page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

広告収入だけだと心細い3つの理由。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200918061431p:plain

あなたにおはようございます!

朝4時30分起きの電子書籍作家のたまごの十六夜ヒロです。😹

 

広告収入に頼っていると、どれだけ不安なのか?

 

このブログを読んでみての感想となります。

www.uenoyou.net

 

これからYouTubeが伸びるのだの、サブスクリプションが伸びるだの言われていますけど、これらはプラットフォーマーの収益から成り立っています。

 

つまり、新型コロナウィルスでプラットフォーマーの収益が鈍くなった場合は、もらえる取り分もそれだけ減ります。

 

YouTubeは30%減で、僕自身は5分の1になりました。(80%減)

 

そして、企業案件を受けることができなくなってしまい、厳しい直面に立たされています。

 

 

車検用に貯めておいた貯金を切り崩して、通常口座に入れました。

 

これでクレジット代と電気代、自動車保険代は払えます。

 

普段からクレジットカードでお買い物をする癖が付いてしまったので、そこは反省すべきだと思いましたね。

 

さて、横道にそれてしまいましたが、広告収入だけだと不安になりませんか?

 

自分で売り込みをしなくていい分、収入が不安定でライスワークなしでは生活が成り立ちません

 

時々、ライスワークが邪魔になりますが、それに従って仕事をすれば、安定した給料がもらえますから、従っているだけです。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

広告収入だけだと心細い3つの理由。

広告収入だけだと心細い3つの理由について述べてみました。

その1、景気に左右されやすい。

要領のいいビジネスYouTuberは、動画を見てもらえるだけでなく、バックエンド商品で幅広く展開しています。

例えば、マコなり社長は自分のビジネスの宣伝を成功させただけじゃなく、YouTubeの(視聴者の)限界を感じて、マコなりinsideを展開するようになりました。

 

コヤッキースタジオでは、グッズなどを展開しており、CDまで出しました。

これでとーや君の借金1,000万円を完済することが出来ました。

 

しかし、不景気になると、こういったグッズなどは売れなくなります。

動画は見てもらえたら収入にはなりますが、コロナ禍で30%も減りました。

 

消費税10%、レジ袋有料化など庶民に厳しい選択を強いられています。

これで経済はより悪化するでしょう。

 

ブログを書いたからと言って、企業案件を受けることが出来るというのは、夢のまた夢でしょう。

企業だって、外注の記事にお金を割く余裕がありません。

 

その2、自分で選択が出来ない。

YouTubeのパートナーシップでは、自分の売り込みたいゲームなどを宣伝することが出来ますが、一般の広告では、視聴者のCookieに応じた広告が流れるため、自分で売り込みたいサービスを宣伝することが出来ません。

 

確かに前述のマコなり社長は自分の会社を売り込むことに成功しましたが、90%の動画投稿者がYouTuberになれずにいるのです。

 

その3、個人ブログそのものがオワコン化している。

僕は文章を書くのが好きなのでブログは続けるけど、儲けを狙うブロガーたちは揃ってYouTubeに移籍しています。

しかし、YouTubeも芸能人の連続参入で、個人が安易に稼げる時代じゃなくなっています。

 

これと言ったアイデアがない限り、自然淘汰されるのが落ちだというものです。

 

HIKAKINクラスになると、今のままで大丈夫ですが、新規参入はより厳しくなるでしょう。

 

ブログこそ安心して稼げるメディアでもあるのですが、アドセンスとの相性が悪いのか、広告が正常に表示されません。

 

これ故に、僕のブログでは広告収入が減っているのです。

 

その原因を色んな人に聴いてまわろうかと思います。

 

本当に稼いでいる人は、お金儲けの方法を教えない。

もし、Twitterで『月収〇〇万円』と書かれたプロフィールを見たら疑ってかかってください。

もしかしたら、情報商材を買わせて、その儲けで月収〇〇万と謳っているだけなのかもしれません。

 

その場合、信じるあなたはネギを背負ったカモになります。

 

そもそもお金儲けに再現性があるわけじゃありません。

よくお金儲けに成功した人が、ライスワークをするべきじゃないと言っている人がいますが、それはほんの一握りです。

 

イケハヤに感化されたので、大学を辞めてしまった人が散見されますが、今の日本は学歴社会です。

 

大学を出ていなければ、ロクな職場につくことが出来ません。

 

資格だって集めればいいというわけではありません。

もし、資格を集めることに努力しているのであれば、本当に必要なのかどうか見つめ直してくださいませ。

 

本当にお金を儲けている人は、その方法を教えません。

ライバルが増えて、自分の取り分が減ったら嫌じゃないですか。

 

自分で考えないと生き残れない時代に来ているのかもしれません。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 電書書籍出しています。読んでくださいね。感想などもあれば嬉しいです。

ラジオでメールの読まれ方 改訂版 (AlkanetBooks)

ラジオでメールの読まれ方 改訂版 (AlkanetBooks)

 

 

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!