page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

カメラを収納する場所がなかなか取れないなぁ。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200510091303j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時45分起きの雑文作家、十六夜ヒロです。😹

 

今日は諸事情があって、ブログが遅れてしまったことをお詫び申し上げます。

 

生憎の雨です。

折角の休日が雨の日だとテンションが下がりますが、晴れる日を楽しみにして今は休日を楽しんでいます。

 

今日は部屋の片づけをしようかな?

昨日は、カメラバッグをポチッとしましたので、機動力はかなり上がるかと思います。

 

カメラ収納場所がなかなか取れなかったことをブログにしてみようと思います。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

最初は、カメラケースを収納しようとしていただけだった。

まずは、ユニクロのショルダーポーチを手にしたのだが、これが小さすぎてたまらん。

純正のカメラケースを入れたら、ギュウギュウ詰めに成って可愛そうになってきた。

 

そこでレンズと一緒に収めるべく、これをポチッとした。

 

ところが、カメラとズームレンズを収めたら、これもギュウギュウ詰めになってしまった。

ぎりぎり入ったが、これでも不安定で、レンズ交換が立ちながら出来たのだが、カメラケースをしまったら、いっぱい詰まってしまったし、ノートを収める場所がない。

 

これも失敗だったかな?と思っている。

 

そんな時に、餅は餅屋だと、カメラバッグを検索したらサンワサプライさんから良い品が出てきたのです。

 

カタチから入らなかったので、こんな失敗を繰り返すんだと自分に言い聞かせています。

 

速写可能の文字に身が震えましたね。

 

カメラケースをしまわなくて済むので、荷物もそれだけ軽くなります。

完全に固定されているので、持ち運びに便利だし、三脚も運べるのが大きいと思います。

 

三脚はこれを使っています。

VK204APというのを使っています。

 

ゆっくり動画と生音声のコラボで使いましたが、ニコニコで評判が悪かったので、それ以来使っていませんでしたね。

 

その時は、三脚用のスマホホルダーを使って動画を撮っていました。

 

僕が使っているのは、iPhone6s時代のものですが、三脚を一旦売り飛ばして、これだけは持っていましたね。

 

あまり使っていなかったが、いざ使ってみると便利なことこの上ないですね。

 

今では、デジタル一眼レフカメラが手に入ったので、三脚がメインになるかと思われます。

 

そう思えば、僕とカメラって意外と親密に接していることが解りましたね。

 

カメラマンに適正あり。

僕が22歳の頃に写ルンですで、好き勝手に写真を撮りまくっていていましたね。

22年前の1998年にAFデジタル一眼レフカメラとして京セラサムライ1300DG が登場しました。

それから、京セラサムライが壊れてしまってから、2008年3月15日にFinePixF100fdへ移って、コンパクトデジタルカメラのぬるま湯につかっていました。

 

サムライから10年後になりますね。

当時はまだ、1300万画素しかありませんでしたし、ファイン画質で撮ることがほとんどなかったのですよ。

 

まだSDカードが高かったし、ブログに載せる写真がそんなに画素数を上げることが許されませんでしたし。

 

過去に動物占いで、我が道を往くライオン型が出た時に、カメラマンに適正あり。と評されたせいもあって、カメラマンに興味があったのです。

 

しかし、被写体を何にしようかわからなかったので、その夢をそっとしまっておいたのです。

 

まだその頃は、コスプレイヤーの写真を密かな趣味にとって置く程度で、情報発信なんて夢のまた夢でしたね。

 

それが今となっては、自由自在に発信できる時代となりました。

 

その波に乗るのがむしろ遅すぎたと思っています。

 

もし、何かをやろうと思った時に、最も若い時は、今なのでしょう。

へんな生き物チャンネルのろうさんが本を出した時に、僕は焦ってしまい、何かをやり遂げたいがどうしたら良いのかわからないと本気で悩んでいました。 

こんな時に、未来の自分からはヒントがやってきて、応募してみてはどうか?という声が聞こえてきたのです。

 

正確には、夢をかなえるゾウでなにかに応募するという課題が与えられました。

その応募を今やっています。

 

www.alkanet-books.com

 

いざ、応募してみると世界が変わって見えてきます。

着実に夢に向かって歩み始めているのが解りますね。

 

夢はまだまだこれから!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!