つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

悪魔の炎上を招くネタにご用心。

f:id:einhander1341:20181118061214j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時作家の十六夜ヒロと自分の声に自信がないアルカネットです。

 

筋肉痛はだいぶと治りましたが、どこかが痛み出します。

今日は『ネガティブなものには目が付きやすい』話をしたいと思います。

 

炎上と言えば、輝夜月(るな)のハーケンクロイツ疑惑もあったやんなぁ?

あれは本人のチェックミスだろう。僕も炎上したことがあるけど、あれはつらかった。

周囲の人、いわば1億が敵に見えてしまうからなぁ。

認知の歪みもあるだろうけど、僕のブログでは基本的に政治の話はNGだ!

『政治』ほど自分の思うようにいかない『他人の課題』が無いからやに。

選挙に行くってことはそれを無理やりゴリ押そうとする行為だから、本当につらいんだよ。

兄貴の政治理念は、自民党シンパ、アンチ公明党、アンチ立憲民主党、アンチ幸福実現党、政教分離推進派、ベーシックインカム推進派なんやに。

つまり、『野党で日本の国益を本気で守る政党があったら、そこに投票する』を実際にやってきたわけだ。例えば、次世代の党(解散)、みんなの党(解散)然り。

だから、俺はアドラー心理学を学んでから『他人の課題』には関わりを持ちたくなくなった。例え、都が滅んでも、貴様は明日を必ず生きるだろうからな?

炎上覚悟で言うけど、兄貴は『軽減税率』には反対やに。

理由は、手続きが面倒、便乗値上げは避けられない、コンビニの店員の精神的疲労が倍増する、貧困者対策の商品券が悪用される恐れがあるし、管理が面倒、そもそも発行するコストがどこから出てゆくのか?

素直に全部10%でええやん。これ以上仕事を増やしてどうするん?

そもそも、これは『公明党が仕事をしてやった』と言う爪痕を残すための政策だからだ。自民党が真面目に国を防衛をしたりしても時期が来れば風化するからな?軽減税率や消費税をやってしまえば後世に残る。仕事してやった感が残るってことは、〇〇学会の宗教的勝利だ。

兄貴の宗教嫌いは、アドラー心理学を学んでから加速したんやに。いっそのこと、アドラー教にしてしまえばいいんやに。

厨二病時代はガイア教徒でした。(笑)今はニュートラル(中庸)だよ。

まぁ、話がずれてしまったけどな。兄貴は『自分が幸せになれなかったら、他人を幸せにすることができない』と本気で思ってるんやに。

 

それじゃ、本文行ってみよう!"Here we go~!"

炎上を嫌う日本人。

僕が過去にブログで炎上を招いたことがあったけど、その原因は次の通り。

  • 大してろくに調べもしないで、ネガティブなことを書いてしまった。
  • サブカルに払拭する内容だった。

僕が恐れるのは、炎上そのものじゃない。

『炎上によって人間関係が崩壊すること』だったのだ。

炎上をうまく利用して稼いでいるものがいる。例えば、イケハヤ然り、ホリエモン然り、プロレスラーシバター然り。

これらはインフルエンサーで、ある一定のファンにがっちり護られているからだ。

だから、3000のアンチが出ても、13000のファンが駆逐してくれる。

 

僕の場合は違った。ファン層がほとんどない状態で、多くのアンチを生み出した。

そうなると日本では『同調圧力に屈する国民性を持っている』から、みんながアンチの側に回る。

 

それゆえに人間関係も崩壊して、付き合いきれなくなった人間関係もある。

 

PSO2しかり、元共同ブログしかり。

これらからは、否定から始まった記事だったために、例え善意で書いたとしても、人間は感情の生き物なので感情を害したら、攻撃的にならざるを得ない。

 

欧米ではディベートがあるので、炎上はガス抜き程度。

欧米では、ディベートという討論をする場が小さき頃から用意されているので、よほどの差別感情が絡まない限り、不毛な争いになることがない。

 

インドでは『あなたは迷惑はかけてもいいから、あなたも誰かに迷惑を被っても許しなさい。』と言う教えがある。

 

日本では『誰かに迷惑をかけてはならない』と言う教えがこびりついている。これが炎上した際に加害者を一斉に叩いていいと言う理由になっている。

 

世界の果てまでイってQの『世界の祭り』におけるヤラセについて。

これは宮川大輔自身が吐露したことだが、第1回の祭りがあまりにも地味すぎてつまらないとの事だったので、第2回から派手な祭りをでっち上げるようになったとの事だ。

 

僕が日テレ放送網の責任者だったら『イッテQ』を即時に打ち切りにして、『特命リサーチ200X』を復活させるだろう。まぁ、特命リサーチは今の世では無理があるかもしれない。

 

まず、野球中継(東京ドーム)で枠が潰れて打ち切りになったと言うが、リサーチには時間と費用がかかるので、これには相乗効果があった。

つまり、これを毎週日曜夜にやられたんでは、すぐにネタが尽きてしまう。

 

それに〇〇は〇〇と言うリサーチ結果なんて、Google先生に聞けば一発で解決してしまうので、そもそも意味がない。

 

だから、日テレ放送網として『イッテQ』を続けざるを得なくなり、今のズブズブの状態が続いてしまっているのです。

 

視聴者側として『抗議する』唯一の手段はテレビを手放す事。

そもそも、地上波テレビ自身が団塊世代向けのコンテンツに偏っており、若者に対して求心力を失っている。

 

10代に至ってはほとんどがYouTubeとTikTokにシフトしている。(読書家だけがブログを読む。)

だから、地上波に期待する事自体が間違っているのだ。

 

放送局が改善すべきは、こう行った子供騙しの策を二度と練らない事。

確かに、『イッテQ/出川の初めてのお使いinU.S.A.』はやらせ臭かった。

あんなに都合よく、英語を親切に話すアメリカ人女性がいるはずがない。

おそらくエージェントがお金を渡して雇った無名の女優さんか親日家のどちらかだ。

 

そして日テレ放送網にだけ言える事だが『24時間テレビ』を中止する事。

(NHK Eテレの『バリバラ!』は残す。)

障がい者を見下す番組は二度とやらないと誓うまで、僕はHuluにも入らないし、Huluに入るぐらいならば、NetFelixかAmazonPrimeに入ると思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

マシュマロ質問受け付けております。お気軽にどうぞ。

marshmallow-qa.com

よろしければ、Twitter、はてブ、LINE、Discordで拡散して頂けたら幸いです!

 

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!