい、電子書籍としては売れていません。

 

Kindle Unlimited会員だったらタダで読めます。

 

 

みな、Kindle Unlimitedの利用によるものが大きいですね。

Kindle Unlimitedだと、ページ数で平等に分けて、18円~20円になります。

ここはページ数が多いほど有利になるでしょう。

 

マンガだったら、分冊という手段が使えます。

 

さて、僕がブログを書くのがしんどくなってきても、辞めない理由はゆきにーさん(id:yuki_2021)とはちょっと違います。

 

ゆきにーさんは、毎晩更新がコア(核)になっています。

 

毎日、思いついたことを書きまくっています。

しかも、プログラマーをやっているので、頭もいいはずです。

 

僕のような直感型と違って理論立てて説明するので、読みやすいですね。

 

AdSenseには頼らない。

AdSenseには大きく分けて2つの側面を持っています。

一つはブログの広告収入。

もう一つはYouTubeの広告収入。

僕は後者がありません。

 

ぶっちゃけ、今月のAdSense収益は一桁です。

支払基準の8,000円には程遠くなりました。

 

Googleコア・アップデートで個人ブログを優先的に検索に載せなくなったので、SEOの優れた企業のマーケターがひしめき合っています。

 

これには2つ原因があります。

一つは、ブロガーが人の心失ったこと。

『志村けんの葬式はいつ?コロナでなくなったらどうなる?』などと言った検索エンジン最適化(SEO)目当てで人の不幸を書いた記事が連続して載ったら、そりゃGoogleだって、個人ブログを載せたいとは思わなくなるでしょう。

 

そして、『茶魔語事件』が起きます。

アメブロの『こんばんワイン』がGoogleにヒットしてアクセス数がうなぎのぼりになりました。

これにより、ブロガーたちがモチベーションを大いになくしたことが結果として知られます

 

しかし、アメブロはすでに有名な人がSNS代わりに情報発信するもの。AdSenseやアフィリエイトには対応していません。

 

はてなブログには旨味を感じなくなったが、僕はせっかく作ったブログを捨てるなんてことが出来ません。

 

もう少し、占いの実績が上がってから、その時は考えたいと思います。

 

ていないさん(id:jikobukken)がアメブロに逃げるのも仕方ありません。

まぁ、僕はAdSense2桁台だったので、実害が少なかったのですが、アフィリエイターとしては失格です。

 

広告を押したくなるような、ブログが書けませんからね。

 

ぱくたそが不便になった。

ぱくたそさんに写真をダウンロードしようと思ったら、ポップアップ広告が出ました。

それだけ広告収入が少なくなっているんでしょう。

 

YouTubeですら、30%も広告費が減りました。

赤字運営ですが、僕はしばらくブログを書き続けようかと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければTwitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!